FC2ブログ

第25回全国金魚すくい選手権大会県予選

  2019年7月14日、大和郡山市主催の第25回全国金魚すくい選手権大会奈良県予選が、三の丸体育館で行なわれました。
県内各地から824人が参加し、紙製のすくい網(ポイ)で、3分間に何匹金魚をすくったかを競います。個人一般の部の優勝者は30匹、小・中学生の部の優勝者は28匹すくいました。団体戦ではチームなかよしが83匹すくい優勝しました。
 県予選個人140人と、団体40チームが予選を通過し、8月18日に開催される全国大会に出場します。 今年から外国人も参加できるようになりました。

大和郡山は織田信長の一国一城令により、筒井順慶が初めて郡山城に城を築きました。その後、豊臣秀長が紀伊、和泉、大和100万石の領主として郡山に入城し、城下町が発展しました。その後、増田長益が外堀を築き城下を整備しました。 

 徳川時代には水野、松平、本多など譜代の大名が入城しましたが、1724年に柳沢吉里が甲府から郡山に入城して以来、明治維新まで柳沢家が領主を務めました。吉里が郡山に国替えになったとき、当時は貴重な金魚を甲府から郡山に持ち込みました。版籍奉還で藩士が失業したとき、藩主の柳沢保申は元藩士や農民の副業として、金魚の養殖技術を発展させ、今日では年間6000万匹を養殖するまでになりました。

--
会場(世話をする高校生ボランティアなど)
IMG_1204s_20190723085954495.jpg

司会者
IMG_1198s.jpg

金魚すくい1
IMG_1192s_201907230859486a1.jpg

金魚すくい2
IMG_1193s_2019072308594922b.jpg

金魚すくい3
IMG_1202s.jpg

表彰式 団体の部優勝
IMG_1216s.jpg

自動改札機金魚水槽(?)
IMG_1213s_2019072308595553e.jpg

ポスター
IMG_1183s_201907231058144bd.jpg





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR