FC2ブログ

東大寺俊乗堂特別開扉

 7月5日に所属する歴史愛好会の例会で、 東大寺復興の拠点となった鐘楼が立つ丘の史跡を尋ねました。

2019年7月5日は、治承4年(1180)の平氏による東大寺焼打ち後、東大寺の復興に大きな足跡を残した俊乗房重源上人(1121〜1206)の命日に当たり、鐘楼の丘エリアに建つ俊乗堂(江戸時代建立)に東大寺の僧侶が出仕し、厳粛に法要が営まれました。

法要終了後、俊乗堂の扉が開かれ、秘仏が一般にご開帳になりました。 俊乗堂が開扉されるのは、7月5日の俊乗忌と12月16日の良弁忌の日だけです。 

ご本尊の重源上人坐像(鎌倉時代、国宝)は、口を固く結び、骨太の手には数珠を繰り出し、全体像は岩をも砕くような強固な意志を持つ、晩年の重源上人像をリアルに表す傑作です。伝快慶作と伝えられているそうですが、最近では作風からして運慶作説も有力だそうです。

正面に向かって左手には、愛染明王坐像(平安時代、重要文化財)が安置されています。この像を拝観して、西大寺の愛染明王像を思い出しました。

正面右手には、穏やかな表情の阿弥陀如来(鎌倉時代、快慶作、重要文化財)がお立ちになった像がありました。 足に怪我をされており、痛々しかったです。

俊乗堂の他、念仏堂、行基堂、鐘楼の建築様式などについて説明を受けた後、法華堂を拝観し、大湯屋へ行く予定でしたが、この日は、大湯屋は非公開のため見学はできませんでした。今後も大湯屋の公開の予定はないそうです。

--
俊乗堂
IMG_0030s_20190714180355034.jpg


IMG_0069s_20190714180400974.jpg

説明板
IMG_0033s_20190714180357e3b.jpg

特別開扉
IMG_0032s_2019071418035638c.jpg

俊乗房重源上人坐像(配布パンフレットより)
IMG_0106s_2019071418040269c.jpg

念仏堂
IMG_0065s_201907141803590fb.jpg

鐘楼
IMG_0073s.jpg

説明
IMG_0041s_20190715082133551.jpg

IMG_0035s_20190715081832600.jpg

IMG_0044s_2019071508183590d.jpg

IMG_0046s_2019071508183673a.jpg

IMG_0051s_20190715081838344.jpg


--

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR