熊野那智大社

 熊野那智大社と青岸渡寺は同一の境内にあり、青岸渡寺の本堂と本殿の社殿は隣り合って建っています。 神仏習合時代の名残りではないのでしょうか。 

古くから熊野は奥深い所、隈る所、神々が鎮坐する所として、人々から崇められました。那智の大滝(高さ133m)そのものを神としてお祀りする飛龍神社(祭神 大己貴神)が、瀧壺そばに鎮座しますが、もともとこの地が那智大社のルーツです。 

仁徳天皇5年に、社殿を那智の滝より、現在地に移し、夫須美大神を祭神としたのが、「熊野那智大社」のはじまりです。後に、仏教、修験道の隆盛と共に、神仏習合し、熊野権現として崇められ、上皇、女院、武将、庶民が大勢参詣し、「蟻の熊野詣」と称されました。

御祭神は六神が鎮座します。 社殿は現在、工事中のため覆いがかかっていました。
御朱印は2種類頂きました。

熊野那智大社一の鳥居
IMG_8243s.jpg

熊野権現山門
IMG_8226s.jpg

熊野那智大社社殿
IMG_8229s.jpg

神社案内板
IMG_8228s_20180202205720cc2.jpg

同上
IMG_8232s_2018020220572304c.jpg

下山階段
IMG_8236s_20180202205725078.jpg

御朱印
IMG_8544s_20180202205728dde.jpg

御朱印(八咫烏)
IMG_8547s.jpg







コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR