FC2ブログ

薬師寺特別拝観

薬師寺の正月期間は特別拝観(1600円)券を購入すると、金堂、大講堂、東院の通常拝観に加えて、西塔(初層内陣)、食堂(内陣)、玄奘三蔵院(平山郁夫画伯の壁画含む)の拝観ができます。
 
初めに中門をくぐって右手に聳える12年ぶりの東塔の姿を見てから、金堂の薬師三尊像(国宝)と吉祥天像(国宝)を拝観しました。お正月なので金堂内は大勢の参拝者で溢れていました。12年ぶりに金堂とその両側に東塔と西塔が並び立つ薬師寺式伽藍配置が壮快です。

1968年(昭和43)に写経による金堂復興を発願した高田好胤元住職は、全国を行脚し、1976年(昭和50)には写経が100万巻を突破し、当時の金額で約10億円を集め、法隆寺の西岡常一棟梁を薬師寺に招き、金堂を再興し、1976年(昭和51)には落慶法要を行いました。

最初は金堂のみの復興を願っていましたが、写経勧進が進められ、西塔、中門、回廊、僧房、大講堂、食堂が復元され白鳳伽藍が整いました。また、境内には当初はなかった玄奘三蔵院も新たに創建されました。

現在では、すでに870万巻を超える写経が集まり、莫大な資金力によって、今後もさらに経蔵、鐘楼、南大門などの復興を計画しています。


東塔と西塔
DSCN1923j.jpg


特別拝観
西塔(初層内陣)
DSCN1900j.jpg


 西岡棟梁が心血注いで復元した西塔は、東塔の白鳳時代の建築様式を徹底的に調べ尽くして桧(台湾産)で実現したもので、金堂と同様に、青丹よしと黄金の飾り金具が陽光に映えて、とても美しかったです。
 
 本来、東西両塔の初層には、釈迦の生涯を八場面に分けた塑像が配置されていました。西塔には釈迦の後半生の4場面(成道、転法輪、涅槃、分舎利)の塑像があったことが、残欠があるので分かっています。平成27年に初層に著名な彫刻家によるブロンズ像が奉納され、特別拝観の対象(500円必要)となっていますが、今回拝観した第一印象は、法隆寺五重塔の塔本塑像に比べて、とてもグロテスクな感じがして、余り親しみを持てませんでした。

釈迦八相のうち
五相: 成道
DSCN1901j.jpg
六相: 転法輪
DSCN1902j.jpg
七相: 涅槃
DSCN1903j.jpg
八相: 分舎利
DSCN1904j.jpg


食堂(内陣)

食堂外観
DSCN1930j.jpg

食堂特別拝観入口
DSCN1935j.jpg

 最近完成した、食堂の内部の建築構造はどうなっているか、古代建築を見られる良い機会だと期待して入ったのですが、興ざめでした。建物は木造ではなく鉄骨造りで表面に見えてくる柱、梁、組み物などは木材で化粧する工法を採用しています。法隆寺の大宝蔵院を造営した工法と似ているように思います。

 外観だけが白鳳時代(?)の古代様式ですが、内部には柱がなく参拝や法話を行う広いホールになっており、食堂の機能を復元したものはどこにも見当たりません。 低い天井には雲海が渦巻くイメージを、光輝アルミ合金によって実現した現代アートになっており、とても違和感を覚えました。正面には法隆寺金堂6号壁画のような阿弥陀浄土図の壁画があり、光があたって大変目立っていました。 また、周囲には合計14枚の壁画に仏教伝来の様子が描かれていますが、全ストーリーを把握するためには、50mも歩く必要があります。 

壁画「仏教伝来の道と薬師寺」14枚の内容は次の通りです。
 ①旅立ち ②遣唐使船 ③大和へ ④瀬戸内 ⑤帰帆 ⑥御津の浜松 ⑦大和川 ⑧飛鳥川 ⑨畝傍 ⑩耳成 ⑪天香具山 ⑫飛鳥寺院幻想 ⑬藤原京 ⑭平城京

 食堂では天平時代には約300名の僧侶が食事をとったそうですが、現代の寺院に僧侶はそんなに多くいないので、どう活用するのかと思いました。 

--
境内地図
DSCN1996j_20200117152339e7c.jpg

大門
DSCN1998j.jpg

正面:玄奘三蔵院伽藍 右:本坊 写経道場 慈恩殿
DSCN1997j.jpg

玄奘三蔵院山門
DSCN1959j.jpg

玄奘三蔵堂殿
DSCN1977j.jpg

大唐西域壁画殿
DSCN1983j.jpg

DSCN1985j.jpg

 初めに、八角形二重屋根の「不東」と書かれた額のかかっているお堂の中の玄奘三蔵像を拝観ました。次に、壁画殿に移動し、平山画伯の「大唐西域壁画」を拝観しました。 2000年の12月31日に拝観して以来、4回目の拝観です。以前はガラスの囲いなどはなく、すぐ近くで拝見しましたが、今回はガラスのせいで離れてみて、全体が一望でき大変良かったです。何度見ても素晴らしい構図と絵です。格天井には蒼い空に星がきらめくシルクロードの夜の星空をじっくりと眺めることができ、青色がとてもよかったです。平山画伯は敦煌壁画の保存を訴えた恩人であると中国でもよく知られています。

暮れなずむ薬師寺東塔と西塔
DSCN2016j.jpg

薬師寺復元経過
718年 平城京に薬師寺を移す
724年 東院建立
730年 東塔建立
1528年 金堂、講堂、中門、西塔、僧房等焼失
----------------------------
1968年 高田好胤住職 写経による金堂復元勧進開始
1971年 金堂起工式
1976年 金堂落慶 西僧房復元
1981年 西塔落慶 東僧房復元
1984年 中門落慶
1991年 玄奘三蔵院落慶
1996年 大講堂落慶
2017年 食堂落慶

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR