FC2ブログ

鐘つけば銀杏ちるなり建長寺

10月26日は全国果樹研究連合会が「柿の日」と定め、色々なイベントが行われています。正岡子規が明治28年(1895)10月の終わりに、3日間奈良を訪問し、「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の句を詠んだことに因んで、10月26日を柿の日と定めたようです。 

 10月26日の柿の日に因んだ関西TVの番組で、 「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の句が取り上げられ、この句は夏目漱石が詠んだ、「鐘つけば銀杏ちるなり建長寺」という句をもとにして詠んだ句だと紹介しており、唖然としました。 番組では正岡子規は夏目漱石からお金を借りて奈良旅行したという話も紹介していましたが、これは病を押してまで法隆寺を参詣した子規の並々ならぬ法隆寺への思い入れがあったように思えてなりません。法隆寺と子規が育った伊予国とは聖徳太子以来の古いご縁があるのですから。

子規の「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の句は、漱石の「鐘つけば銀杏ちるなり建長寺」があって、それを真似して作った句だとかいう話がまことしやかに伝わっていますが、それは全くの推測であって、子規が書いている訳ではありません。 2つの句は全く類似しておらず、真似して作った句とはとても思えません。 子規の評価を傷つける架空のお話に過ぎません。

 2つの俳句から浮かぶ光景は、前者は広大な法隆寺の五重の塔を背景とした斑鳩三塔がある風景が浮かびますが、後者は私が子供の頃遊び場としたような田舎の小さな境内の山寺の銀杏と鐘楼の風景が浮かびます。とても真似してできた歌のようには思えません。どのように推量するのかは自由ですが、漱石に俳句を教えた子規が、「建長寺」の句を真似したなどとは、とても思えません。


IMG_9066s_20151030124644b0d.jpg




 

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR