FC2ブログ

第41回太子道をたずねるつどい

2017年2月22日は法隆寺主催の第41回太子道をたずねるつどいがあり、法隆寺から大阪府太子町にある叡福寺境内の聖徳太子の御陵まで約20キロの磯長ルート(一部、バス利用)を、法隆寺の僧侶達と一緒に歩きました。
 この道は、太子葬送の道で、斑鳩から飛鳥へ至る筋違道とともに、今年2月に関係する11の自治体が文化庁に日本遺産として申請したそうです。

ルートは以下の通りです。
法隆寺西大門→西里→藤ノ木古墳→龍田神社→達磨寺→尼寺廃寺跡(昼食)→志都美神社⇒(バス)→太子町役場→叡福寺

いつもとルートは同じですが、今年は尼寺廃寺学習館で昼食をとりました。


法隆寺南大門での出発式
午前8:30に集合し、全員そろったので、9時前には出発しました。
IMG_4377s_2017022323195797b.jpg

西大門付近
IMG_4391s.jpg

藤ノ木古墳
IMG_4403s_20170223231959cca.jpg

斑鳩町瀧田神社
橿原考古学研究所の岡田雅彦氏による史跡の説明
IMG_4421s.jpg

王寺町達磨寺
王寺町の地元からぜんざいの振る舞いがありました。

IMG_4461s.jpg

王寺町マスコット雪丸
人気者です。ドローンに乗って王寺町を空撮したそうです。
IMG_4472s.jpg

香芝市尼寺廃寺跡(公園として整備されました)

尼寺廃寺跡(パネル)
平成14年国史跡指定。東向きの法隆寺式伽藍配置

IMG_4538s.jpg

尼寺廃寺跡(現地)
IMG_4516s.jpg

塔跡(パネル)
IMG_4545s_20170224115112dd3.jpg

塔跡(現地)
IMG_4542s_20170224115111d83.jpg

尼寺廃寺跡学習館
IMG_4536s_201702232351009d1.jpg

塔心礎レプリカ
地下から約3.8メートル四方の巨石の心礎が出土。 四隅に添柱孔がある心礎は、法隆寺若草伽藍の塔心礎などに限られているそうで、大変貴重です。心礎から耳環、水晶玉、ガラス玉などの舎利荘厳具も出土、心柱の下をくり抜いて埋納されていたものが、柱が腐って落ちたのではないかと推測されます。平成3年度の発掘調査で、飛鳥時代後半のお寺の塔心礎が出土したのですから、これは大発見だと思います。塔基壇を断ち割って発掘しなかったら、塔心礎が埋もれていることは、分からなかったと思います。
IMG_4533s.jpg

塔と金堂の大きさの比較(パネル)
IMG_4524s_20170223235055e0d.jpg

塔基壇の構築(パネル)
IMG_4525s_20170223235057e38.jpg

--
叡福寺
IMG_4643s.jpg

聖徳太子御陵(宮内庁管理)
IMG_4708s_20170224001002377.jpg

法隆寺大野玄妙管長読経
「富の小川の水」と書いた桶。
○太子の薨去を悼み巨勢三杖が作る歌(帝説・日本霊異記)
「いかるがの 富の小川の絶えばこそ わが大君の み名忘らえめ」

IMG_4669s_20170224000959974.jpg

聖徳太子和讃斉唱
IMG_4676s.jpg

本堂に掲げられた聖徳太子絵伝の一コマ
IMG_4748s_20170224001004ee4.jpg




プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR