FC2ブログ

斉明天皇の神まつりと吉野宮を体感する その4/4

  バスは宮滝を出て、吉野川が大きく湾曲する菜摘を過ぎ、紙漉きの里国栖(くず)に入り、割箸の里、南国栖に入りました。南国栖の吉野川支流の断崖絶壁に、天武天皇を祀る浄見原神社があります。 浄見原神社では毎年旧正月14日に、国栖の翁たちによる国栖奏が催行されることで有名です。 
 
日本書紀応神天皇十九年条冬十月一日に以下の記事があります。

 『天皇が吉野宮においでになった。国栖人が醴酒を天皇に奉り、歌を詠んだ。歌が終わると、半ば開いた口を掌で叩いて仰いで笑った。いま国栖の人が土地の産物を奉る日に、歌が終わって口を打ち笑うのは上古の遺風である。国栖は人となりが純朴であり、常は山の木の実をとって食べている。また、カエルをを煮て上等の食物としており、名付けて毛瀰(もみ)という。…』

 応神天皇の時代から天皇が吉野へ行幸され、吉野の国栖人たちは舞と歌と食物を献上していたことが記されています。
 国栖の地は、古くから道が開かれ、地理的には伊勢、熊野へ抜ける道があり、また大和政権の宮へ近く、交通の要衝にあるともいえます。

 大津の宮を出て、吉野に隠棲していた大海皇子は、吉野で兵を挙げ、大宇陀から伊賀に出て、大海皇子の乳母の本貫地の美濃に行き、美濃・尾張の軍勢を集め、不破の関を押さえ、大津宮に攻め入り勝利して、飛鳥へ戻り、 飛鳥浄御原の宮で、天武天皇として即位しました。大海皇子が、吉野を少人数で発ったときには、国栖の青年たちが、大海皇子や皇子達の輿を担いだと言われています。大海皇子が吉野で敵の探索にあったとき国栖の人たちが匿ったという言い伝えがあり、隠れた断崖絶壁に祠を造り、天武天皇をお祀りしています。

なお、天皇が新しく即位する大嘗会においては、貞享4年(1687)第113代東山天皇に至り、大嘗会が再興され、国栖奏が奏上されるようになった。まもなく催行される今上天皇の大嘗祭においても、宮内省楽官による「国栖の古風」が奏されると思われる。

なお、国栖の翁による国栖奏は毎年、橿原神宮で奏上されている。

--
吉野 南国栖の清流
IMG_2556s_20191003150214a6b.jpg

天皇渕1
IMG_2527s_20191003150204bff.jpg

新説明板
IMG_2558s_20191003150216612.jpg

天皇渕2
IMG_2551s_20191003150211c93.jpg


IMG_2549s_20191003150210caf.jpg

浄見原神社(祭神 天武天皇)
IMG_2547s.jpg


--
IMG_2530s.jpg

IMG_2554s_201910031502131ac.jpg




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR