FC2ブログ

国名勝・国史跡 慈光院

2016年1月に慈光院に行ってきました。大和小泉藩2代藩主片桐貞昌(1万3千石)は、父貞隆(摂津茨木城主 片桐且元の弟)の菩提を弔うため、今から353年前の1663年(江戸時代の寛文3年)に、大徳寺から玉舟和尚を迎えて、慈光院(臨済宗大徳寺派)を開基しました。 貞昌は石州流の茶道の祖であり、江戸幕府4代将軍家綱のとき、将軍家茶道指南役となりました。

慈光院(一之門)
IMG_0076s.jpg

看板
IMG_9977s.jpg

IMG_9979s.jpg

庭園は大和三名園(慈光院、竹林院の群芳園、當麻寺中之坊香藕園)で、国史跡・国名勝に指定されています。禅寺の庭園ですが石をほとんど用いず、サツキの大きい丸刈込と、数十種類の木々の寄せ植えの刈込は、1年中青々として、境内の白い砂と調和しています。大和盆地東方の青垣は庭園の生命線です。

大和青垣と庭の垣
IMG_0043s.jpg

2014年5月撮影
IMG_5133s_20160201204226259.jpg

松と手水鉢(国重要文化財)
IMG_0035s.jpg

<角(かど)ばらず手水鉢(国重要文化財)>
書院東側縁先にあり、一辺30cm、高さ78.5cmの花崗岩製角柱に径27.5cm、深さ23.5cmの水溜りを掘っています。角がとれているので、このような愛称がついたと思われます。

IMG_0036s_201601310104207f0.jpg

大刈込と独座手水鉢

<慈光院独座手水鉢(どくざちょうずばち)(国重要文化財 S.19.9.5)>
書院南縁沓脱石の少し西側の縁先にあります。縞状片麻岩の上部を平坦にして、卵型の水溜りを彫っています。

IMG_0046s.jpg

冬の庭園
IMG_0045s.jpg

茅葺の農家風の書院(国指定重要文化財)は天井や鴨居を低くして、座敷に坐ったときに安らぎと落ち着きを与えます。
(下は、2014年5月撮影)
IMG_5155s.jpg

座敷(下は2、014年5月撮影)
IMG_5109s_20160131012627e25.jpg

茶室の「高林庵」(国指定重要文化財)は片桐石州の代表的な席で、全国に現存する茶室の中では最古の席といわれています。
高林庵茶室
IMG_0032s_2016013100491147e.jpg

IMG_0031s.jpg

IMG_0034s.jpg

IMG_0033s.jpg

客間から廊下越しに庭を見る
IMG_0058s_20160131005625487.jpg

2014年5月撮影
IMG_5111s.jpg


茶室の「閑(かん)」(国指定重要文化財)は陰の席で暗くなっています。
IMG_0025s.jpg

IMG_0026s_201601310049077ae.jpg

IMG_0028s.jpg

<女の字手水鉢(めのじちょうずばち)>(国重要文化財)
書院の北縁と閑茶室縁とが直交する角にあります。縞状片麻岩を加工しています。上から見たとき「女」の字の形をしているので、この愛称がついたのかも知れません。

IMG_0053s_20160131095438fa9.jpg


参考文献
(1)大和郡山市 「ふるさと大和郡山歴史事典」、昭和62年5月31日発行。


プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR