FC2ブログ

6月の飛鳥 飛鳥寺3

 日本書紀によると、596年(推古4年)冬11月に飛鳥寺が落成し、蘇我馬子の長男善徳臣(ぜんとこのおみ)を寺司(てらつかさ)に任じ、この日から高句麗僧慧慈(えじ、聖徳太子の師)と百済僧慧聡(えそう)が飛鳥寺に住したとあります。飛鳥寺は蘇我氏の氏寺でしたが、のちの僧鋼(全国の僧尼を統括する組織)を構成する僧が居住したようです。

 飛鳥寺の本尊飛鳥大仏(銅像、釈迦如来像、重要文化財)は、推古天皇によって詔され、609年(推古17年)に、鞍作鳥(くらつくりのとり、止利仏師)によって造られた日本最古の仏像です。平安・鎌倉時代に火災で罹災し後補を受けていますが、建物は再建され、当初と同じ台座があった中金堂の同じ場所に安置されています。

飛鳥大仏台座
IMG_0090s_20160701014844ca7.jpg

聖徳太子絵伝(推古天皇の命により飛鳥大仏を造る止利仏師)
IMG_0091s_201606302317343cd.jpg

飛鳥大仏(創建以来同じ場所に鎮座)
IMG_0076s_201606302305213be.jpg



飛鳥大仏を拝観すると、どっしりと構えていて、なぜか落ち着きます。 お顔は法隆寺のご本尊のお釈迦様と大変よく似ていますし(仏師が同じですので当然か!)、右手と左手の印も同じです。指の爪までよく似た形をしています。 顔の輪郭は長方形で、目ははっきりと開いており、口角は少し上がっているので、アルカイックスマイルなどと形容されているようです。飛鳥大仏には脇侍が不在ですが、光背も含めて、復元三尊像のイラストが展示してありました。

飛鳥大仏(右手は施無印、左手は与願印)
IMG_0058s_201606302305174b6.jpg

修復されたお顔(火災の跡が痛々しい)
IMG_0064s.jpg

爪もあります
IMG_0068s.jpg

飛鳥大仏(復元三尊像)
IMG_0093s.jpg

--
飛鳥寺中庭
飛鳥寺形石燈籠(南北朝時代)
IMG_0077s.jpg

飛鳥寺の寺域はおおよそ東西215m、南北293mの領域と考えられていましたが、その後の調査で掘立柱で囲まれた不整な五角形をしていることが分りました。また、662年(天智元年)に法相宗の祖である道昭が玄奘三蔵に学び帰国して建立した東南禅院が飛鳥寺域内にあります。

飛鳥寺北限(道路が北限のようです)
IMG_0008s.jpg

飛鳥寺西門跡
IMG_0022s.jpg

参考文献
飛鳥資料館「飛鳥寺2013」、図録第58冊、2013.
坪井清足他「飛鳥の寺と国分寺」、岩波書店、1985.






プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR