FC2ブログ

平城宮第二次大極殿跡

 元明天皇は710年に都を藤原京から平城京に遷都し、朱雀門の北の少し高い土地に大極殿を建立した。 後に造営された大極殿と区別するために、これを第一次大極殿と呼ぶ。その後、740年に、聖武天皇は平城京を離れて、恭仁宮(740)、難波宮(744)、紫香楽宮(744)を転々としたが、745年、平城宮に還都し、壬生門の北に大極殿を建立した。これを、第二次大極殿と呼ぶ。

 現在の平城宮跡では、第一次大極殿院と、第二次大極殿院のエリアの間に、南北に自動車道が通っており、通称「みやと通り」と名付けられている。 「みやと通り」近くにある休憩所に掲げられた平城宮跡の地図を以下に示す。

--
平城宮跡地図
IMG_4159t.jpg

みやと通り
IMG_4162t.jpg

---------------------------------
第二次大極殿跡

 聖武天皇は平城還都後に、この場所に礎石建ち瓦葺の第二次大極殿を新しく建立したと推定されている。それ以前は記録に見える掘立柱建物の「大安殿」があったという見方もある。現在は、基壇を復原し、新しい礎石を配している。 第一次大極殿より少し小さいが、間口9間(38m)×奥行4間(16m)、高さ21mの建物があったと想定している。階段は正面に3基復原されている。

正面には、大殿極阯の石碑が立てられている。また、七個の幡立てが設置されている。

大極殿の周囲には複廊の築地回廊がめぐり、南に南門が開き、大極殿院を構成する。

--
石碑
IMG_4260t.jpg

階段
IMG_4236t.jpg

幡立て
IMG_4249t.jpg

7個の幡立てと第一次大極殿
IMG_4259t.jpg

基壇の上
IMG_4224t.jpg

IMG_4264m.jpg


銅板による大極殿と朝堂院建物案内図
IMG_4209t.jpg

複廊築地回廊礎石復原
IMG_4204t.jpg

みあと通りから基壇
IMG_4296t.jpg

第一次大極殿院エリアから、みあと通り、を横切って第二次大極殿院エリアへ行く道
IMG_4167t.jpg






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR