FC2ブログ

大和郡山市 中谷酒造見学会

 2月1日大和郡山市番条町に所在する中谷酒造(株)の酒蔵見学会に行ってきました。中谷酒造はペリーが来航した嘉永6年(1853年)創業の老舗の酒造メーカです。

 1585年に大納言豊臣秀長が築城した100万石の郡山城下にほど近い環濠集落、番条町に所在します。番条町は奈良市菩提山正暦寺から流れる菩提仙川と佐保川の合流地点の環濠集落で、古代の下ツ道がすぐそばを通っています。道の両側は低くなっており、道路自体が菩提山川の請堤になっており、洪水から集落を守ります。

 正暦寺は1218年に興福寺別当の信円僧正によって法相宗の学問寺として再興され、興福寺の別院として栄えました。正暦寺では室町時代から清酒の醸造法を開発して、酒を大阪へ売って大儲けをしていました。

佐保川沿いの番条町には河の港が造られ、大阪堺へ大和川の水運を利用して酒を運びました。

中谷酒造は由緒正しい古くからの大和の正暦寺の酒造法を受け継ぎ、さらに近代の技術も導入して発展させて独自の萬穣・朝香・頴のブランドを造り出しています。 

試飲では「三日踊り」をとてもおいしく頂きました。 参加者はたくさん土産の酒を買っておられました。 また、地元の名酒 「豊臣秀長」 は絶品です。

ーー
試飲 三日踊
IMG_5975j.jpg


IMG_5973j.jpg

IMG_5972j.jpg

--
地図
IMG_6179j.jpg

--
中谷酒造玄関

IMG_5926j.jpg

大神神社 志るしの杉玉
IMG_5927j.jpg

酒蔵(大和葺き)
IMG_5931j.jpg

酒壺と中屋のれん
IMG_5991j.jpg

菩提山(上)と佐保川(下)合流地点
IMG_6032j.jpg

佐保川南方面
IMG_6025j.jpg

稗田方面からの水路ゲート
IMG_6042j.jpg

菩提山川(左)と番条環濠集落(右)
IMG_6082j.jpg

菩提山川に掛かる橋
IMG_6088j.jpg

番条の環濠(一部)
IMG_6128j.jpg

番条橋(南方面、旧下ツ道)
IMG_6156j.jpg

稗田団地方面(北方面、旧下ツ道)
IMG_6158j.jpg










松尾寺 厄除け霊場

 奈良県大和郡山市に所在する松尾寺は、718年(養老2年)、舎人親王が日本書紀の完成と、自身の42才の厄年の厄除けを祈願して、法隆寺東院住持永業禅師とともに金堂等を創建された、日本最古の厄除け霊場です。奈良時代からの観音霊場、修験道霊場として知られる古刹です。

 親王が、養老2年2月初めの午の日に、松尾山で参籠中に、東の山に紫の雲たなびき(瑞雲)、千手千眼観世音菩薩が出現したといいます(「松尾寺縁起」)。南惣門から300メートルのところに、親王が観音様を感得したとされる、「伏せ拝みの伝承地」が、あります。

松尾寺は、中世から江戸時代にかけて興福寺一条院の末寺で、近年までは真言宗醍醐寺派に属していました。

金堂は1272年に再建されましたが、1277年に焼失し、1337年にまた再建され、松尾寺本堂(重要文化財)となっています。
 
 2020年2月9日の初午(はつうま)の日は、関西一円から厄除け祈願に来られた参詣者で、境内は大変賑わっていました。
この日は、午前11時と午後2時の2回、修験者による柴燈大護摩奉修が行われ、参詣者は祈願の札をおさめ、修験者が祈祷をしていました。

三重塔下を通り山に登っていくと松尾神社があります。松尾寺の鎮守で昭和30年に復興され19所神社とも呼ばれています。
この地から出土した八葉蓮華紋軒丸瓦は、奈良時代後半の瓦で、発掘調査の結果、建物基壇の北端の一部と、北斜面の石垣が現れ、奈良時代の山岳寺院遺構として注目されています。

--
松尾寺北惣門
IMG_6400j.jpg

108の石段
IMG_6403j.jpg

本堂(重要文化財)
IMG_6414j.jpg

三重塔と磐座
IMG_6418j.jpg

護摩法要
IMG_6727j.jpg

法螺貝
IMG_6689j.jpg

法要願文朗読
IMG_6537j.jpg

本堂と大和平野一望
IMG_6579j.jpg

--
舎人親王供養十三重石塔
IMG_6571j.jpg


松尾神社
IMG_6603j.jpg

IMG_6607j.jpg

--
舎人親王伏せ拝みし伝承地への道
IMG_6437j.jpg

南惣門(法隆寺方面へ至る門)
IMG_6460j.jpg

風神
IMG_6443j.jpg

雷神
IMG_6452j.jpg

千手千眼観世音菩薩感得伝承地
IMG_6498j.jpg

説明板
IMG_6494j.jpg

東の空に紫雲たなびく
IMG_6496j.jpg

参考文献
大和郡山市文化財審議会 ”ふるさと大和郡山歴史事典”、大和郡山市。







郡山城天守台プロジェクションマッピング

12月21日(土)夜、大和郡山市主催のイベント、郡山城天守台プロジェクションマッピングが行われました。

郡山城跡の本丸と天守台の石垣は400年前の織豊期に築かれた巨大な石垣で、自然の巨石を加工しないで、そのまま利用して構築した野面積(のづらづみ)の石垣が残されており、最近、郡山城は続百名城にも選ばれ全国からの見学者が絶えません。

石垣を巨大なスクリーンと見立てて、阪南大学と奈良高専の学生が、大和郡山の歴史や地場産業の金魚などの映像と音楽(15分番組)を作成し、プロジェクターを使って石垣にマッピングする催しを開催しました。当日は天気に恵まれ大勢の市民が常盤郭に詰めかけ、運よく抽選にあたった人は、本丸石垣の正面に築かれた特設の階段ステージで映像を楽しみました。その他の人は、周囲から映像を見学して、終了後は大きな拍手を送っていました


当日のプログラムは以下の通りです。
 阪南大学の来村多加史先生は最初に「百万石の城~郡山城」の講演をされました。また、奈良高専の稲田直久先生は、東京大学大学院で天文学を専攻された新進気鋭の研究者で、「人類と宇宙の関わり」について講演されました。また、本日の主テーマの映像と音楽を作成された、阪南大学花川典子先生、奈良高専内田眞司先生から映像と音楽の作成過程についてお話がありました。

• 歴史講演(30分)
  阪南大学国際観光学部教授 来村 多加史 氏
• 天体講義(30分)
  奈良工業高等専門学校准教授 稲田 直久 氏
• プロジェクションマッピング(15分)
  阪南大学経営情報学部教授 花川 典子 氏
  奈良工業高等専門学校情報工学科教授 内田 眞司 氏

--
 今年も本ブログ愛読していただきありがとうございました。
  どなた様もよいお年をお迎えください。

--
IMG_4036j.jpg

IMG_4035j.jpg

IMG_4029j.jpg

IMG_4051j.jpg


IMG_4047j.jpg

-


IMG_4052j.jpg

IMG_4082j.jpg

















第25回全国金魚すくい選手権大会県予選

  2019年7月14日、大和郡山市主催の第25回全国金魚すくい選手権大会奈良県予選が、三の丸体育館で行なわれました。
県内各地から824人が参加し、紙製のすくい網(ポイ)で、3分間に何匹金魚をすくったかを競います。個人一般の部の優勝者は30匹、小・中学生の部の優勝者は28匹すくいました。団体戦ではチームなかよしが83匹すくい優勝しました。
 県予選個人140人と、団体40チームが予選を通過し、8月18日に開催される全国大会に出場します。 今年から外国人も参加できるようになりました。

大和郡山は織田信長の一国一城令により、筒井順慶が初めて郡山城に城を築きました。その後、豊臣秀長が紀伊、和泉、大和100万石の領主として郡山に入城し、城下町が発展しました。その後、増田長益が外堀を築き城下を整備しました。 

 徳川時代には水野、松平、本多など譜代の大名が入城しましたが、1724年に柳沢吉里が甲府から郡山に入城して以来、明治維新まで柳沢家が領主を務めました。吉里が郡山に国替えになったとき、当時は貴重な金魚を甲府から郡山に持ち込みました。版籍奉還で藩士が失業したとき、藩主の柳沢保申は元藩士や農民の副業として、金魚の養殖技術を発展させ、今日では年間6000万匹を養殖するまでになりました。

--
会場(世話をする高校生ボランティアなど)
IMG_1204s_20190723085954495.jpg

司会者
IMG_1198s.jpg

金魚すくい1
IMG_1192s_201907230859486a1.jpg

金魚すくい2
IMG_1193s_2019072308594922b.jpg

金魚すくい3
IMG_1202s.jpg

表彰式 団体の部優勝
IMG_1216s.jpg

自動改札機金魚水槽(?)
IMG_1213s_2019072308595553e.jpg

ポスター
IMG_1183s_201907231058144bd.jpg





矢田寺の紫陽花(2019)

 2019年6月26日(水)、西日本で過去最も遅い梅雨入りが宣言されました。 奈良盆地の西に高さ約300メートル余で、霊山寺から法隆寺まで、約10キロ程度の尾根が連なる矢田丘陵は、奈良県立自然公園「遊びの森」として保護され、自然が多く残され、春秋には整備された尾根筋の道を歩く、ハイカーで賑います。

 矢田丘陵の中間あたりに、関西屈指の紫陽花の名所としてよく知られている、天武天皇勅願の古刹矢田寺(高野山真言宗別格本山金剛山寺(こんごうせんじ))は壬申の乱に勝利した天武天皇が天武8年(679年)に智通僧正に命じて開基しました。盛時には7堂伽藍48坊を造営しました。 当初は十一面観世音菩薩と吉祥天女を本尊としていましたが、 弘仁年間に、満米上人により地蔵菩薩が安置されて以来、地蔵信仰の中心地として栄えてきました。

矢田寺のあじさいは、本尊の地蔵菩薩像にちなんで、昭和40年頃から植えられ、今日では約60種類1万株のあじさいが境内全域に植えられています。あじさいの花びらのひとつひとつが6月の雨に打たれ、さまざまに色が移ろいながら、「諸行無常の」 私たちを慰めてくれます。

 先日、映像作家の保山耕一氏(大和郡山市第7回水木十五堂賞受賞者)の「奈良には365の季節がある」と題する美しい奈良の映像を見せていただき感激しました。 命を刻んで撮影した若草山・御蓋山の壮大な雲海の映像や鹿の姿、吉野山の美しい桜吹雪の映像を見せて頂きました。 

 矢田寺と紫陽花の映像もきっと素晴らしいものとなるでしょう。矢田山から奈良盆地を眺望した知人の青一色で描いた油絵も大変素晴らしかったです。

なお、矢田寺のあじさいが咲く頃、シャンソン歌手別府葉子さんの「6月の雨」を聞いて、親しい人を亡くした心の悲しみを癒しています。 「6月の雨」の歌詞を別府葉子さんのブログから引用させて頂きます。透き通る歌声は絶品です。

 「6月の雨」

                    作詞・作曲/別府葉子

  6月の雨に濡れ 紫陽花が泣いてる
  青い花びらに露を受けとめて
  思い起こせば夏の思い出はいつもあなた
  赤い鬼灯(ほおずき)を鳴らして歩いてた
  空に天の川 笹船流した
  手をつないで見た金色の花火
  Ding Ding Dong
  Ding Ding Dong
  風は運ぶ
  Ding Ding Dong
  Ding Ding Dong
  雨の匂い

  朝顔のつるを指に巻きつけのぞきこむ
  小さなてんとう虫が羽広げた
  麦わら帽子を太陽が照らす
  今日もまた暑い一日になるかな
  Ding Ding Dong
  Ding Ding Dong
  雲の晴れ間
  Ding Ding Dong
  Ding Ding Dong
  目を細める
  Ding Ding Dong
  Ding Ding Dong
  花影にあなたの笑顔

  桜の花を揺らす風が
  いつか向日葵を吹き抜けて
  色づくもみじ流れる川が雪に凍りつくころも
  いつもあなたを いつも想ってる

  6月の雨あがり 紫陽花が輝く
  虹色の花がきらめいて揺れる


--
境内入口
IMG_9850s_20190627032700337.jpg

奥に本堂、背後の山は矢田山
IMG_9852s_201906270327010eb.jpg

東明寺方面からきてここで合流
IMG_9824s_201906270338374c5.jpg

石垣から本堂方面を望む
IMG_9804s_20190627032652f1d.jpg

参道灯籠
IMG_9808s.jpg

矢田寺は地蔵信仰のお寺
味噌なめ地蔵
IMG_9814s_20190627032655d24.jpg

地藏
IMG_9815s_201906270759309ba.jpg



本堂前参道の紫陽花
IMG_9860s.jpg

修理終わった鐘楼
IMG_9862s_20190627032704c91.jpg

鐘楼
IMG_9867s.jpg

本堂
IMG_9878s.jpg

浄土式庭園
IMG_9885s_20190627093440337.jpg

IMG_9888s.jpg

--
あじさい園
山あいの谷と斜面を利用し、立体的なあじさい園を作っています。

花のテラス:谷を一望できます。
IMG_9696s_20190627095537008.jpg


IMG_9701s.jpg

IMG_9709s_201906270814390dd.jpg

IMG_9714s.jpg

IMG_9702s.jpg

IMG_9795s_20190627081505bb8.jpg

IMG_9776s_20190627081502088.jpg

IMG_9768s_20190627081459a01.jpg

IMG_9739s.jpg

IMG_9732s.jpg


IMG_9720s.jpg

IMG_9719s_201906270814452f7.jpg

IMG_9726s_20190627095542612.jpg

IMG_9728s_201906270955446a0.jpg

IMG_9729s.jpg

IMG_9730s.jpg

IMG_9732s_201906270955486ce.jpg

IMG_9733s_20190627095550fbc.jpg


--
重要文化財 春日神社
IMG_9861s_20190627093438287.jpg

大門坊 沙羅双樹
IMG_9828s_20190627093433c64.jpg

IMG_9829s_20190627093435031.jpg

--
奈良盆地を囲む東青垣連峰
IMG_9819s_20190627102557041.jpg

IMG_9832s_20190627102558da7.jpg

IMG_9834s_2019062710255992b.jpg

IMG_9836s_20190627102600818.jpg

お見送り地蔵
IMG_9841s_20190627093435c2f.jpg


IMG_9847s_20190627093437be2.jpg











プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR