中宮寺跡史跡公園

 2018年5月13日に斑鳩町の中宮寺跡史跡公園がオープンしました。 中宮寺は聖徳太子が母の穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)が居住していた宮(中宮)跡に寺を建立したと伝えられ、聖徳太子建立七カ寺の一つとされています。

中宮寺は飛鳥時代にオープンした史跡公園が所在する幸前(こうぜん)の地に創建されましたが、室町時代の永正年間(1504年~1521年)に、法隆寺の夢殿の近くの現在地に移りました。 天文年間(1532年~55年)頃に、伏見宮貞敦親王の皇女尊智大王(慈覚院宮)が入寺してから、門跡寺院となり、斑鳩御所とも呼ばれ、現在も門跡が住職です。

本尊は国宝菩薩半跏像(木造、伝如意輪観世音菩薩)で有名です。また、聖徳太子の妃の橘大郎女が聖徳太子が往生した世界を絹の刺繍で表した天寿国繍帳(国宝、中宮寺・奈良国立博物館で保管)も有名です。

1963年(昭和38年)から中宮寺跡の土壇の調査が始まり、1984年には土壇の南半分が塔、北半分が金堂であったことが発掘調査によって分り、塔と金堂が南北に並ぶ四天王寺式の伽藍配置であることが分りました。その後の調査では、回廊や講堂などは確認できなかったですが、寺の敷地を囲んでいた塀などが見つかっています。

中宮寺の塔と金堂跡の復元
 塔と金堂の基壇を復元し、礎石を復元して、建物の大きさが実感できるように整備しています。また、基壇の西側から北西部は農地のままの姿を残しています。 史跡公園北側の東屋風の休憩所からは、斑鳩三塔を望むことができます。他の2カ所の休憩所からは二塔が見えます。 当時と変わらぬ風景を残すこの地に立って、いにしえの中宮寺を訪れた人々に思いを馳せました。

--
中宮寺跡史跡公園

IMG_0946s_201806052207189b1.jpg

説明板
IMG_0894s.jpg

IMG_1340t.jpg

IMG_0901s_2018060522400798b.jpg


IMG_1341t.jpg

法輪寺三重塔と松尾山NHK鉄塔
IMG_0931s.jpg

法隆寺五重塔
IMG_0955s_201806052207191d3.jpg

中宮寺跡(南側から塔と金堂)
IMG_1344s.jpg

中宮寺史跡石標
IMG_1364s.jpg

塔の基壇と礎石レプリカ
IMG_1365s_20180605220725f09.jpg

金堂跡と塔跡説明
IMG_1349s_20180605220722751.jpg

IMG_1406s_20180605224305002.jpg

IMG_1405s.jpg

IMG_1398s.jpg

IMG_1402s.jpg

IMG_1399s_2018060522430144e.jpg

IMG_1397s.jpg

IMG_1396s_2018060522425725e.jpg

IMG_1395s_20180605224256341.jpg

--

IMG_1366s.jpg

四天柱と心礎レプリカ
IMG_1368s.jpg

IMG_1370s.jpg

IMG_1369s.jpg

--
寺域の北を限る塀
IMG_0907s.jpg

北門跡
IMG_0911s.jpg

休憩所
IMG_0913s.jpg

斑鳩三塔の方向
IMG_0916s_2018060620574127c.jpg

北から南を望む寺域 葛城山遠望
IMG_0918s_2018060620574352d.jpg

休憩所
IMG_0921s.jpg

寺域の東を限る塀
IMG_0919s_201806062057453e7.jpg










コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR