FC2ブログ

桜井記紀万葉歌碑原書展

2014年11月26日~30日まで、あべのハルカス近鉄本店にて、桜井記紀万葉歌碑の原書展が開催されており、29日に行ってきました。 著名な文化人・学者が揮毫した64基の歌碑の書を近くで見ることができ大変良かったです。 

歌碑では万葉歌を小さい字で刻んでいるので、原書の筆致の細部が判読できませんが、原書を見ると生き生きした筆運びが分かり、大変良かったです。

例えば、桧原神社を下った井寺池近くにある千玄室氏揮毫の歌碑、
  「鳴る神の 音のみ聞きし 巻向の 桧原の山を 今日見つるかも」  (作者不詳)
は、大変分かりやすい歌で、私のお気に入りの一首ですが、原書をみて感激しました。なかなかの達筆で書も素晴らしいです。

展示では歌碑のある場所の写真や揮毫者のプロフィールや万葉集の原書と解説文が掲載されよくわかる展示でした。展示内容はそのまま図録にも掲載されていましたので、図録片手にすべての歌碑の展示を見て回りました。 この展示会がわずか五日間で終わってしまうのには惜しむらく、桜井市でも開催して頂きたいと思いました。 なお、同時に入江泰吉「万葉写真展」が併催されており、はじめて見る素晴らしい写真がたくさんありました。 三輪山の風景を写した幻想的な写真は特に気に入りました。

 この日は、午後1:30から3:00まで、坂本信幸氏(高岡市万葉歴史館々長)による「桜井の万葉歌―万葉の歌ここに始まる」と題する講演会があり、学生時代以来の万葉集巻一・一雄略天皇の歌に関する講義を聞き、昔を思い出し大変懐かしく思いました。こちらの講演会も素晴らしい内容でした。


<展示会ポスター>
IMG_2076s.jpg

<図録>
IMG_2079s.jpg

<歌碑1:額田部王女>DSCF8134s.jpg

<歌碑2:川端康成揮毫>
DSCF8094s.jpg

<井寺池から>
DSCF8104s.jpg

<大美和の杜展望台から>
DSCF8059s.jpg
 
 



プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR