FC2ブログ

大和郡山城石垣

  2017年3月末に大和郡山城天守台の整備が終わり、一般開放され7カ月余りが経過しましたが、最近天守台が載る本丸東面石垣が異常に孕み石垣が崩れないか心配です。整備事業では天守台裾の桜をすべて伐採し、天守台上とその周辺に新しく透水性の土が敷かれましたが、そのせいかどうか分りませんが、雨水の排水機構にアンバランスが生じ孕みが大きくなったように思います。 現在の石垣の孕みは大変深刻なように見受けますが、現在の所、関係当局による立ち入り禁止の措置はなく、石垣の崩落防止の対策も講じられていないようです。 もし、多数の観光客がいる時に、石垣が崩れた場合非常に危険です。 

天守台と本丸東面石垣
IMG_5891s_201711070053075c3.jpg

東面石垣の孕み1(雨天時)
IMG_5169s_20171107005306faf.jpg

東面石垣の孕み2
IMG_5906s_2017110700530847a.jpg

孕んで波打つ石垣
IMG_5916s.jpg

裏込め石の役割(排水や耐震等のため必要)
IMG_6682s.jpg 
 
2017年3月末の本丸東面石垣
IMG_6612s_201711082017449d5.jpg

2017年11月初旬本丸東面石垣
IMG_5890s_20171108203737468.jpg

本丸東面石垣の孕みが大きい
IMG_5899s.jpg

孕みが大きい
IMG_5088s_20171108203735889.jpg


天守台整備に伴う舗装(大和郡山市パンフレットより)
 舗装による雨水排水機構の変化は石垣の孕みに影響を及ぼさなかったのか?
 桜の木伐採によって木の根が枯れ、石垣のバランスを崩していないのか?
IMG_6557s.jpg


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR