大和路仏像セミナー(2)

 興福寺で山崎隆之氏(愛知県立芸術大学名誉教授)による大和路仏像セミナー(第2回) 『時代を映す仏の造形美~飛鳥・奈良時代をつむぐ』が開催されました。 前回は袈裟の付け方についての実演がありました。このおかげで、長年疑問であった法隆寺金堂の釈迦如来の裳懸の襞のでき方が分りました。

 今回は飛鳥時代から奈良時代の代表的な仏像についてお話があり、大変興味深かったです。飛鳥大仏については顔の上部と手の指の一部は創建時のものであるが、その他の体の部分は後補である。

法隆寺の釈迦三尊像は、その光背の銘に623年に聖徳太子の病気平癒、および浄土への成仏を願い、止利仏師が造ったことが刻まれており、日本最古の仏像である。 釈迦三尊像は中国北魏の時代の龍門石窟賓陽洞の仏像とよく似ている。恐らく、止利仏師の先祖が日本へ来るとき、北魏の小さな仏像を携えて来て、それをモデルとして釈迦三尊像を作ったのではないかと考えられる。 

飛鳥時代には中国の古い時代の仏像しか知らなかったが、遣隋・唐使が派遣されるようになってから、中国の新しい様式の仏像が入ってきて、白鳳時代の仏像が造られるようになった。法隆寺の夢違観音や橘夫人念持仏は、童子・童形の仏像の姿をしている。

東大寺法華堂の執金剛神像を見るとき、正面からではなく通路右側の下から見上げるとよい。執金剛神像は鎧を付け、天衣をなびかせてお釈迦様の背後にあって、いざというとき独鈷杵(金剛杵)を投げつけてお釈迦様を守る。 執金剛神像は野茂選手のトルネード投法のように左肩を前に突き出し、右肩を後ろにひっこめて、身体をひねって、今にも独鈷杵を投げつけようとしている。

そのほか色々な仏像の特徴や見方について興味深いお話がありました。

猿沢池
IMG_4781s_2017101501504417a.jpg

興福寺五重塔
IMG_4784s.jpg

IMG_4822s_201710150150487ed.jpg

北円堂
IMG_4828s_20171023232001c26.jpg


興福寺三重塔

IMG_4800s.jpg

IMG_4801s_2017101502035498e.jpg

IMG_4805s_2017101501504542b.jpg


セミナー
IMG_4806s.jpg 

IMG_4813s_20171015020355fa6.jpg

地図
IMG_4831s_20171015020357c4e.jpg
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

WEB小説「北円堂の秘密」を知ってますか。
興福寺・北円堂が舞台の小説です。
グーグル検索すると無料で読めます。
少し難解ですが脳トレに面白いです。

No title

コメント頂きありがとうございます。
橘三千代の生涯について興味を持っていますので、
「北円堂の秘密」も拝読させて頂きたいと存じます。
ご紹介ありがとうございました。
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR