FC2ブログ

平城宮跡南門復原工事現場第2回特別公開

  2019年10月26日、27日に、国土交通省近畿整備局国営飛鳥歴史公園事務所主催の平城宮跡第一次大極殿院南門復原整備工事第2回特別公開が行われました。

前回の第一回目の公開は5月25、26日でしたが、その時はまだ立柱式を行った直後だったので、4本の柱のみが立っているだけで、その他の柱の礎石がたくさん見えていました。

今回は初重の天井格子の作業は終わっており、丸桁がかけられ、地垂木と丹土による塗装も見えました。地垂木で塗装していない部分は、隠れてしまう部分だそうです。

 今回は隅の尾垂木や地垂木と飛檐垂木の関係、木負の構造ががよくわかりとても興味深かったです。 また、自然の節理により、ひび割れている材は、見えないところでうまく使われていました。 

前回の見学時より、工事の進み具合がとても速いので驚きました。 この段階で見学会が行われ、初重の構造がよくわかり大変良かったです。 また見学会では、法隆寺の宮大工の西岡棟梁が復原した槍鉋を用いた仕上げが、若い宮大によって引き継がれている事に感心しました。古代道具を使いこなして一人前になるためには10年かかると言っていました。
 
そうした古代の技術の継承を行いながらも、現在の耐震化工法を適用して、隠れた部分にはしっかりと頑丈な鉄骨が仕込まれていました。また、別の棟の作業場にはコンピュータ制御の製材機械やNC工作機械が持ち込まれ、現代日本の最先端の製材技術が用いられていました。巨大な素屋根の鉄骨による構造物と南門の絵は、羅城門があった大和郡山市の郡山城の天主台からもはっきりと見えています。

--
平城京第一次大極殿院周辺エリア
IMG_7508t.jpg

第一次大極殿
IMG_4074t.jpg



南門工事用素屋根
IMG_7507t.jpg

ポスター
IMG_3118t.jpg


公開現場

IMG_4071t.jpg

IMG_4072t.jpg

10月26日段階 丸桁 初重地垂木多数。縦の灰色の鉄柱は耐震補強材
IMG_3932t.jpg

別方向から1
IMG_3952t_2019103107264262c.jpg

別方向から2
IMG_3925t.jpg


ギザギザは木負、飛檐垂木をのせる
IMG_4035t.jpg

丹塗りした丸桁、地垂木(奥は塗装なし)、木負
IMG_3962t.jpg

隅木(飛檐隅木、地隅木)
IMG_3956t.jpg

飛檐隅木、地隅木を横から見る。これから組み立てる造作済の地垂木などが床に山積み
IMG_4036t.jpg

丸桁、地垂木
IMG_4043t.jpg

--
大斗と肘木
IMG_4002t.jpg


南門構造各パーツの名称
IMG_4047t.jpg






プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR