FC2ブログ

2018法隆寺夏期大学(1)

 2018年7月26日、第68回法隆寺夏期大学は、般若心経読経による奉告法要からはじまりました。 会場の聖徳会館では予定より時間を早めて8時過ぎから受付が開始されました。聖徳会館には、法隆寺や聖徳太子、仏教や歴史や美術に感心を持つ640名余の方々が全国から集まり、館内は熱気に包まれました。夏期大学参加者はピンクの徽章を付けているので一目で分かります。これを付けないと特別拝観の伽藍に入場できません。

午前中は以下の2つの講座がありました。
第1講 聖徳太子「勝鬘経義疏」解題Ⅲ 聖徳宗管長 法隆寺住職 大野玄妙 
第2項 飛鳥奈良時代における唐文化の受容 奈良国立博物館長 松本伸之

参道沿いにある、志むら食堂で昼食をとり、中門前での記念撮影の後、西院伽藍に入りました。

午後2時過ぎから西院伽藍ドレンジャ―放水があり、14:15から16:30までは、法隆寺の若手の僧が案内し、伽藍特別拝観が行われました。 今年も上御堂、西円堂内、聖霊院、収蔵庫、大宝蔵殿、若草伽藍、夢殿救世観音拝観、舎利殿、絵殿、伝法堂が特別拝観しました。 特別拝観では、このときでしか、まじかでお姿を拝観できない、国宝の聖徳太子像にお目にかかりました。
写真では厳しいお顔に見えるのに、まじかで見上げると、どうしてこのように、穏やかなお顔になるのか、とても不思議です。また、厨子内障壁画の蓮の青色が、どうしてこのような綺麗な色になるのか、大変不思議です。

入場口
IMG_2282s_20180727000117ac9.jpg

聖徳会館
IMG_2291s_20180727000118c1d.jpg

夏期大学案内板
IMG_2295s.jpg

因可池
IMG_2292s.jpg


--
南大門前
IMG_2296s.jpg

中門方向
IMG_2298s.jpg

--
ドレンジャ―放水
IMG_2311s_20180727000125b04.jpg

IMG_2314s_20180727000127d01.jpg

IMG_2322s.jpg

--
焼損壁画収蔵庫
IMG_2335s.jpg

若草伽藍
IMG_2341s.jpg

塔跡・金堂跡
IMG_2344s_201807270001336b9.jpg

若草伽藍塔心礎
IMG_2347s_20180727000134215.jpg

塔心礎と南方向
IMG_2352s.jpg

塔心礎
IMG_2353s_201807270001377c3.jpg

添柱と心柱据付跡
IMG_2354s.jpg












コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR