FC2ブログ

薬師寺食堂発掘調査現地説明会(2013年1月26日)

 2013年1月26日奈良文化財研究所による薬師寺食堂(じきどう)の発掘調査現地説明会が開催されました。食堂跡は大講堂に近接した場所で、僧侶が食事をしたり、お経を読んだりしたりする、重要な修業の場所あったことが分りました。今回の調査で、食堂は東大寺、大安寺に次ぐ大きさの建物で、東西40.7m, 南北15.4mもあったことがが分りました。これまで食堂の発掘事例は、興福寺、西大寺、西隆寺などがあるものの、数は少なく、今回の調査で古代寺院の食堂の造営方法や規模、構造を知ることができました。極めて重要な成果であると言えるでしょう。天平の伽藍に対する想いがかきたてられます。

写真1(薬師寺境内図)
DSCF9577_convert_20130131181547.jpg
写真2(現場1)
DSCF9538_convert_20130131181847.jpg
写真3(現場2、3)
DSCF9546_convert_20130131182253.jpg

DSCF9572_convert_20130131182858.jpg

写真4(東塔の覆い)
DSCF9543_convert_20130131182001.jpg

写真5(創建期瓦)
DSCF9557_convert_20130131182428.jpg

写真6(奈良時代後半の瓦)
DSCF9558_convert_20130131182541.jpg

写真7(平安時代中期の瓦)

DSCF9559_convert_20130131182643.jpg

1.薬師寺食堂の調査(現場、説明板より)

『奈良文化財研究所では、2012年9月24日より薬師寺食堂の発掘調査をおこなっています。食堂とは、寺院の主要なお堂のひとつで、僧侶が食事をし、修業をする場です。薬師寺食堂がいつ建てられたのかは正確にはわかりませんが、天平2年(730年)という東塔の建立年代を手がかりにすると、おおよそこれと近い時期に建てられたと考えられます。食堂は、天禄4年(973年)に焼亡し、寛弘2年(1005)に再建されましたが、その後いつまで存続したかは不明です。
 今回の調査では、食堂を全面的に発掘します。現在は基壇土を確認し、建物を廃絶する際に礎石を抜き取った穴や、基壇の周囲に敷かれた地覆石(じふくいし)や階段、石組みの雨落ち溝などを検出しています。
 発掘調査はいよいよ佳境にはいってきました。どうぞ今後の成果にご期待ください。』

2.薬師寺の歴史

 薬師寺は、天武6年(680)に天武天皇が皇后(後に持統天皇)の病気平癒を祈願して発願し、持統天皇によって本尊開眼(697)し、文武2年(698)に文武天皇によって飛鳥の藤原京で堂宇の完成を見た。現在、この薬師寺は橿原市城殿町に元薬師寺として東西両塔と金堂の土壇が残されている。その後、和銅3年(710)に元明天皇によって平城遷都が行われた際、薬師寺も現在地(平城京右京六条二坊)に遷された。
 『薬師寺縁起』(長和4年、1015)によれば、養老2年(718)に伽藍を移すと記されている。また、東僧坊北方の井戸から霊亀2年(716)の木簡が出土したので、716年には造営が開始されていた模様である。 さらに、『七大寺年表』や『扶桑略記』(平安時代)には、天平2年(730)に東塔が建立されたと記されているので、年代が分かる。東塔(国宝・白鳳時代)は、平成23年より解体保存修理が行われており、平成30年工事完了予定である。
 今回の調査対象の食堂は天禄4年(973)に火災で焼失した。この火災では、金堂と東西両塔以外の主要な伽藍がほとんど消失した。その後、食堂は寛弘2年(1005)に再建され、建物は桁行11間、梁行き4間の瓦葺で、本尊は六尺の阿弥陀如来と脇侍等身像であった(『七大寺巡礼私記』に記載)。さらにその後、享禄元年(1528)に兵火で東塔を除く伽藍が灰燼に帰した。昭和42年(1967)高田好胤管主により、失われた薬師寺伽藍の復興が発願され、写経勧進によって、金堂、西塔、中門、回廊、大講堂が復興され、白鳳伽藍がよみがえった。

3.食堂の調査成果

 今回の調査で奈良時代前半の薬師寺創建時の食堂の全容、規模がほぼ確定できた。食堂の建物規模は、桁行(けたゆき)11間、梁行(はりゆき)4間、東西40.7m 、南北15.4mであることが確定した。また、以前の調査で基壇の規模は東西47.4m、南北21.8mであることが判明した。また、基壇は、瓦を含む土で整地したのちに、土と砂を層状に積み上げて、つき固めた版築(はんちく)構造であることが分った。また、礎石を置く部分には、穴を掘り、そこに瓦や砂、土を埋めて固める壺地業(つぼちぎょう)が施されていた。
 基壇の縁辺部では、地覆石や建物南側の3つの階段、石組の雨落ち溝が確認された。軒瓦や鬼瓦、土器などの遺物から、食堂の造営年代は遅くとも奈良時代の前半で、14世紀初頭までには廃絶していたことが分った。




プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR