FC2ブログ

平野塚穴山古墳現地見学会

 2019年6月30日(日)、香芝市教育委員会は、平野塚穴山古墳(7世紀後半、1973年(昭和48年)に国史跡指定)の史跡整備事業に伴う発掘調査の成果を公開すべく、雨の中、11時より現地見学会を行いました。

 現地は狭いので10数人ずつ区切って現場に入りました。 現場では、横口式石槨内への立ち入りはできず、石室内の様子を観察することはできませんでした。また、学芸員による現地の説明は行なわれず、各自が配布資料を見ながら、限られた時間内で見学しました。

これまでの調査で、平野塚穴山古墳は2段築成の方墳で、上段は一辺が17.4m前後、幅2m程度のテラス面を持つ、高さ2.7mの方形です。 また、下段は一辺25m〜30m、高さ2.7mで、墳丘全体の高さは5.4mです。 

 石室の構造が二上山産の凝灰岩の切石を組み合わせて造られた横口式石槨(石室)で、高松塚古墳やキトラ古墳と同じ構造です。 石槨内から、金環、銅碗の破片や、夾紵棺や漆塗籠棺の破片が出土しており、被葬者は高貴な人ではないかと考えられています。

墳丘に入り石室を見学しました。今回、天井石を支える両側の石の「てこ穴」が見学ポイントの一つでした。 また、墳丘斜面から二上山産の凝灰岩の貼石が検出され、見学ポイントとなっています。 明日香村の牽牛子塚古墳や天武・持統天皇陵など終末期古墳と同じ貼石が施されていました。

なお、『延喜式』に「片岡葦田墓 茅渟王」という記述があることなどから、被葬者として斉明天皇・孝徳天皇の父である茅渟王(ちぬおう)の名前があげられていますが、古墳の築造年代と推定沒年代が合わないため、改葬した古墳ではないかと考えられているようです。

--
平野杵築神社で受付
IMG_0027s_201907010240082ef.jpg

IMG_0028s_20190701024010818.jpg

社殿
IMG_0847s_20190701103927578.jpg


正楽寺(しょうらくじ)
IMG_0007s_20190701094801e76.jpg

説明板
IMG_9973s_2019070109480399f.jpg

石造線刻 阿弥陀如来坐像
IMG_9975s.jpg

地蔵堂(横から墳丘へ登る)
IMG_9977s_20190701094806907.jpg

--
墳丘へ階段を上る(右手は正楽寺)
IMG_9968s_20190701103928bcd.jpg

墳丘テラスと埋葬施設
IMG_9972s.jpg

平野塚穴山古墳 横口式石槨(組合せ式石室)
IMG_9985s_20190701025254818.jpg

玄室(奥)・玄門・羨道
IMG_9989s.jpg

玄室
IMG_9988s_20190701024017c52.jpg

横口式石槨の構造
IMG_9987s_20190701024016e78.jpg

側石の下部に梃子穴
IMG_9994s.jpg

二上山産凝灰岩による斜面の貼石
IMG_9983s_20190701024013f09.jpg

版築による墳丘の造成
IMG_9966s_20190701024011214.jpg

墳丘下の段
IMG_0015s_20190701024004d51.jpg

閉塞石?
IMG_0022s_201907010240078f0.jpg


IMG_0018s_20190701024005c45.jpg



 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR