FC2ブログ

観月祭

 2013年9月19日(木)、この日は中秋の名月。夕刻に大美和の杜展望台で二上山に沈む夕日を見た後、狭井神社に移動し、ご神水を頂きました。その後、大神神社で観月祭に参加しました。

<写真1>大美和の杜展望台
 大和盆地の左から天香久山->畝傍山->耳成山が一直線に見える
 奥の山脈は左から金剛山->葛城山が続く

DSCF7266_convert_20130920002204.jpg

<写真2>大和三山と二上山に沈む夕日
(10月3日に桧原神社から見ると二上山の鞍部に沈む)

DSCF7251_convert_20130920002001.jpg

<写真3>二上山に沈む夕日1

DSCF7248_convert_20130920002249.jpg

<写真4>二上山に沈む夕日2

DSCF7255_convert_20130920002340.jpg


<写真5>狭井神社

DSCF7237_convert_20130920001812.jpg

<写真6>拝殿(桧皮葺の屋根が傷んでいます)

DSCF7161_convert_20130919234116.jpg

<写真7>本殿(拝殿の裏の千木のある建物。桧皮葺の屋根が傷んでいます)

DSCF7242_convert_20130920001905.jpg

観月祭

<写真8> 大神神社参道(ローソクが並ぶ)

二の鳥居

DSCF7214_convert_20130919234213.jpg

DSCF7218_convert_20130919234309.jpg

<写真9>俳句

DSCF7222_convert_20130919234428.jpg

<写真10>大神神社ご祭神の説明板

DSCF7225_convert_20130919234541.jpg

<写真11>拝殿(重要文化財)

DSCF7223_convert_20130919234500.jpg

<写真12>観月祭 お茶会等の案内
DSCF7220_convert_20130919234340.jpg


<写真13>大神神社観月祭

 大神神社祈祷殿前斎庭で催行される観月祭に参加しました。会場入口では、観月祭の次第が書かれたチラシを巫女さんから頂きました。

<祭典式次第>
prog1_convert_20130920133416.jpg

prog2_convert_20130920133450.jpg

祭典では、神事のあと、浦安ノ舞と奇魂ノ舞の神楽が奉奏されました。その後、舞楽 蘭陵王が奉奏されました。満月の夜、広い斎庭には、笛、太鼓、鉦、筝の音色が冴え渡り、五常楽(唐の大宗作曲)、皇麞急(おうじょうきゅう)(唐の中宗作曲)が演奏されました。撤饌、退下にあたって、越殿楽、陪臚が奉奏されました。

 満月の夜、三輪山を背に、優雅な舞と音曲で、心が洗われました。太鼓と鉦のリズムが、得も言えず心地よく、古代の響きをかもしだし、巫女が振る鈴の音がキラキラと聞えました。巫女が弾く筝の音のボロローンという響きも心地よかったです。

<写真14>楽隊
DSCF7276_convert_20130920002651.jpg

<写真15>笛と琴
DSCF7282_convert_20130920002730.jpg

<写真16>神楽・浦安ノ舞
DSCF7299_convert_20130920002822.jpg

DSCF7303_convert_20130920002905.jpg

<写真17>神楽・奇魂ノ舞

DSCF7323_convert_20130920003147.jpg

<写真18>舞楽・蘭陵王
DSCF7340_convert_20130920003345.jpg

DSCF7365_convert_20130920003421.jpg

<写真19>祈祷殿に月が昇る

DSCF7384_convert_20130920003619.jpg


<写真20>拝殿に昇る月

DSCF7419_convert_20130920003703.jpg

DSCF7409_convert_20130920003757.jpg

<写真21>注連縄と月

DSCF7415_convert_20130920115220.jpg

<写真22>参道の灯

DSCF7424_convert_20130920115254.jpg


プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR