FC2ブログ

法隆寺お会式

 2019年3月22日〜24日の3日間、法隆寺・聖霊院(国宝)で、聖徳太子の命日(622年2月22日)から一ヶ月遅れで、1398回忌の「お会式」の法要が行われました。 2年後の2021年が1400年回忌の「大会式」の年となりますので、1300年回忌以来の盛大な催しが計画されていると思います。

 643年(皇極2年)11月1日に、蘇我入鹿は巨勢徳太(こせのとこだ)・土師娑婆(はじのさば)等を斑鳩宮に山背大兄を襲わせ、上宮王家を滅亡に追いやりました。 

 その96年後の739年、法隆寺の僧・行信は朝廷に願い出て、聖徳太子一族を供養するための上宮王院夢殿を建立しました。 その後、748年(天平20年)から夢殿で、聖徳太子の法華経などの講讃を中心とした太子の遺徳を讃える法会が始まりました。

 上宮王院の建物が老朽化したため、859年(貞観元年)に寺僧の道詮(どうせん)が建物の修理の発願を行い、852年(貞観13年)、聖徳太子の250年回忌に修理が完成しました。

1069年(治暦5年)には「聖徳太子絵伝」(国宝、現在東京博物館蔵)が描かれ、また太子の童子形像(七歳像)も造顕されました。
これは、1071年(永久3年)の太子の450回忌を意識して造られたものと考えられます。

太子の五百回忌に当たる1121年(保安2年)には、聖霊院が建立され、聖徳太子像や脇侍像(国宝、会式のときにご開帳される)が造顕されました。 聖霊院では、上宮王院夢殿の「聖霊会」とは別に「お会式」が行われるようになりました。

法隆寺のもっとも重要な法会が聖霊院で行われるお会式です。10年に一度行われる大会式では古儀に則り、八部衆が「南無仏舎利」、「聖徳太子七歳像」を担いで、大行列が行われます。1年に一度の「小会式」では、聖霊院内の聖徳太子像が安置されている厨子が御開帳になり、その前に聖徳太子へのお供物が置かれます。 大山立は類例を見ない豪華な飾りつけをしています。

お会式の期間中だけ、これらの飾りつけと同じものが、馬上の太子像をご本尊とする、律学院にも飾られます。

---
南大門(国宝)の柱を額縁にして、1300年前の建物を眺望
IMG_7035s.jpg

五重塔・中門・金堂(国宝)
IMG_7036s_201903250222441c3.jpg

上土門(あげつちもん、重要文化財)
IMG_7040s.jpg

唐門(からもん:重要文化財)
IMG_7041s_20190325022246673.jpg

東大門方向の露店
IMG_7046s.jpg

中門(国宝) お会式の看板
IMG_7054s.jpg

聖霊院(国宝)
IMG_7064s_20190325022252536.jpg

聖霊院正面
IMG_7061s.jpg

東大門(三棟門:国宝)
IMG_7065s.jpg

律学院(重要文化財、お会式のときにのみ開堂)
IMG_7109s_20190325022255289.jpg





プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR