FC2ブログ

聖徳太子を学ぶ連続公開講座(2)

2021年の聖徳太子1400年御遠忌にむけた奈良県図書情報館主催の連続公開講座(2)が、10月1日に明日香村中央公民館で開催されました。講座終了後、中央公民館から橘寺までのガイド付きのウオーキングと橘寺での聖徳太子絵伝2幅の特別公開がありました。

講座1: 相原嘉之氏 『聖徳太子にまつわる遺跡群』
・ 聖徳太子誕生地は橘寺周辺か?
   日本書紀の推古条に、「聖徳太子の母が出産予定日に宮中を巡察していたおりに、馬の司の厩の戸にぶつかったとき、難なく出産された。」という記事があるので、用明天皇(橘豊日皇子)の別宮が橘にあり、橘寺周辺が誕生地であるという伝承が生まれた。橘寺は四天王寺式伽藍配置(山田寺式)であり、金堂?は7世紀初頭、塔は7世紀後半、講堂は8世紀の建物であることが発掘調査で分かっている。 なお、橘寺下層遺跡からは7世紀前半の石組水路や掘立柱建物(6世紀後半~7世紀初頭)の跡が検出されている。

・用明天皇の磐余池辺雙槻宮の南に聖徳太子の上之宮遺跡(桜井市上宮)
  桜井市の上之宮遺跡は6世紀後半から7世紀初頭にかけて、四面廂の正殿とこれを囲む塀、そして石敷き遺構や園池遺構が検出され、聖徳太子が斑鳩に移る前に住んでいた「上宮」の可能性がある。なお、古地図に桜井市谷に西池田、東池田、南池田、君殿の地名があり、ここが磐余池の候補地であり、このそばに用明天皇の宮があったと推定する。日本書紀に以下の記事があるので、聖徳太子が斑鳩に移る前の宮は桜井市上宮であったと考えられる。
〇日本書紀用明元年(586)正月条、 「是の皇子、初め上宮に居しき。後に斑鳩に移りたまふ。」
〇日本書紀推古元年(593)4月、「父の天皇、愛みたまひて、宮の南の上殿に居らしめたまふ。故、其の名を称えて、上宮厩戸豊聰耳太子と謂す」 

・豊浦宮(592~603)
 豊浦寺下層から周囲に石敷きを施す掘立柱建物(北で西に19度偏位)を確認しているので、豊浦宮の有力な候補地である。推古天皇が即位した最初の宮址。王宮設置可能範囲は最大でも南北150m×東西80mで狭い。

・最初の遣隋使(推古8年、600)
  日本書紀には書かれていないが中国の歴史書『随書』倭国伝に、日本の遣隋使が隋の文帝と面会した記事が掲載されている。聖徳太子27歳のときである。この西暦600年は日本の飛鳥時代の歴史の大きなエポックであり、600年を境に色々な出来事が起こってくる。

・小墾田宮
  飛鳥寺の北側に古山田道があり、その北側に推古天皇の小墾田宮(603年に遷る)があり、裴世清を迎えた場所であったと推定する。雷の丘東方遺跡からは8世紀後半の「小治田宮」墨書土器が出土しているが、推古朝の「小墾田宮」は別の場所だったと考える。

-------------------------------------------------------------------------------------

★ 聖徳太子関係の年表
-- 磐余の時代 --
574年 聖徳太子生まれる(「上宮聖徳法王帝説」)(1歳)
587年 物部守屋倒す。 太子四天王像を作り戦勝祈願(14歳)
593年 聖徳太子摂政・皇太子になる(20歳)
594年 天皇、三宝興隆の詔(21歳)
595年 高麗僧慧慈、皇太子の師となる(22歳)
600年 遣隋使が隋の文帝と面会(『隋書』倭国伝)(27歳)
601年 聖徳太子、斑鳩宮・寺を造営(28歳)
603年 推古天皇、小墾田宮へ遷る(30歳)
     冠位十二階制定
604年 十七条憲法公布(31歳)
--斑鳩の時代--
605年 聖徳太子斑鳩宮へ遷る(32歳)
606年 勝鬘経を講ずる(33歳)
  岡本宮で『法華経』を講ずる
607年 法隆寺、建立される(34歳)
     遣隋使の派遣(34歳)
     「日出づる所の天子、書を日没する処の天子に致す」
620年 『天皇記』、『国記』などの史書編纂開始(47歳)
622年 聖徳太子、斑鳩の宮(飽波宮説もあり)で没する(日本書紀は621年)(49歳)。
     磯長陵(叡福寺北古墳)に葬る。
623年 法隆寺釈迦三尊像が完成する
643年 蘇我入鹿、斑鳩宮襲撃、山背大兄王ら、法隆寺で自害。
648年 食封300戸が法隆寺に施入される。
670年 法隆寺落雷により炎上
693年 持統天皇、仁王会に際し、法隆寺に天蓋などを納める
694年 持統天皇、法隆寺に『金光明経』を納める。
711年 法隆寺中門の金剛力士像、五重塔の塑像が造られる。
733年 この年から光明皇后、数度にわたり法隆寺へ宝物など寄進
739年 行信、上宮王院(東院伽藍)を建立する。
--------------------------------------------------------------------

明日香村中央公民館

IMG_5729s.jpg


橘寺方面
IMG_5750s.jpg



橘寺方面
IMG_5733s.jpg

岡寺の塔
IMG_5730s.jpg


橘寺山門
IMG_5748s.jpg

馬銅像
IMG_5738s.jpg

二面石
IMG_5744s.jpg








コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR