FC2ブログ

蓮華王院・三十三間堂

 京都国立博物館の向かいに所在する天台宗蓮華王院の本堂(国宝)は、全長が約120メートルあり、柱間が三十三間あるので、三十三間堂と呼ばれます。

堂内には、1001体の「十一面千手千眼観世音菩薩像」が安置されており、観音様が堂内の端から端まで林立し、圧巻です。お堂の中央には、鎌倉時代に運慶の長男の湛慶(たんけい)が82歳のときに造像した巨大な観音坐像が安置され,その左右にそれぞれ500体の観音が十段の壇上に整然と立っています。 等身立像の中、124体は平安期の創建時のもので、他の800余体は鎌倉期のものです。 

堂内の両端には雲座にのった躍動感あふれる風神像と雷神像が安置され、自然現象の台風や雷、地震などに対する人間の畏怖の念が込められています。 これらは、鎌倉時代の彫刻の名作とされ、国宝に指定されています。

お堂の最前列と中尊の周囲には合計で、28体のインド由来の天部の像が配置され、千手観音を守護しています。目には鎌倉時代に始まるとされる玉眼が嵌めこまれています。

蓮華王院は、後白河上皇院政庁「法住寺殿(ほうじゅうじどの)」の一画に、1164年に、平清盛によって建立されましたが、約80年後に焼失し、1266年に再建され、それ以来、約700年間に渡って修理が行われ、保存されている京都洛中では、最古の建造物の一つです。

西山先生から蓮華王院の歴史や仏像の配置の歴史や仏像の修理の現状等について詳しく説明して頂きました。

--
後白河上皇院政庁「法住寺殿」址碑
IMG_9290s_20190619221048dcd.jpg

三十三間堂
IMG_9292s.jpg

同上
IMG_9305s_201906192210562d4.jpg

同上
IMG_9301s_20190619221054c36.jpg

同上
IMG_9306s_20190619221057366.jpg

庭園と三十三間堂
IMG_9296s_20190619221051c35.jpg

三十三間堂入口
IMG_9298s_20190619221053262.jpg

射弓場
IMG_0173s_2019061922104798d.jpg



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR