FC2ブログ

當麻寺中之坊

 次に、當麻寺中之坊へ行きました。當麻寺が開創された際、役行者は金堂前(影向石)にて熊野の権現を勧請し、その出現場所に自身の道場を開いた。奈良時代には當麻寺別当・実雅が中院を開創。その後、代々當麻寺別当(住職)の住房として受け継がれ、「中院御坊」と尊称された。これが現在の中之坊である。9世紀初めの弘仁時代には、弘法大師が中之坊実弁を弟子として真言密教を伝え、以後、當麻寺は真言宗の霊場となり、今も別格本山として大師信仰、観音信仰の中心になっている。

本尊は十一面観音で中将姫の守り本尊であり、「導き観音」と呼ばれる。堂内には弥勒菩薩と布袋がまつられ、大和十三仏詣り・大和七福神詣り の霊場となっている。

<宗派>高野山真言宗別格本山
<本尊>十一面観音(導き観音)
<塔頭>當麻寺最古の塔頭
<剃髪堂>中将姫が剃髪(ていはつ)したお堂。日本最古の剃刀、誓いの石(足跡)が伝わる。
<絵天井>書院の絵天井の下で写仏体験できる。

    
<庭園> 
  中之坊庭園「香藕園(こうぐうえん)」(国史跡・名勝)は、吉野山の竹林院「群芳園」、大和郡山市小泉町の「慈光院」とともに大和三名園と賞される池泉回遊式庭園である。鎌倉時代に造られ、桃山時代に完成し、江戸初期に片桐石州により改修された。天平時代創建の東塔を借景とし、極端に低い土塀を二段構えにし、心字池にその影を落とす名園である。庭園には書院・茶室(国重要文化財)がある。

<山門>
IMG_4222s.jpg

IMG_4284s.jpg

<庭園>
IMG_4445s.jpg

IMG_4446s.jpg

IMG_4447s.jpg

IMG_4448s.jpg

IMG_4450s.jpg

IMG_4454s.jpg

IMG_4455s.jpg

<東塔を借景>

IMG_4459s.jpg

IMG_4460s.jpg

IMG_4463s.jpg

IMG_4464s_20140430104322813.jpg

<書院造>
IMG_4467s.jpg

IMG_4468s.jpg

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸
<ボタン園>

IMG_4470s.jpg

IMG_4471s.jpg

IMG_4476s.jpg

IMG_4478s.jpg

IMG_4473s.jpg

IMG_4474s.jpg

IMG_4479s.jpg

IMG_4480s.jpg









プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR