FC2ブログ

戦争法案ノー 全国1000箇所で集会とデモ

 2015年8月30日は戦争法案の廃案と安倍政権の退陣をもとめる集会とパレードが全国1000カ所で行われ数十万人の人が参加しました。奈良市においても雨の降る中、夕刻から600人を越える人々が参加して集会とパレードをおこないました。その他県下の橿原市、大和高田市、生駒市、大和郡山市、香芝市、平群町、王寺町等でも集会やパレードがおこなわれました。

戦争法案は、歴代内閣法制局長官、圧倒的多数の憲法学者、弁護士会、学者の会などが憲法違反の法案だとしています。 

東京の国会正門前は老若男女、青年・学生、若いママなど12万人の人々で埋め尽くされました。 安倍政権と公明党が推進する「戦争法案」に対する危機感を、いかに多くの人々が抱いているかをしめしています。 国会前には民主党岡田克也代表、社民党吉田忠智代表、生活の党小沢一郎、日本共産党志位和夫委員長が駈けつけ、マイクを握りスピーチをしたそうです。作家の森村誠一さん、音楽家の坂本龍一さんも「これを一過性にしないで、今後も行動を続けてほしい、僕も皆さんと一緒に行動します」と発言しました。

安倍晋三氏はアメリカの連邦議会で,法案提出前から「戦争法案」を成立させ、自衛隊員をアメリカの戦争に参加させることを演説しましたが、こうした安倍政権の姿勢こそが憲法に違反し、日本人の命を危機にさらしています。自衛隊はすでに法案成立前から米軍と集団的自衛権行使を前提とした協議を行っており、防衛大臣さえその内容を知らないことが国会で明らかになりました。

今後も若い世代、老若男女、弁護士会、学者、文化人、労働者、自衛隊関係者等が危機感を燃やし、集会やパレードに参加する人々は増え続けると予想されます。民主主義とは世論を反映しない議会だけの多数決で決めるものではありません。国民全体の多数決で決するべきと考えます。国民全体の多数決は世論です。




プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR