FC2ブログ

法隆寺金堂壁画焼損自粛法要

 2020年1月26日は第66回全国「文化財防火デー」の日で、法隆寺においても午前10時から「金堂壁画焼損自粛法要」が金堂と収蔵庫で行われ、法要終了後に、域内消防による消防訓練が行われました。昨年は屋根の修理を終えた中門前で実施されましたが、今年は聖霊院前の鏡池にて放水訓練が行われました。

 昨年、世界遺産のフランスのノートルダム大聖堂の火災、日本の沖縄の首里城の火災などがあり、文化財の防火への意識が高まっています。

 今から71年前の昭和24年(1949)1月26日未明に金堂から出火して世界的至宝といわれる壁画が焼損しました。外陣の大壁4面、小壁8面が焼損し、現在、法隆寺の収蔵庫に保管されています。 外陣頭貫上の小壁(栱間壁)18面の「山中(さんちゅう)羅漢図」は火災の損傷が激しく焼失しました。 内陣長押上の小壁20面の「飛天図」は幸いにも火災の前に取り外されていて難を免れ、現在は収蔵庫に保管されています。 現在の金堂の再現壁画は1968年(昭和43)に、著名な画家たちによって再現されたものです。平山郁夫画伯は3号壁画の観音菩薩像を描かれました。

金堂の上層部は戦時中の昭和20年に疎開のために解体され、焼失を免れています。また、堂内の釈迦三尊、薬師如来、阿弥陀如来、四天王、吉祥天、毘沙門天などの諸像も他の堂に移され難をのがれています。

法隆寺の金堂焼損をきっかけとして、1950年(昭和25年)に議員立法によって文化財保護法が制定されました。また、昭和29年11月に法隆寺金堂の修理事業が竣工し、これを契機として、文化財防火の意識を高めるため、1955年(昭和30)に当時の文化財保護委員会(現文化庁)と国家消防本部庁が毎年1月26日を「文化財防火デー」と定め、第1回「文化財防火デー」の諸行事を実施しました。今年は第66回「文化財防火デー」の諸行事が全国各地で施行されました。

 法隆寺西門付近から寺内に入った消防自動車はサイレンを鳴らして聖霊院まえに集合し、鏡池に一斉放水し訓練を行いました。本年は例年にも増して多くの報道陣が来て取材を行っていました。昼のNHK TVのニュースでは放水訓練の様子が映し出されていました。また、古谷執事長が鏡池付近でTVのインタビューを受けておられました。

--
文化庁ポスター
66_bunkazai_bokaday_poster_1_1.jpg

鏡池放水開始
Before
IMG_4402j.jpg

放水開始
IMG_4405j.jpg

IMG_4407j.jpg


全面放水
IMG_4410j.jpg

同上
IMG_4424j.jpg

IMG_4430j.jpg

IMG_4431j.jpg

放水終了
IMG_4438j.jpg


聖霊院前消防車整列

IMG_4461j.jpg

IMG_4455j.jpg

IMG_4440j.jpg




収蔵庫にて法要
IMG_4373j.jpg

中門金剛力士像(阿形)
IMG_4470j.jpg

中門金剛力士像(吽形)
IMG_4477j.jpg

--
参考文献
1)高田良信 ”「法隆寺日記」を開く”、 NHKブックス、昭和61年.
2)法隆寺 ”法隆寺”、株式会社小学館、2006年.
 






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR