FC2ブログ

脇本遺跡

 万葉集全二十巻四千五百十六首の冒頭に雄略天皇(456〜479)の歌が掲載されています。 また、万葉集最後の歌は天平宝字三年(759年)正月元旦に大伴家持によって因幡の国庁に於いて詠まれた歌が、掲載されています。

  4516番  『新(あらた)しき 年の初めの初春の 今日降る雪の いやしけ吉事(よごと)』
           ( 右の一首は、守大伴宿祢家持の作りしものなり )

大伴家持など万葉集編纂者が生きていた時代には、雄略天皇の治世は古代の画期と見なされていたようで、雄略天皇が詠んだとされる歌を万葉集の冒頭にもってきました。

中国の史書によれば、五世紀に、倭の国王「讃(さん)、珍(ちん)、済(せい)、興(こう)、武(ぶ)」が中国江南の王朝に使者を派遣したこと、478年に武(「雄略天皇」説が有力)が、中国宋に上表文を送ったことが書かれています(河上麻由子『古代日中関係史』中公新書、2019)。

また、埼玉県稲荷山古墳出土鉄剣銘文に、ワカタケル大王が斯鬼宮(しきのみや)におわすとき、…と刻まれています。
また、熊本県江田舟山古墳出土太刀にワカタケル大王の銘が刻まれています。

ワカタケル大王の宮の位置が刀剣の銘の宮の位置と一致するので、ワカタケル=雄略天皇であることは間違いないと考えられています。

日本書紀によれば、雄略天皇(456〜479)は、大泊瀬幼武天皇(おおはつせのわかたけのすめらみこと)と記され、安康三年十一月(456年)に泊瀬の朝倉に壇を設け、宮を定めて、皇位につきました。この地は大和から東国へ向かう出発点であり、また大和川を利用して難波に至る交通の要衝でもありました。

桜井市や橿原考古学研究所によって1981年から開始された18次に渡る発掘調査によって、泊瀬朝倉宮は桜井市脇本の春日神社を中心とする一帯ではないかと、現在では推測されていますが、まだ決定的な宮殿跡の建物を検出した訳ではありません。
今後の調査に期待したいと思います。 

朝倉小学校体育館建設に先立って、1981年(昭和56年)に初めて発掘調査が行なわれました。6世紀前半の石組溝が検出され、体育館下に保存されました。その後、プール予定地で掘立柱建物跡が発掘されました。

その後、「磯城・磐余の諸宮調査会(池田栄三郎桜井市長が会長)」が発足し、1984年以来、9次にわたって春日神社南の燈明田地区、宮ノ本地区等で発掘調査が行われ、5世後半、6世紀後半の建物の柱穴、7世紀後半の建物跡などが検出され、雄略朝、欽明朝、天武・持統朝の遺跡が一部見つかっています。この地では弥生時代の竪穴式住居も見つかっており、脇本遺跡は長期にわたる広範囲の遺跡であることが分かりました。

春日神社付近の地図


春日神社鳥居
IMG_9869s_20190513212711826.jpg

春日神社境内
IMG_9858s_20190513212703e65.jpg

説明板
IMG_9868s_2019051321270907b.jpg

拝殿
IMG_9861s_20190513212705350.jpg

本殿(狛犬の代わりに鹿が鎮座します)
IMG_9862s_20190513212706a3e.jpg

IMG_9569s.jpg

大木の切株に植樹
IMG_9864s.jpg

本殿
IMG_9855s_20190513212702751.jpg

朝倉小学校と万葉歌碑
IMG_9851s_20190513212701280.jpg

第18次調査現地説明会
一次〜18次調査区
DSCF7688s.jpg

18次調査区(現、コンビニ・ローソンの下)
DSCF7689s.jpg

現説様子
DSCF7723s.jpg



万葉集 巻一の一 歌碑

  出雲の十二柱神社を出て国道165号沿いに1キロほど西に歩くと、黒崎という集落の東に加賀の白山から勧請したという白山神社(白山比咩(しろやまひめ)神社)があります。 祭神は、白山比咩(しろやまひめ)命と菅原道真です。
本来参道の入口はもっと南の旧初瀬街道沿いにあり、現在も鳥居が立っていますが、国道165線によって参道が分断されています。初めて参拝するときは、旧街道の参道入口から入り直すと、神社や旧街道の雰囲気が伝わって良いと思います。

白山神社拝殿
IMG_9552s_20190430213756ceb.jpg

本殿
IMG_9541s_20190430231617163.jpg

本殿
IMG_9535s_2019043023161652d.jpg


南側参道と鳥居
IMG_9530s.jpg

  白山神社の南東隅に万葉集がこの地からはじまったことを讃える「万葉集発燿讃仰碑」 (保田與重郎書、1972年(昭和47)建立)が立っています。また、この石碑のそばに、万葉集全二十巻四千五百一六首の冒頭を飾る雄略天皇御製の巻一の一の歌碑が桜井市によって建てられています。

白山神社の背後の山手の黒崎小字「天の森」に、第二一代雄略天皇の「泊瀬朝倉宮の跡」と伝える小台地があるため、保田氏らがこの地に顕彰されました。 

万葉集発燿讃仰碑
IMG_9549s.jpg

雄略天皇歌碑
IMG_9546s_201904302137509dd.jpg

保田與重郎書
IMG_9547s_201904302137519e8.jpg

--
岩波文庫、佐竹他校注「万葉集」(一)、原文万葉集(上)
  万葉集はすべて漢字で書かれています。奈良時代末には日本の有力氏族は漢字の読み書きができ、庶民も万葉歌を作ったようです。また、当時の日本の有力氏族は、中国の漢籍・漢詩にもかなり通じていたと察せられます。

IMG_8792s.jpg
 
万葉集巻一の一
泊瀬朝倉宮に宇御めたまひし天皇の代 大泊瀬稚武天皇

天皇御製の歌
籠もよ み籠持ち ふくしもよ みぶくし持ち この岡に 菜摘ます児
家告らな 名告らさね そらみつ 大和の国は おしなべて 我こそ居れ
しきなべて 我こそいませ 我こそば 告らめ 家をも名をも
----
泊瀬朝倉宮御宇天皇代 大泊瀬稚武天皇
天皇御製歌
籠毛与 美籠母乳 布久思毛与 美夫君志持 此岳尓 菜採須児
家告奈 名告紗根 虚見津 山跡乃国者 押奈戸手 吾許曾居
師吉名倍手 吾己曾座 我許背歯 告目 家呼毛名雄母

文献:佐竹他校注「万葉集」(一)、原文万葉集(上) 岩波文庫
文献:犬養孝著「万葉の旅(上)」、平凡社
「注:この歌は原文の読み方に諸説あって定まらない。」とある。
--
十三重石塔残欠(鎌倉時代後期?)
IMG_9538s_20190430213745e5b.jpg

雄略天皇の泊瀬朝倉の宮の伝承地としては、黒崎・天の森の他に、上岩坂の十二神社境内地があります。
また、最近の発掘調査で、5世紀〜7世紀の建物跡が見つかっている、春日神社付近の脇本遺跡が、泊瀬朝倉宮の有力候補地となっています。

天の森 方向
IMG_9545s_20190430231619968.jpg


IMG_9555s.jpg


ボタン満開の長谷寺詣で

 2019年4月27日、 「奈良まほろばソムリエの会」主催のイベント、『ボタン満開の長谷寺詣で』、に行ってきました。 午前10時には40名近くの参加者が近鉄長谷寺駅へ集合しました。

この日は、大型連休の最初の日でしたが、前日に比べて、気温がかなり低く(11度C)、1日中風が冷たく、雨用のアウターを着て寒さを凌ぎました。 長谷寺のボタンがちょうど満開で、境内と周囲の山々の青葉が眼に優しく、「隠国の泊瀬」を満喫した一日でした。 

長谷寺のご本尊の十一面観音像は、高さ10メートルを越える巨大な像で、大磐石を守護する「雨宝童子」と「難陀竜王」を両脇に従えています。 清少納言ら平安朝の文学少女達も籠った場所で、静かに観音様を参拝しました。 

長谷寺のあと十二柱神社では出雲人形の製作過程のビデオを見せて頂き、作者の水野さんもいらして、出雲人形を見せて頂きました。 この日の行程は次のとおりです。

  近鉄長谷寺駅→長谷寺→十二柱神社(昼食)→白山神社→春日神社→玉列神社→近鉄朝倉駅

近鉄長谷寺駅から「ダンの平」方面
IMG_9391s_201904272310594ee.jpg

長谷寺下登廊付近のボタン
IMG_9405s_2019042723110145b.jpg

登廊右側のボタン
IMG_9410s_20190427231102b16.jpg

本坊のボタン
IMG_9430s_20190427231103f5f.jpg

ボタン
IMG_9433s.jpg

本坊のボタン
IMG_9439s_2019042723110664a.jpg

本坊から本堂を眺望
IMG_9440s_20190428001017d1e.jpg

--
十二柱神社
IMG_9464s_20190428001019774.jpg

野見宿禰五輪塔
IMG_9466s_20190428001019031.jpg

IMG_9481s.jpg
IMG_9489s.jpg
IMG_9487s.jpg
IMG_9480s_20190430232831bd3.jpg
IMG_9479s_20190430232830580.jpg


平成25年相撲神社祠造営記念 祭文
IMG_9493s_20190430232837bef.jpg



出雲集会所にて、水野さま製作
出雲人形1
IMG_9507s_20190428001021f51.jpg

出雲人形2
IMG_9509s_201904280010222cb.jpg

出雲人形3
IMG_9514s_2019042800102499a.jpg

出雲人形4
IMG_9515s_201904280010254bc.jpg

出雲人形5
IMG_9516s_20190428001027079.jpg

出雲人形6
IMG_9517s_20190428001028892.jpg





大和の観音信仰(3) 談山神社

 「大和の観音信仰」ツアーの最後は、桜咲く談山神社に参拝しました。 平地では桜は散ってしまいましたが、山手にある多武峰ではまだ桜が残っていました。 神社向いの「多武峰観光ホテル」の最上階のレストランで昼食をとりました。 ここから見る桜の多武峰の十三重塔はなかなか見ごたえのある景色でした。紅葉シーズンも素晴らしい眺めとなりますが、桜もまた綺麗でした。

昼食後、談山神社神職の案内で、まず拝殿から本殿の鎌足像を参拝しました。 京都の朝廷は、鎌足像が破裂するととても恐れて、勅使を派遣して鎌足像にお伺いをたてました。 拝殿中央の天井に使われている伽羅木は、とても値段の高いものであることを、計算されていました。 

その後、十三重塔の初層の鍵を開け、「難陀龍王像」を特別に拝観させて頂きました。 普段は入ることができない塔の一重目に入り、まじかで像を拝観しました。 

次に、「神廟拝所」に移動して、特別拝観期間中ではありませんが、「如意輪観音像」を特別に拝観させて頂きました。

その後は、西山先生の案内で、比叡神社から、山道の急な階段を上り、中大兄皇子と中臣鎌足が談合したとされる談山の森に行き、そこからさらに山道を駈けあがって、藤原鎌足のお墓へ行き参拝して帰りました。 急な坂道を下ると、夕日が沈みかかっていました。 

今回の「大和の観音信仰」のツアーでは、普段は公開されていないめずらしい観音像を訪ね、大和の観音信仰の多様さを体験したマニアックなツアーでした。

--
多武峰観光ホテルから見た談山神社
IMG_8667s_20190422215618e5c.jpg

本殿(ご神体は藤原鎌足を祀る)
IMG_8697s_2019042221562004e.jpg

勅使が登壇する亀甲文の石畳
IMG_8695s_20190422215619fc1.jpg

--
十三重塔説明
IMG_8708s_20190422215623d3b.jpg

桜と十三重塔
IMG_8742s_20190422215628bd0.jpg

神職の案内で一重目に入る
IMG_8707s_20190422215622644.jpg

一重目
IMG_8723s_20190422215625561.jpg

難陀龍王像
IMG_8730s_20190422215626280.jpg

権現殿と十三重塔
IMG_8785s_20190422215640939.jpg


IMG_8784s_2019042221563880f.jpg


神廟拝所説明
IMG_8745s_20190422215629e6e.jpg

如意輪観音像
IMG_8747s_20190422215631661.jpg

藤原鎌足像
IMG_8749s.jpg

登山口
IMG_8782s.jpg

談山の森公園
IMG_8771s_2019042221563472d.jpg

藤原鎌足のお墓
IMG_8774s.jpg

大和の観音信仰(2) 慶田寺

 「大和の観音信仰」ツアーでは、次に、桜井市に所在する織田家の菩提寺・慶田寺(けいでんじ)を訪れました。 江戸時代の初めに、織田信長の弟、織田有楽斎の息子・織田長政が一万石の領地を与えられ、戒重藩祖(後の芝村藩)となり、慶田寺を菩提寺としました。現在も、境内に歴代藩主のお墓があります。

慶田寺(曹洞宗)は、1470年(文明2年)に、海門興徳和尚によって開基されました。 本尊は十一面観音菩薩立像で、平安時代の欅の一木造りで、像高203cmあります。また、阿弥陀如来坐像は鎌倉時代の漆箔寄木造で玉眼をもつ増高138cmの坐像です。

織田陣屋門を移築して山門として使用しており、お寺の山門としては変わった姿をしています。

--
山門1
IMG_8642s_20190421235348245.jpg

山門2
IMG_8594s_20190421235337e5d.jpg

山門3
IMG_8595s_20190421235338d9f.jpg

本堂
IMG_8605s.jpg

鐘楼
IMG_8659s_20190421235353e2c.jpg

境内1
IMG_8655s_20190421235351348.jpg

境内2
IMG_8652s_20190421235350edf.jpg

11面観音像(平安時代)
IMG_8622s_201904212353442be.jpg

織田家のお墓
IMG_8612s_20190421235341837.jpg


プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR