FC2ブログ

奈良国立博物館 忍性展 その2

 忍性は学問不足を痛感して叡尊の弟子たちに入宋を呼びかけたが、師の叡尊は忍性に対しては日本にとどまって律を学ぶことを勧めた。叡尊の弟子の覚如、定舜、有厳らは1244年に入宋し、4年後に帰国し、「律三大部」20具を西大寺にもたらしました。定舜は後に二度目の入宋をはたし、西大寺などに「一切経」を請来しました。 忍性は、その後、京都の泉湧寺で叡尊から律を学び、後に西大寺派の律僧として、関東に赴き、戒律の普及と慈善救済事業を行い活躍しました(参照: 図録「忍性の戒律」細川凉一、p.206)。

博物館での展示で、額安寺関係の由来の絵画と考えられる、聖徳太子像(室町時代作、奈良国立博物館)と道慈律師像(室町時代、奈良国立博物館)にも注目しました。忍性が出家した額安寺は聖徳太子が建立した熊凝精舎の跡地であり、留学僧の道慈が虚空蔵菩薩を安置したのが始まりと語られています。忍性も深く聖徳太子を敬愛していたようです。

 鑑真が日本へ東征した理由の一つとして、聖徳太子が中国天台山の名僧慧思法師の生まれ代わりであるからという転生説があります。西大寺の叡尊は聖徳太子を思慕し、法隆寺の北室院とも関係が深く、鎌倉時代に法隆寺五重塔に落雷した時その時は火災を消し止めたが、その後、叡尊直筆の避雷符が各層の壁の中心に付けられています。 

 忍性は晩年1298年に「東征伝絵巻」を制作して唐招提寺に施入しました。日本に戒律を伝来した鑑真への思慕と同時に、若き日に自らの入宋渡海への思いを込めた作品で、素晴らしい絵巻です。なお、本ブログの記事、鑑真の足跡を訪ねて中国寧波・揚州の旅鑑真の足跡を訪ねて九州の旅、もご参照下さい。

なお、最後の遣唐使比叡山天台宗の高僧円仁は、すぐれた学問知識を有し、9年にも及んだ中国での旅行記「入唐求法巡礼行記」を後世に残しました。 847年に帰国した円仁は、聖徳太子は慧思法師転生説を天皇に奏上したと云われています。

 聖徳太子は622年に没したので、2022年は太子の1400年回忌の年であり、奈良県立図書情報館でも聖徳太子ゆかりの県内各市町村で、太子に関連した連続講座を開催しています。 聖徳太子ゆかりの寺院も多く存在し、今後、全国的に太子を偲ぶイベントが多くなることと思います。ご注目のほどを。


IMG_2887s.jpg

IMG_2885s_201608310012388d2.jpg

IMG_2876s.jpg
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR