FC2ブログ

飛鳥京跡苑池第13次調査現地説明会

 2019年8月10日、真夏の炎天下、午前10時少し前から橿原考古学研究所による飛鳥京跡苑池第13次調査現地説明会が開催されました。

 今回の調査区は北池で、これまで全く予想されていなかった、湧き水の湧出部の遺構(石組枡1、石組溝1)と流水部の遺構(石組枡2, 石組み溝2)が検出され、さらに流水部を囲む大形の石敷きや、6段の階段状遺構が検出されました。これらの遺構の利用目的については不明で、酒船遺跡との類似性から、苦しい時の「祭祀遺構」説が、取り沙汰されていますが、どのような祭祀が行われたかは全く不明です。中島のある南池では船を浮かべて、歌を詠み、宴会を楽しみ、北池では巫女さんが、湧水で身を清めて雨乞いでもしていたのでしょうか。

 飛鳥の遺跡で、いつも驚かされるのは宮殿跡付近には、整然とした石敷きがなされていることです。飛鳥は水と石敷きの都です。 とても美しい石敷きと、オアシスのように綺麗な湧き水を目にした、国内外から飛鳥の都を訪れた客人たちは、日本の都の美しさにきっと目を見張ったことでしょう。

 なお、現地説明会配布説明資料によれば、石積み護岸、湧水部、階段状遺構は、北池築造当初(7世紀中頃)のもので、流水部と石敷き、南北方向石組み溝、池内付属施設(州浜状の砂利敷き)は7世紀後半の改修によるものと考えられています。

 北池の調査は今後も継続するとのことですので、来年の今頃の現地説明会での新たな発見に期待したいと思います。

調査区(赤)
DSCN1146s.jpg

遺跡(西→東)
IMG_1841s_20190811120614040.jpg

DSCN1251s.jpg

湧水部(奥)と流水部、石敷き
DSCN1260s.jpg

石組枡1、溝1、石組枡2、溝2
DSCN1258s.jpg

溝の敷石は天理砂岩使用
DSCN1270s.jpg

石組枡1と水止板(凹型)、
DSCN1271s.jpg

石組枡2(敷石は天理砂岩切石)
DSCN1246s.jpg

階段状遺構(6段)
DSCN1197s.jpg

遺構全体(北→南)
DSCN1170s.jpg

木樋(平安時代以降)
DSCN1266s.jpg

DSCN1267s.jpg




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR