行基菩薩ゆかりの地を訪ねて(4) 喜光寺

  奈良市菅原町に所在する喜光寺(法相宗 別格本山、住職山田法胤、薬師寺末)は、721年に行基菩薩によって創建された寺院で、東大寺の大佛建立勧進の拠点とした寺院です。 古くは菅原寺とも呼ばれていましたが、聖武天皇が参詣されたとき、ご本尊から不思議な光明が放たれ、喜ばれた聖武天皇より、「喜光寺」という寺号を賜りました。

 行基菩薩は東大寺造営に当たり、喜光寺本堂(重要文化財)を参考にしたとされ、本堂は「試みの大佛殿」として知られています。
行基菩薩は師・道昭の教えを継ぎ、社会福祉事業や、土木事業に傾注し、民衆から「菩薩」と仰がれました。行基菩薩は晩年、喜光寺塔頭東南院にて82才で入寂しました。

近年、喜光寺の境内は、「いろは写経」による多くの人々の寄進により整備が進んでいます。平成26年落慶の行基堂には行基菩薩坐像が安置されていました。

本堂(重要文化財、室町時代、1544年)
IMG_9148s.jpg

蓮の鉢
IMG_9175s.jpg

阿弥陀如来像
IMG_9137s.jpg

行基堂
IMG_9172s.jpg

行基菩薩像
IMG_9163s.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR