當麻路の史跡巡り(1)

 5月15日、歴史同好会の例会で、當麻路の遺跡を巡ってきました。前日の5月14日はお練り供養会式が行われ、境内は参拝者で溢れていましたが、この日は静かな雰囲気で、新緑の當麻寺を満喫しました。 

この日は、本堂の扁平六角形の曼荼羅厨子(国宝)の背面板扉内部に安置されている秘仏裏板曼荼羅が御開扉されており、拝観しました。

 當麻寺の本堂(国宝)のご本尊は當麻曼荼羅です。根本曼荼羅(国宝、非公開)はお蔵入りで、室町時代の文亀本が、厨子に納められ、それを拝観しました。螺鈿細工の須弥壇(国宝)も素晴らしいものがあります。

金堂の塑像の弥勒菩薩像は日本最古の塑像(国宝、白鳳時代)でどっしりとした安定感があります。 本尊を守護する四天王像は中国の兵馬俑の兵士の顔とよく似ていました。3体は木心乾漆像ですが、まるで塑像のように見えました。當麻寺の仏像は白鳳時代のものも多く親しみを覚えました。

東塔は現在修理中で素屋根がかかっていました。

練供養はこれまで長い間、5月14日に行われてきましたが、来年2019年より、中将姫の命日に合わせて、4月14日に行なわれるとの案内板が、各所に掲示されていましたので、要注意です。

仁王門(東)
IMG_1103s.jpg

境内案内図
IMG_1113s.jpg

當麻寺縁起
IMG_1112s_201805161101426d2.jpg

中将姫伝説
IMG_1111s.jpg


日本最古の鐘楼(国宝)
IMG_1120s.jpg

旧南大門の位置
IMG_1135s.jpg

東塔(国宝)
IMG_1132s_20180516102239af8.jpg

日本最古の石燈籠(白鳳時代、松香石造)
IMG_1134s.jpg

金堂
IMG_1137s_20180516100335edf.jpg

講堂
IMG_1133s.jpg

本堂(曼荼羅堂)国宝
IMG_1155s_20180516100336fc1.jpg

2019年練供養会式
IMG_1127s_201805161003277db.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR