FC2ブログ

東大寺俊乗堂特別開扉

 7月5日に所属する歴史愛好会の例会で、 東大寺復興の拠点となった鐘楼が立つ丘の史跡を尋ねました。

2019年7月5日は、治承4年(1180)の平氏による東大寺焼打ち後、東大寺の復興に大きな足跡を残した俊乗房重源上人(1121〜1206)の命日に当たり、鐘楼の丘エリアに建つ俊乗堂(江戸時代建立)に東大寺の僧侶が出仕し、厳粛に法要が営まれました。

法要終了後、俊乗堂の扉が開かれ、秘仏が一般にご開帳になりました。 俊乗堂が開扉されるのは、7月5日の俊乗忌と12月16日の良弁忌の日だけです。 

ご本尊の重源上人坐像(鎌倉時代、国宝)は、口を固く結び、骨太の手には数珠を繰り出し、全体像は岩をも砕くような強固な意志を持つ、晩年の重源上人像をリアルに表す傑作です。伝快慶作と伝えられているそうですが、最近では作風からして運慶作説も有力だそうです。

正面に向かって左手には、愛染明王坐像(平安時代、重要文化財)が安置されています。この像を拝観して、西大寺の愛染明王像を思い出しました。

正面右手には、穏やかな表情の阿弥陀如来(鎌倉時代、快慶作、重要文化財)がお立ちになった像がありました。 足に怪我をされており、痛々しかったです。

俊乗堂の他、念仏堂、行基堂、鐘楼の建築様式などについて説明を受けた後、法華堂を拝観し、大湯屋へ行く予定でしたが、この日は、大湯屋は非公開のため見学はできませんでした。今後も大湯屋の公開の予定はないそうです。

--
俊乗堂
IMG_0030s_20190714180355034.jpg


IMG_0069s_20190714180400974.jpg

説明板
IMG_0033s_20190714180357e3b.jpg

特別開扉
IMG_0032s_2019071418035638c.jpg

俊乗房重源上人坐像(配布パンフレットより)
IMG_0106s_2019071418040269c.jpg

念仏堂
IMG_0065s_201907141803590fb.jpg

鐘楼
IMG_0073s.jpg

説明
IMG_0041s_20190715082133551.jpg

IMG_0035s_20190715081832600.jpg

IMG_0044s_2019071508183590d.jpg

IMG_0046s_2019071508183673a.jpg

IMG_0051s_20190715081838344.jpg


--

平城京跡南門復原工事特別公開

 国土交通省近畿地方整備局と国営平城宮跡歴史公園事務所は、2019年5月25日(土)・26日(日)に、平城京跡第一次大極殿院の南門復原工事特別公開を行いました。 工事現場は巨大な鉄骨製の素屋根で覆われており、この素屋根はレールで移動できるようになっており、南門工事終了後は、東楼、西楼の工事用の素屋根として使われるそうです。

南門復原工事は、建設大手の清水建設が担当しており、現場近くの木材加工所にNC加工機や、製材の最新機械も持ち込んで工事をされています。 古代建築の重要な部分は人手で匠の技術を使って槍鉋などを使って仕上げます。

先日、南門の立柱式が行わればかりで、新聞・TVで報道されていましたが、そのとき立てられた4本の柱が立っていました。 今回使われている柱は、吉野・熊野・紀伊の山林で植林された桧木を伐採して使っているため、木を乾かしながら、含水量を測定しながら造作を行っているとのことです。柱は法隆寺の古代建築とは違って、すべて芯持ち柱とせざるを得ないのです。

南門の復原
 奈良文化財研究所が1973年と2005年に南門跡の発掘調査を行いましたが、南門の礎石は出土せず、基壇の大きさや、階段の位置などから、間口5間、奥行2間で二重屋根をもつ入母屋造りの南門を想定して、復原することとしました。
現場には6×3=18個の礎石が置かれていますが、全国から収集した礎石が使われています。礎石の柱座を円形に加工して、中央にダボを作って柱を据付けるようにしています。

南門復原工事が完了するのは令和4年(2022年)になるとのことです。現在は、まだ柱が4本立ったばかりですが、今後この柱は取り外され乾燥させ、また立てられるそうです。今後も、工事が進行するにつれ現場公開もされるそうですので、大極殿のときのように経過を見てみたいと思っています。

--
朱雀門前
IMG_8974s.jpg

朱雀門から南門素屋根
IMG_8975s.jpg

朱雀門額
IMG_8980s_20190529000237923.jpg

第一次大極殿院南門方向(宮内を近鉄電車が走る)
IMG_8988s_2019052900023949a.jpg

広大な平城宮跡
IMG_8995s_20190529000240826.jpg

第一次大極殿(復原)
IMG_9000s_20190529000241fcc.jpg


特別公開案内板
IMG_8993s.jpg

南門素屋根(完成図)と大極殿
IMG_8996s.jpg

特別見学入口
IMG_9003s.jpg

階段を上る
IMG_9005s_20190529001512f1a.jpg

同上
IMG_9006s_20190529001514fee.jpg

工事用足場を上る
IMG_9008s.jpg

さらに上へ
IMG_9009s_20190529001516144.jpg

巨大な鉄骨の素屋根
IMG_9010s_20190529001518a38.jpg

最後の階段
IMG_9011s_20190529001519ade.jpg


階上から南門礎石と柱
IMG_9029s_201905260823362e7.jpg

巨大な素屋根
IMG_9098s.jpg

立柱式で使われた柱
IMG_9101s_2019052608234171a.jpg

匠による作業公開
IMG_9013s_20190526082334d8b.jpg

はつり作業
IMG_9045s_201905260823378da.jpg

巨大な柱
IMG_9050s.jpg







大和文華館 富岡鉄斎展

  大和文華館(奈良市学園南一丁目)の桜が満開との報に接し、折から開催中の特別企画展・『富岡鉄斎展--文人として生きる--』に出かけました。
 
 文華館前の『三春滝桜』は、昭和59年に福島県三春町から天然記念物「三春滝桜」の若木を寄贈され、育てられたもので、それ以来35年が経ち、今では高さ9メートルまで成長しています。

 富岡鉄斎(1936-1924)は、近代日本を代表する文人画家で、中国北宋の文人・蘇軾(そしょく)に傾倒し、生涯一万点を越える多彩な書画作品を残しました。

鉄斎は「万巻の書を読み、万里の路を行く」という中国文人の理想を、生涯に渡って実践し、日本全国を訪ねました。鉄斎は奈良においても名所旧跡を訪ね、月ヶ瀬を描いた作品「月ヶ瀬図巻」や「奈良八重桜図」など、多くの書画を残しました。

鉄斎は40代の6か月間ではありましたが、石上神宮の少宮司を務め、現在境内入口に掲げられている、石標の社号や、鏡池背後に建つ石碑・諸霊招魂碑を揮毫しました。


--
大和文華館門前
IMG_7750s_20190405185516b15.jpg

富岡鉄斎展
IMG_7748s.jpg

文華館
IMG_7674s_20190405185459db3.jpg

IMG_7739s.jpg

三春滝桜
IMG_7694s_2019040518550307b.jpg

IMG_7681s_20190405185501600.jpg

IMG_7690s_2019040518550154f.jpg

IMG_7711s.jpg

IMG_7722s_20190405185509baa.jpg

IMG_7727s_20190405185510ba6.jpg

IMG_7730s_2019040518551254c.jpg

IMG_7718s.jpg

IMG_7720s_20190405185507e49.jpg
--
石上神宮
社標(富岡鉄斎書)
IMG_6479s_20190405211903a6d.jpg

石上神宮
IMG_6492s_20190405211905f32.jpg

諸霊招魂碑(富岡鉄斎書)
IMG_6528s_20190405211906983.jpg









 

東大寺お水取り

 2019年3月6日に奈良ファン倶楽部主催の東大寺お水取りの解説付き特別拝観に行ってきました。 お松明に先立って二月堂北参籠所で講演がありました。 申し込んだときは東大寺長老の筒井寛昭師が講演を行うことになっていましたが、昨年12月に練行衆に選ばれ、本年は修二会の法会を取り仕切る和上を務めておられるので、講演は東大寺史研究所の坂東俊彦氏によって行われました。 

坂東氏は修二会(お水取り)の起源や行法の概略について、スライドを示して分りやすく説明されました。

講演会終了後は、お松明を各自で見て、終了後は練行衆の行を二月堂内陣に入って聴聞しました。この日は小雨でしたが、例年と違って比較的暖かくてよかったです。お松明は今年は二月堂舞台の上で見学しました。

大勢のアマチュアカメラマンで舞台上は混雑していたため写真撮影は大変でしたが、真近で童子の松明を担ぐ姿や、火の粉を散らす様子を見物できてよかったです。

なお、舞台へ登れるのは3月1日から7日までで、3月8日〜14日は立ち入ることが禁止されていました。

童子は長さ6m、重さ40Kgの松明を担いで、参籠所から二月堂まで約80段の石段を上ります。真竹の先には松脂を多く含んだ松明を付けて練行衆が上堂するための灯りとします。ぐるぐる廻すのは松脂が松明全体に行きわたるようにするためだそうです。
童子はヘルメットもかぶらず松明を担いでいるので、何かの拍子に火の粉を被らないとも限らないぞと思いました。

上の舞台にいると、練行衆の差懸(下駄)の音や、掛け声、半鐘の音、読経の声、声明などが聞こえてきます。最初は一人の練行衆が二月堂に上堂して、内陣を廻っています。 残りの10人の練行衆が上堂するための灯りとして、10本の松明が順次上がります。 最初は一人の練行衆が先駆けて内陣を廻って差懸の音を立てていますが、次に二人目の練行衆も廻るため音が2つになります。 最後に11人の練行衆の差懸の音がリズミカルに二月堂内に響き渡ります。

--
大仏殿から二月堂へ至る階段
IMG_5989s_20190310204615a3e.jpg

二月堂下(四月堂、開山堂、閼伽井屋、興成神社、良弁杉)
IMG_5999s_20190310204616a8a.jpg

二月堂舞台より
IMG_6010s_20190310011803a9b.jpg

天平の甍
IMG_6013s_201903100118052db.jpg

参籠所の煙と松明上堂の石段の屋根
IMG_6002s_20190310011759631.jpg

寺院関係者による見学者に対する要注意
IMG_6003s.jpg


舞台滞在許可期間
IMG_6014s_201903100118065cb.jpg

西の局(法会を聴聞)
IMG_6009s_201903100118028f2.jpg

暮れなずむ二月堂舞台
IMG_6019s.jpg

お堂に水を散布する
IMG_6022s_201903102046175e2.jpg


二月堂下と良弁杉
IMG_6031s.jpg

----------------------
お松明上堂

石段から1本目の松明の灯りが見えてきた
IMG_6043s_201903100141479e1.jpg

階段上まで上堂
IMG_6045s_20190310014148d57.jpg

お松明、舞台第一コーナへ
IMG_6049s.jpg

火の粉が散る
IMG_6050s_20190310014151770.jpg

IMG_6051s_201903100141521e3.jpg

振り回す
IMG_6054s_20190310014154039.jpg

高く差し出す
IMG_6062s.jpg

次のコーナへ
IMG_6079s.jpg

2本目の松明
IMG_6133s.jpg

IMG_6134s_201903100142006de.jpg

IMG_6144s_201903100142010e8.jpg

IMG_6147s.jpg

IMG_6169s.jpg

IMG_6183s_201903100142064d7.jpg

3本目の松明
IMG_6184s.jpg

IMG_6185s_201903100142091bb.jpg

IMG_6186s_2019031001421088f.jpg

飛び散る火の粉
IMG_6187s.jpg

IMG_6190s.jpg

IMG_6191s.jpg
--
お松明終了後の舞台
IMG_6198s.jpg




正暦寺

正暦寺(しょうりゃくじ)  奈良市菩提山町157
 菩提山真言宗

定期観光バスツアーで円照寺と正暦寺(しょうりゃくじ)を拝観しました。

正暦寺は円照寺の近く奈良市の南近郊、菩提仙川の源流の山里の中にあり、秋の紅葉が特に有名です。冬の閑散とした正暦寺もまた良いものです。昨秋の台風21号によって倒された川沿いの、大きな、けや木を伐採する作業員の姿を見かけました。

正暦寺では住職から詳しくお寺の由来や仏像について法話を頂き、広い境内を案内して頂きました。その後、冬場は予約客だけに提供されるとても美味しい精進料理を別棟で頂きました。

正暦寺は、平安時代の正暦3年(992年)に一条天皇の勅命を受けて、藤原兼家の息子、兼俊僧正によって創建されました。寺号は年号からとって「正暦寺」と名付けられました。
当初は、堂塔伽藍が86坊も建ち、勅願寺としての偉容を誇りました。現在の全山の石垣に往時を偲ぶことができます。

1180年(治承4)の平重衡による南都焼打ちによる類により一時荒廃しましたが、その後、1218年(建保6)に興福寺別当の信円僧正によって、再興され興福寺の別所として栄えました。

その後、江戸時代中期以降は急速に衰退し、ほとんどの堂塔は失われ、現在は、江戸時代建立の福寿院客殿(1681年建立、国重要文化財)、護摩堂、大正時代再建の本堂、鐘楼などわずかな建物が残っているだけになっていますが、現在住職が再興目指して頑張っておられます。

なお、室町時代には菩提仙川沿いに存在する酵母を利用した清酒造りが行われ、「清酒発祥の地」の石碑が建っています。

--
山門

IMG_5383s.jpg

庭園
IMG_5366s.jpg

庭園
IMG_5371s_201902180039103a8.jpg

孔雀明王(鎌倉時代、木造、県文化財指定)
客殿内部 襖・欄間 狩野永納作の絵
IMG_5378s_20190218003911913.jpg

正暦寺全山86坊絵図(赤色が福寿院)
IMG_5361s_2019021800390565e.jpg

正暦寺略年表
IMG_5362s_201902180039070a8.jpg

本堂への石段の石仏(鎌倉時代 宝篋印塔など)
IMG_5389s.jpg

本堂(薬師堂)
IMG_5390s.jpg

本堂境内俯瞰
IMG_5397s.jpg

--
精進料理
IMG_0762s_201902180039047fa.jpg

--
奈良市南部地図

IMG_5402s_20190218003919ca8.jpg





















プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR