FC2ブログ

平城宮第二次大極殿跡

 元明天皇は710年に都を藤原京から平城京に遷都し、朱雀門の北の少し高い土地に大極殿を建立した。 後に造営された大極殿と区別するために、これを第一次大極殿と呼ぶ。その後、740年に、聖武天皇は平城京を離れて、恭仁宮(740)、難波宮(744)、紫香楽宮(744)を転々としたが、745年、平城宮に還都し、壬生門の北に大極殿を建立した。これを、第二次大極殿と呼ぶ。

 現在の平城宮跡では、第一次大極殿院と、第二次大極殿院のエリアの間に、南北に自動車道が通っており、通称「みやと通り」と名付けられている。 「みやと通り」近くにある休憩所に掲げられた平城宮跡の地図を以下に示す。

--
平城宮跡地図
IMG_4159t.jpg

みやと通り
IMG_4162t.jpg

---------------------------------
第二次大極殿跡

 聖武天皇は平城還都後に、この場所に礎石建ち瓦葺の第二次大極殿を新しく建立したと推定されている。それ以前は記録に見える掘立柱建物の「大安殿」があったという見方もある。現在は、基壇を復原し、新しい礎石を配している。 第一次大極殿より少し小さいが、間口9間(38m)×奥行4間(16m)、高さ21mの建物があったと想定している。階段は正面に3基復原されている。

正面には、大殿極阯の石碑が立てられている。また、七個の幡立てが設置されている。

大極殿の周囲には複廊の築地回廊がめぐり、南に南門が開き、大極殿院を構成する。

--
石碑
IMG_4260t.jpg

階段
IMG_4236t.jpg

幡立て
IMG_4249t.jpg

7個の幡立てと第一次大極殿
IMG_4259t.jpg

基壇の上
IMG_4224t.jpg

IMG_4264m.jpg


銅板による大極殿と朝堂院建物案内図
IMG_4209t.jpg

複廊築地回廊礎石復原
IMG_4204t.jpg

みあと通りから基壇
IMG_4296t.jpg

第一次大極殿院エリアから、みあと通り、を横切って第二次大極殿院エリアへ行く道
IMG_4167t.jpg






平城宮跡南門復原工事現場第2回特別公開

  2019年10月26日、27日に、国土交通省近畿整備局国営飛鳥歴史公園事務所主催の平城宮跡第一次大極殿院南門復原整備工事第2回特別公開が行われました。

前回の第一回目の公開は5月25、26日でしたが、その時はまだ立柱式を行った直後だったので、4本の柱のみが立っているだけで、その他の柱の礎石がたくさん見えていました。

今回は初重の天井格子の作業は終わっており、丸桁がかけられ、地垂木と丹土による塗装も見えました。地垂木で塗装していない部分は、隠れてしまう部分だそうです。

 今回は隅の尾垂木や地垂木と飛檐垂木の関係、木負の構造ががよくわかりとても興味深かったです。 また、自然の節理により、ひび割れている材は、見えないところでうまく使われていました。 

前回の見学時より、工事の進み具合がとても速いので驚きました。 この段階で見学会が行われ、初重の構造がよくわかり大変良かったです。 また見学会では、法隆寺の宮大工の西岡棟梁が復原した槍鉋を用いた仕上げが、若い宮大によって引き継がれている事に感心しました。古代道具を使いこなして一人前になるためには10年かかると言っていました。
 
そうした古代の技術の継承を行いながらも、現在の耐震化工法を適用して、隠れた部分にはしっかりと頑丈な鉄骨が仕込まれていました。また、別の棟の作業場にはコンピュータ制御の製材機械やNC工作機械が持ち込まれ、現代日本の最先端の製材技術が用いられていました。巨大な素屋根の鉄骨による構造物と南門の絵は、羅城門があった大和郡山市の郡山城の天主台からもはっきりと見えています。

--
平城京第一次大極殿院周辺エリア
IMG_7508t.jpg

第一次大極殿
IMG_4074t.jpg



南門工事用素屋根
IMG_7507t.jpg

ポスター
IMG_3118t.jpg


公開現場

IMG_4071t.jpg

IMG_4072t.jpg

10月26日段階 丸桁 初重地垂木多数。縦の灰色の鉄柱は耐震補強材
IMG_3932t.jpg

別方向から1
IMG_3952t_2019103107264262c.jpg

別方向から2
IMG_3925t.jpg


ギザギザは木負、飛檐垂木をのせる
IMG_4035t.jpg

丹塗りした丸桁、地垂木(奥は塗装なし)、木負
IMG_3962t.jpg

隅木(飛檐隅木、地隅木)
IMG_3956t.jpg

飛檐隅木、地隅木を横から見る。これから組み立てる造作済の地垂木などが床に山積み
IMG_4036t.jpg

丸桁、地垂木
IMG_4043t.jpg

--
大斗と肘木
IMG_4002t.jpg


南門構造各パーツの名称
IMG_4047t.jpg






東大寺俊乗堂特別開扉

 7月5日に所属する歴史愛好会の例会で、 東大寺復興の拠点となった鐘楼が立つ丘の史跡を尋ねました。

2019年7月5日は、治承4年(1180)の平氏による東大寺焼打ち後、東大寺の復興に大きな足跡を残した俊乗房重源上人(1121〜1206)の命日に当たり、鐘楼の丘エリアに建つ俊乗堂(江戸時代建立)に東大寺の僧侶が出仕し、厳粛に法要が営まれました。

法要終了後、俊乗堂の扉が開かれ、秘仏が一般にご開帳になりました。 俊乗堂が開扉されるのは、7月5日の俊乗忌と12月16日の良弁忌の日だけです。 

ご本尊の重源上人坐像(鎌倉時代、国宝)は、口を固く結び、骨太の手には数珠を繰り出し、全体像は岩をも砕くような強固な意志を持つ、晩年の重源上人像をリアルに表す傑作です。伝快慶作と伝えられているそうですが、最近では作風からして運慶作説も有力だそうです。

正面に向かって左手には、愛染明王坐像(平安時代、重要文化財)が安置されています。この像を拝観して、西大寺の愛染明王像を思い出しました。

正面右手には、穏やかな表情の阿弥陀如来(鎌倉時代、快慶作、重要文化財)がお立ちになった像がありました。 足に怪我をされており、痛々しかったです。

俊乗堂の他、念仏堂、行基堂、鐘楼の建築様式などについて説明を受けた後、法華堂を拝観し、大湯屋へ行く予定でしたが、この日は、大湯屋は非公開のため見学はできませんでした。今後も大湯屋の公開の予定はないそうです。

--
俊乗堂
IMG_0030s_20190714180355034.jpg


IMG_0069s_20190714180400974.jpg

説明板
IMG_0033s_20190714180357e3b.jpg

特別開扉
IMG_0032s_2019071418035638c.jpg

俊乗房重源上人坐像(配布パンフレットより)
IMG_0106s_2019071418040269c.jpg

念仏堂
IMG_0065s_201907141803590fb.jpg

鐘楼
IMG_0073s.jpg

説明
IMG_0041s_20190715082133551.jpg

IMG_0035s_20190715081832600.jpg

IMG_0044s_2019071508183590d.jpg

IMG_0046s_2019071508183673a.jpg

IMG_0051s_20190715081838344.jpg


--

平城京跡南門復原工事特別公開

 国土交通省近畿地方整備局と国営平城宮跡歴史公園事務所は、2019年5月25日(土)・26日(日)に、平城京跡第一次大極殿院の南門復原工事特別公開を行いました。 工事現場は巨大な鉄骨製の素屋根で覆われており、この素屋根はレールで移動できるようになっており、南門工事終了後は、東楼、西楼の工事用の素屋根として使われるそうです。

南門復原工事は、建設大手の清水建設が担当しており、現場近くの木材加工所にNC加工機や、製材の最新機械も持ち込んで工事をされています。 古代建築の重要な部分は人手で匠の技術を使って槍鉋などを使って仕上げます。

先日、南門の立柱式が行わればかりで、新聞・TVで報道されていましたが、そのとき立てられた4本の柱が立っていました。 今回使われている柱は、吉野・熊野・紀伊の山林で植林された桧木を伐採して使っているため、木を乾かしながら、含水量を測定しながら造作を行っているとのことです。柱は法隆寺の古代建築とは違って、すべて芯持ち柱とせざるを得ないのです。

南門の復原
 奈良文化財研究所が1973年と2005年に南門跡の発掘調査を行いましたが、南門の礎石は出土せず、基壇の大きさや、階段の位置などから、間口5間、奥行2間で二重屋根をもつ入母屋造りの南門を想定して、復原することとしました。
現場には6×3=18個の礎石が置かれていますが、全国から収集した礎石が使われています。礎石の柱座を円形に加工して、中央にダボを作って柱を据付けるようにしています。

南門復原工事が完了するのは令和4年(2022年)になるとのことです。現在は、まだ柱が4本立ったばかりですが、今後この柱は取り外され乾燥させ、また立てられるそうです。今後も、工事が進行するにつれ現場公開もされるそうですので、大極殿のときのように経過を見てみたいと思っています。

--
朱雀門前
IMG_8974s.jpg

朱雀門から南門素屋根
IMG_8975s.jpg

朱雀門額
IMG_8980s_20190529000237923.jpg

第一次大極殿院南門方向(宮内を近鉄電車が走る)
IMG_8988s_2019052900023949a.jpg

広大な平城宮跡
IMG_8995s_20190529000240826.jpg

第一次大極殿(復原)
IMG_9000s_20190529000241fcc.jpg


特別公開案内板
IMG_8993s.jpg

南門素屋根(完成図)と大極殿
IMG_8996s.jpg

特別見学入口
IMG_9003s.jpg

階段を上る
IMG_9005s_20190529001512f1a.jpg

同上
IMG_9006s_20190529001514fee.jpg

工事用足場を上る
IMG_9008s.jpg

さらに上へ
IMG_9009s_20190529001516144.jpg

巨大な鉄骨の素屋根
IMG_9010s_20190529001518a38.jpg

最後の階段
IMG_9011s_20190529001519ade.jpg


階上から南門礎石と柱
IMG_9029s_201905260823362e7.jpg

巨大な素屋根
IMG_9098s.jpg

立柱式で使われた柱
IMG_9101s_2019052608234171a.jpg

匠による作業公開
IMG_9013s_20190526082334d8b.jpg

はつり作業
IMG_9045s_201905260823378da.jpg

巨大な柱
IMG_9050s.jpg







大和文華館 富岡鉄斎展

  大和文華館(奈良市学園南一丁目)の桜が満開との報に接し、折から開催中の特別企画展・『富岡鉄斎展--文人として生きる--』に出かけました。
 
 文華館前の『三春滝桜』は、昭和59年に福島県三春町から天然記念物「三春滝桜」の若木を寄贈され、育てられたもので、それ以来35年が経ち、今では高さ9メートルまで成長しています。

 富岡鉄斎(1936-1924)は、近代日本を代表する文人画家で、中国北宋の文人・蘇軾(そしょく)に傾倒し、生涯一万点を越える多彩な書画作品を残しました。

鉄斎は「万巻の書を読み、万里の路を行く」という中国文人の理想を、生涯に渡って実践し、日本全国を訪ねました。鉄斎は奈良においても名所旧跡を訪ね、月ヶ瀬を描いた作品「月ヶ瀬図巻」や「奈良八重桜図」など、多くの書画を残しました。

鉄斎は40代の6か月間ではありましたが、石上神宮の少宮司を務め、現在境内入口に掲げられている、石標の社号や、鏡池背後に建つ石碑・諸霊招魂碑を揮毫しました。


--
大和文華館門前
IMG_7750s_20190405185516b15.jpg

富岡鉄斎展
IMG_7748s.jpg

文華館
IMG_7674s_20190405185459db3.jpg

IMG_7739s.jpg

三春滝桜
IMG_7694s_2019040518550307b.jpg

IMG_7681s_20190405185501600.jpg

IMG_7690s_2019040518550154f.jpg

IMG_7711s.jpg

IMG_7722s_20190405185509baa.jpg

IMG_7727s_20190405185510ba6.jpg

IMG_7730s_2019040518551254c.jpg

IMG_7718s.jpg

IMG_7720s_20190405185507e49.jpg
--
石上神宮
社標(富岡鉄斎書)
IMG_6479s_20190405211903a6d.jpg

石上神宮
IMG_6492s_20190405211905f32.jpg

諸霊招魂碑(富岡鉄斎書)
IMG_6528s_20190405211906983.jpg









 
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR