FC2ブログ

新羅・任那使を迎えた古代の道 その5

推古16年(608年)夏4月、遣隋使小野妹子は唐より裴世清(はいせいせい)とその従者12人を伴って帰国しました。 朝廷は難波に新しい館を造り、唐の客人を泊めました。8月3日に、飾馬75匹を遣わして海石榴市の路上で額田部比羅夫が、唐の客人を迎え挨拶を述べました。12日に飛鳥の小墾田宮に入りました。

従来、この海石榴市は桜井市の三輪山麓の初瀬川の付近にあり、裴世清らは大和川を遡って船運を利用して海石榴市で上陸したものと考えられてきました(岸、1970)。しかし、その後の発掘調査で、隋使や、その2年後に新羅・任那使が入京したときは、大和の古道はすでに整備されていた可能性が強くなり、陸路を通った可能性が近江らによって指摘されるようになりました(近江、2012)。

推古18年(610年)新羅使と任那使が入京したとき、額田部比羅夫は新羅使を迎える荘馬の長となり、また膳臣大伴は任那使を迎える荘馬の長となり、使人を阿斗河辺館に宿泊させました。その翌日使人は推古天皇の小墾田宮に招かれました。これらの使者が、陸路をとったとき、通ったと想定される道は、龍田道、筋違道、保津・阪手道、下ツ道、横大路、阿倍山田道で、「阿斗」は桜井市粟殿(おうどの)(現、桜井市役所のある付近)辺りでなかったのかと、重見氏は述べられました。従来、阿斗は田原本町阪手付近ではないかと、近江氏によって述べられていますが、重見氏はそうでない考えを述べられました。

聖徳太子は遣隋使を派遣したり、実弟と異母弟を大将軍に任命して新羅遠征を企図したように、新羅・任那外交に積極的に関わっていました。法隆寺西院伽藍の金堂の地下から出土した新羅産の緑釉多足円面硯(りょくゆうたそくえんめんけん)は、7世紀前半の製品であり、推古24年(616年)か、推古31年の新羅使が聖徳太子への献物としてもたらしたものと考えられます。この硯は直径が20cmある大型品で、新羅でも希少な緑釉陶器で、新羅から倭国にもたらされた唯一の硯であることからも、新羅が聖徳太子への特別な配慮がうかがえます(有史会報第578号参照)。

結論から言えば、新羅・任那使が入京した道は、隋使が入京した道と同じで、龍田道で大和へ入った使い人は、おそらく斑鳩の宮で聖徳太子の迎接を受け、そして筋違道を南下して保津・阪手道に入り、隋使は海石榴市へ、新羅・任那使は阿斗河辺館へ向かったと推測されます。

なお、難波津から大和へ入る経路で、生駒山・暗峠越は山が険しく余り使われず、通常は大和川沿いの龍田道の方が高度は低くよく使われたようです。万葉集などにも龍田道がよく歌われています。ですから、陸路を取ったと仮定した場合は、裴世清なども龍田道を通ったと推定されます。

有史会報第578号参照
IMG_8266s_20151227005558ca2.jpg

有史会報第578号参照
IMG_8274s.jpg

磯城の里ウォークパンフレット
IMG_8278s.jpg











新羅・任那使を迎えた古代の道 その4

斑鳩と飛鳥を結ぶ筋違道(太子道)は、聖徳太子が斑鳩宮から推古天皇の小墾田宮へ通うために造った最短の道(「須知迦部路(スチカヘ路)」、『古今目録抄』(鎌倉時代))です。現状では、斑鳩町高安付近から橿原市西新堂付近まで、道路や畦、地割として痕跡をとどめていますが、道路として踏襲されているのは、寺川が大和川から分岐するあたりから田原本町保津までの約3.6kmで、これまで通ってきた道です。

筋違道の敷設時期につては、下ツ道より古いと見る見解と、新しいと見る見解があるそうです。これまで、田原本町内での調査例は20カ所あるそうです。田原本町多(おう)遺跡の調査では、筋違道の路面幅は約20mで、下ツ道の規模(路面幅20m)とほぼ同じで、両者は共通した規格で敷設された可能性があります(重見氏)。

田原本町保津・宮古遺跡は、筋違道と保津・阪手道が交差する道の『巷(ちまた、衢)』にあります。この西側溝から6世紀末から7世紀初頭頃の遺物が出土しており、このことから筋違道は6世紀末から7世紀初頭頃に敷設された可能性があります。まさに、聖徳太子が斑鳩宮に遷る頃に敷設されたということです。


黒田池
IMG_8091s_201512252351037c0.jpg

孝霊神社(右上の森)
IMG_8086s.jpg

筋違道
IMG_8097s.jpg

IMG_8099s.jpg

IMG_8101s.jpg

筋違道と保津・阪手道の巷
IMG_8107s.jpg

筋違道
IMG_8110s.jpg

保津・阪手道(西方面)
IMG_8105s_201512252355351ec.jpg

保津・阪手道(東方面)
IMG_8104s.jpg

羽子田遺跡説明看板
IMG_8124s_2015122523553867e.jpg

IMG_8122s.jpg

下ツ道付近の地図
IMG_8133s.jpg


新羅・任那使を迎えた古代の道 その3

黒田大塚古墳
黒田大塚古墳は田原本町に所在する全長70mの前方後円墳で、周濠がありましたが今はありません。6世紀前半の築造ですが、墳形をよくとどめています。周辺から滑石製双孔円板・滑石や円筒・朝顔・笠形埴輪、笠形・鳥形木製品が出土しました。
黒田大塚古墳の20m東を筋違道が通っています。飛鳥時代の人々は筋違道からこの古墳を眺めたものと推定されます。
黒田大塚古墳の被葬者は、倭の屯田を管理した地元の有力氏族のではないかと想定されています。

IMG_8031s_201512240022403ca.jpg

IMG_8070s_20151224002245827.jpg

IMG_8068s_20151224002244574.jpg

法楽寺
聖徳太子創建と伝わるお寺です。かなり寂れています。
IMG_8047s.jpg

IMG_8055s_20151224002927e70.jpg

IMG_8058s.jpg

黒田廬戸宮跡伝承地
田原本町黒田の地は、第七代孝霊天皇の黒田廬戸宮跡伝承地とされるが、孝霊天皇は闕史八代の天皇の一人で、実在しなかったとみなす学者が多い。推古28年に厩戸皇子と蘇我馬子が天皇記、国記を記録したという記事があり、その時に闕史八代が成立した可能性があり、それら天皇の宮は葛城と軽の地域に集中しています。

孝霊神社
黒田廬戸宮跡伝承地の碑が建っています。

IMG_8073s.jpg

IMG_8076s.jpg

IMG_8078s.jpg

IMG_8083s_201512240033285a5.jpg

IMG_8080s.jpg




新羅・任那使を迎えた古代の道 その2

  島の山古墳を出て「筋違道(すじかいみち)」を南下すると、式下(しきげ)中学校の正面を通過し、三宅町「屏風」に入ります。

IMG_1637s.jpg

IMG_7975s.jpg

IMG_7973s_201512221332058da.jpg

IMG_7976s.jpg

『古今目録抄』によると、聖徳太子が斑鳩の宮から橘寺や推古天皇の宮に通うために筋違道をつくり、途中、屏風を立てて休憩されたので、『屏風』という地名がつけられたと伝えられています。

筋違道をはさんで、西側に白山神社があり、東側には杵築神社があります。白山神社には聖徳太子が腰を掛けて休んだと伝えられる「腰掛け石」があります。法隆寺主催で毎年11月22日に行われている「太子道を歩く集い」では、ここで聖徳太子像がお休みになられます。この摂政像はいつもは夢殿の中に安置されていますが、太子道を歩く集いのとき、11月と2月に法隆寺八部衆に担がれて、お出ましになります。

白山神社腰掛け石
IMG_1638s_20151222133601140.jpg


杵築神社には聖徳太子が休憩する様子を描いた絵馬(寛政五年)が掲げられています。また、「おかげ踊り絵馬」(慶応4年)は県有形民俗文化財に指定されています。

IMG_1635s.jpg


屏風杵築神社
IMG_7988s.jpg

IMG_7986s.jpg

屏風の清水
IMG_7981s.jpg

IMG_7979s_20151222121956c46.jpg

おかげ踊り絵馬
IMG_7984s.jpg

犬養孝先生揮毫万葉歌碑とあざさの花
IMG_7992s.jpg

IMG_8014s.jpg

IMG_8016s_201512221338448e0.jpg


忍性菩薩生誕地碑
IMG_7990s_20151222133838e00.jpg

解説
IMG_7991s_20151222133840a17.jpg

新羅・任那使を迎えた古代の道  その1

有史会12月例会「新羅・任那使を迎えた古代の道」で、橿原考古学研究所の重見泰氏の案内で、近鉄結崎(ゆうざき)駅から田原本(たわらもと)駅まで約9kmの道を歩きました。歩いたコースは以下の通りです。

  近鉄結崎駅→島の山古墳→白山神社→屏風杵築神社→黒田大塚古墳→孝霊天皇廬戸(いおど)宮伝承地→孝霊神社→保津・宮古遺跡→十六面薬王寺遺跡→羽子田遺跡→阪手北遺跡→近鉄田原本駅

島の山古墳
 結崎駅から一路、島の山古墳めざしました。何回か来ていますが、この日は晴天に恵まれ最高でした。全長200mで周濠のある巨大な前方後円墳です。四世紀末頃の古墳で、ここから黒田大塚古墳に至る1.8kmの間に約20基の三宅古墳群があります。筋違道は三宅古墳群の東側を並行するので隋、新羅、任那の使者は陸路をとったとすると、この古墳群を眺めていたに違いありません。

後円部には竪穴式石室が存在し、前方部には長さ10mの粘土槨にコウヤマキの木棺が安置されていました。木棺をを覆う粘土に、133点もの鍬形石、車輪石、石釧などが貼り付けられていました。粘土槨には2500点以上の玉類がばらまかれていました。また、棺内には水銀朱がまかれ、銅鏡三枚、石製合子三点、玉を連ねたネックレスとブレスレットを装着していたようです。副葬品には武器はなく被葬者は女性かもしれません。古墳の築造年代と副葬品の豪華さから神功皇后ゆかりの女性が埋葬されていると、推定される学者もいます。東の造りだし部では笊(ざる)が見つかっています。

前方部竪穴式石室の一部の石材が、比売久波神社の拝殿と本殿の間、川西町立ふれあいセンター、個人宅に残されています。

島の山古墳説明板
IMG_7929s.jpg

唐院についての説明板
IMG_7931s.jpg

全長200mの巨大前方後円墳
IMG_7925s.jpg

IMG_7916s.jpg

IMG_7964s.jpg

比売久波神社
IMG_7952s.jpg

IMG_7946s_2015122122053540e.jpg

IMG_7961s.jpg

拝殿
IMG_7950s.jpg

本殿
石室石材(右側の長い石材)
IMG_7955s.jpg

拝殿と本殿の間
IMG_7954s.jpg


続きを読む

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR