行基菩薩ゆかりの地を訪ねて(2) 土塔

 堺市土塔に所在する行基が建立したと伝えられる、「土塔(どとう)」、を訪ねました。 土塔は1辺が53.1m、高さ9mもある、土と瓦で構築された巨大な四角錘の十三重の塔です。行基は60歳のとき、727年に聖武天皇の勅願により、この地に大野寺を建立しましたが、その南に土塔を建立しました。

 平成20年に堺市が復元整備した土塔は現在は十二重塔までとなっていますが、十三重目は円形でその上に仏塔が立っていたのではないかと推測されます。 発掘調査によって、奈良時代の人々の人名が書かれた瓦が多数出土し、豪族の建立した寺とは違って、多くの民衆の寄進によって建立された知識寺であることを示しています。

奈良市内にある「頭塔(ずとう)」は、東大寺を創建した僧良弁が発願し、二月堂のお水取りの行事を考案した僧実忠によって建立された四角錘の土塔で、当初は土塔と呼ばれていましたが、後世に、僧玄昉の頭が埋葬されているという、言い伝えが伝承され、頭塔と呼ばれるようになりました。

土塔正面入り口
IMG_8976s_20180228120507df1.jpg

土塔正面
IMG_8935s_20180228120458874.jpg

瓦葺
IMG_8966s_20180228122434519.jpg

拡大
IMG_8941s_20180228120459380.jpg


IMG_8946s.jpg

隅拡大
IMG_8949s.jpg

裏面
IMG_8963s.jpg

--
地図(土塔)
IMG_8954s_20180228121416d68.jpg

土塔(昭和10年)
IMG_8952s.jpg

土塔説明(行基)
IMG_8951s_20180228121413305.jpg

土塔盛土工法
IMG_8960s.jpg

遺構の再現
IMG_8964s_20180228121420ce3.jpg


瓦葺と文字瓦
IMG_8939s.jpg

僧行基
IMG_8958s.jpg


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR