FC2ブログ

平城京跡南門復原工事特別公開

 国土交通省近畿地方整備局と国営平城宮跡歴史公園事務所は、2019年5月25日(土)・26日(日)に、平城京跡第一次大極殿院の南門復原工事特別公開を行いました。 工事現場は巨大な鉄骨製の素屋根で覆われており、この素屋根はレールで移動できるようになっており、南門工事終了後は、東楼、西楼の工事用の素屋根として使われるそうです。

南門復原工事は、建設大手の清水建設が担当しており、現場近くの木材加工所にNC加工機や、製材の最新機械も持ち込んで工事をされています。 古代建築の重要な部分は人手で匠の技術を使って槍鉋などを使って仕上げます。

先日、南門の立柱式が行わればかりで、新聞・TVで報道されていましたが、そのとき立てられた4本の柱が立っていました。 今回使われている柱は、吉野・熊野・紀伊の山林で植林された桧木を伐採して使っているため、木を乾かしながら、含水量を測定しながら造作を行っているとのことです。柱は法隆寺の古代建築とは違って、すべて芯持ち柱とせざるを得ないのです。

南門の復原
 奈良文化財研究所が1973年と2005年に南門跡の発掘調査を行いましたが、南門の礎石は出土せず、基壇の大きさや、階段の位置などから、間口5間、奥行2間で二重屋根をもつ入母屋造りの南門を想定して、復原することとしました。
現場には6×3=18個の礎石が置かれていますが、全国から収集した礎石が使われています。礎石の柱座を円形に加工して、中央にダボを作って柱を据付けるようにしています。

南門復原工事が完了するのは令和4年(2022年)になるとのことです。現在は、まだ柱が4本立ったばかりですが、今後この柱は取り外され乾燥させ、また立てられるそうです。今後も、工事が進行するにつれ現場公開もされるそうですので、大極殿のときのように経過を見てみたいと思っています。

--
朱雀門前
IMG_8974s.jpg

朱雀門から南門素屋根
IMG_8975s.jpg

朱雀門額
IMG_8980s_20190529000237923.jpg

第一次大極殿院南門方向(宮内を近鉄電車が走る)
IMG_8988s_2019052900023949a.jpg

広大な平城宮跡
IMG_8995s_20190529000240826.jpg

第一次大極殿(復原)
IMG_9000s_20190529000241fcc.jpg


特別公開案内板
IMG_8993s.jpg

南門素屋根(完成図)と大極殿
IMG_8996s.jpg

特別見学入口
IMG_9003s.jpg

階段を上る
IMG_9005s_20190529001512f1a.jpg

同上
IMG_9006s_20190529001514fee.jpg

工事用足場を上る
IMG_9008s.jpg

さらに上へ
IMG_9009s_20190529001516144.jpg

巨大な鉄骨の素屋根
IMG_9010s_20190529001518a38.jpg

最後の階段
IMG_9011s_20190529001519ade.jpg


階上から南門礎石と柱
IMG_9029s_201905260823362e7.jpg

巨大な素屋根
IMG_9098s.jpg

立柱式で使われた柱
IMG_9101s_2019052608234171a.jpg

匠による作業公開
IMG_9013s_20190526082334d8b.jpg

はつり作業
IMG_9045s_201905260823378da.jpg

巨大な柱
IMG_9050s.jpg







プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR