FC2ブログ

談山神社 嘉吉祭

 台風19号接近で開催が危ぶまれていましたが、談山神社における令和元年度(2019)の嘉吉祭(かきつさい)は、10月13日(日)、談山神社と多武峰の村民、関係者の列席の下、滞りなく終了しました。 

 談山神社の明治以前の前身は、妙楽寺または多武峰と呼ばれる大寺院でした。多武峰は藤原鎌足像を祀っていながら、天台宗に宗派を転じたため、南都北嶺の激しい争いに巻き込まれ、興福寺との争いが絶えませんでした。

 本殿には藤原鎌足公が祀られていましたが、室町時代に、南朝の遺臣が多武峰を拠点に兵を挙げ、足利幕府による攻撃の兵火を避けるため、神霊である鎌足像を明日香村の橘寺に一時退避しましたが、3年後の嘉吉元年(1441)8月、鎌足像は多武峰に戻されました。

 これを記念して24年後の寛正6年(1465)より、嘉吉元年の神霊奉還の日に祭礼が営まれるようになりました。これが嘉吉祭のはじまりです。当初は8月におこなわれていましたが、新暦になり10月11日となり、現在では、10月の第2日曜日に行われています。

嘉吉祭で、本殿の鎌足公に供えられる神饌を「百味の御食(ひゃくみのおんじき)」と呼ばれ、百種類が供えられます。
お供えで特徴的なものを紹介します。

和稲(にぎしね)
 1台で四色に染め分けられた米粒を約3000粒用いてきれいな模様を作る。これを4台作る。
 
 IMG_2504s_201910150001022a1.jpg

荒稲(あらしね)別名 毛供(けごく)
  もみ付きの米から(のぎ)の長い古代米でひげがたくさん出ている。白色、赤色、黒色の3台作る。
 
一番最初に供えられるものは、お人形(無垢人:むくびと)と鶏頭のお花です。

IMG_2433t.jpg

蒸御供(むしごくう)
 鎌足さんのお弁当で、蒸したもち米が二升分入っており、藁で包まれている。

IMG_2503s_2019101501143971d.jpg

倉餅(くらもち)
 平板の餅で、緑、黄、赤、白で倉庫の屋根の形をしている。
IMG_2409t.jpg

芋やミカンなどの地元の産物
IMG_2496s_20191015011437eac.jpg

台の構造を上から見る
IMG_2508s.jpg

お供え物
IMG_2472s.jpg



--

本殿へお供えをはこぶ
 氏子による奉仕
IMG_2210s_20191015012705670.jpg

同上
IMG_2227s_20191015012706a26.jpg

お魚
IMG_2264s_2019101609535075a.jpg

カエデと枝にトンボ状団扇
IMG_2301t.jpg


宮司による神事
IMG_2329s.jpg

宮司祝詞奏上
IMG_2352s_20191015012703bb6.jpg

感想:
  法隆寺の聖霊院には秘仏の国宝・聖徳太子像が祀られており、お会式の日(3月22~24日)には、太子像の前に大山立てが飾られます。百味の御食とよく似た飾りで、もしかすると、橘寺へ避難したときに、太子像に対する神饌に影響を受けたのではないかと思いましたが、真相はわかりません。



 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR