FC2ブログ

始皇帝と大兵馬俑展(国立国際美術館)

大阪中之島の「国立国際美術館」で開催されている「始皇帝と大兵馬俑展」に行って来ました。国立東京博物館、国立九州博物館、につづき、大阪での開催が最後になりました。

中国山西省博物院で西周時代の晋から出土した遺物を見学したあとだったので、なかなかか興味深かったです。 中国の王朝は、夏→殷(商)→周、と変遷したあと、BC221年に、秦の始皇帝がはじめて中国全土を統一し、中央集権国家を作りましたが、BC206年には滅亡しました。始皇帝は、度量衡を統一し、貨幣も統一しました。何と言っても有名なものは1974年に、始皇帝のお墓の近くで、発見された兵馬俑で、現在もまだ発掘が続いているようです。 約8000体の陶製の兵馬俑が地下に眠っていました。

 本ブログでは以前に中国西安で兵馬俑を見学した記事を掲載しましたが、そのときは銅馬車が展示されたすぐ後で、本物を見学しました。また、巨大なドーム内に並ぶ兵士の様子は圧巻でした。今回日本で展示された兵馬俑は少数で、ほとんどがレプリカでした。また、館内展示物は、興味深いものもありましたが、一切撮影禁止でしたので、写真はありません。
ちなみに、観覧料金1500円、図録は2400円でした。

堂島川と中之島地区
IMG_6553s.jpg

国際美術館入口
IMG_6490s_201609300757183ca.jpg

IMG_6492s.jpg

記念撮影用兵馬俑レプリカ
IMG_6501s.jpg

記念撮影用兵馬俑レプリカ
IMG_6542s.jpg



プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR