FC2ブログ

當麻寺西塔現場見学会 その3

  国宝当麻寺西塔は、平成28年6月4日から平成32年12月31日までの予定で、保存修理工事を行っています。

今回の修理は、明治44年(1911)から大正3年(1914)にかけて行われた修理以来の大修理で、隅棟の瓦の解体から始め、屋根瓦をすべて取り外して、打音検査などをして破損状況をチェックし、使えないと判断された瓦は新しく製造された瓦に置き換えられました。 西塔には約16000枚の瓦が使われていました。  

大正時代の修理のとき、大半の瓦は取り替えられ、古い瓦は三重目の屋根の南面に集められました。 軒平瓦は平安時代と室町時代、軒丸瓦は室町時代、平瓦は江戸時代と大正時代、丸瓦は大正時代のものが葺かれていました。また、境内の他の建物(本堂、金銅、講堂、東塔)の瓦も使われていました(「現場説明会配布資料」参照)。

大正時代の鬼瓦に、奈良市般若寺町 早川勇次郎製造の銘がありました。鎌倉時代の鬼瓦には銘を入れる習慣はなかったようです。

--
三重南面屋根瓦
IMG_4647s_20181227011621909.jpg

平安時代の軒平瓦
IMG_4595s.jpg

露盤と相輪
IMG_4599s.jpg

軒丸瓦
IMG_4604s_20181227011615322.jpg

IMG_4603s.jpg

IMG_4607s_201812270116163ea.jpg

平安時代軒平瓦
IMG_4609s.jpg

鎌倉後期の鬼瓦
IMG_4569s_2018122701160435a.jpg

鎌倉時代の鬼瓦(銘は入れず)
IMG_4583s.jpg2重目屋根

大正時代の鬼瓦
IMG_4501s_201812270115561a9.jpg

IMG_4521s_20181227011557d61.jpg

IMG_4522s_2018122701155824d.jpg

IMG_4523s_20181227011600682.jpg

--
3重目からの風景(もう見れない)

IMG_4586s.jpg

IMG_4556s.jpg

IMG_4555s_20181227011601fec.jpg
--
當麻寺境内地図

IMG_4509s_20181230183429af2.jpg

IMG_4512s.jpg

IMG_4513s.jpg

IMG_4515s.jpg

IMG_4516s_201812301828477a2.jpg

IMG_4519s.jpg

竹藪の中の国宝・東塔
IMG_4518s_2018123018284995d.jpg






--
當麻寺現場見学会報告終わり







當麻寺西塔現場見学会 その2

西塔の相輪
 
 西塔の相輪は下から露盤(ろばん)、伏鉢(ふくばち)、受花(うけばな)、宝輪(ほうりん)、水煙(すいえん)、竜車(りゅうしゃ)、宝珠(ほうじゅ)で構成されており、各部材を檫管(さっかん)がつないでいます。多くの塔の宝輪の数は9個ですが、當麻寺東塔と西塔は8個で大変珍しいです。相輪の長さは7.74mで, 塔総高さ24.4mの約3分の1です。

 各部材は鋳造されており、水煙と宝輪に特徴があります。 水煙は意匠から創建当初のものと考えられています。 蓮蕾(れんらい)と忍冬文(にんどうもん)の意匠が使われ、2枚を十字に組み、砲弾型の檫管に上から取りつけられています。 

今回現場において,水煙が公開され展示されていました。水煙1枚で40kgあります。宝輪は30kgあります。露盤の重さは216kgですので、相輪の総重量は約1tです。その重さが屋根上にある露盤にかかっています。

舎利容器
 西塔の心柱は心礎に据えられ、屋根上の相輪の上まで、つながっており、水煙を支えている砲弾型檫管内部の最頂部まで出ています。今回、心柱最頂部に銅筒を納め、その中に金銅製の舎利容器、銀製の舎利容器、金製の舎利容器が入れ子になって収納されていました。金製の舎利容器には舎利が収められていました。銀製容器の中には、水晶玉や水晶製の六角五輪塔、和同開珎を含む皇朝十二銭、建保や明和の修理で納められた文書、大正修理の奉納物がありました。

奈良新聞の記事によれば、今回の修理で見つかった舎利容器は奈良国立博物館に保管され、その複製品が西塔心柱最頂部に奉納されるとのことです。

今回の見学会参加者には見学終了後、記念品として舎利容器の写真(本ブログに掲載)が印刷された郵便はがきが配られました。葉書には平成31年(2019)2月19日((火)〜3月14日(木)まで、奈良国立博物館にて、金・銀・金銅製舎利容器公開が行われるとの案内文が記載されていました。

--
西塔相輪説明
IMG_4562s.jpg

露盤の現場説明パネル
IMG_4535s_20181220093313d1d.jpg


露盤(大正時代)
IMG_4536s_20181219112921df8.jpg

上から見た露盤穴
IMG_4533s_20181219112920d0f.jpg

水煙
IMG_4590s_20181219112931670.jpg

砲弾型檫管
IMG_4567s_20181219112931fb5.jpg

水煙(南北方向西面)
IMG_4561s_20181219112924e65.jpg

水煙(東西方向北面)
IMG_4565s.jpg

宝珠と竜車
IMG_4564s_20181219112927fe8.jpg

小型檫管(竜車と宝珠を取付け)
IMG_4619s.jpg


IMG_4622s_2018121911293478d.jpg

--
心柱最頂部
IMG_4743s.jpg

心柱上部を刳り抜いて舎利容器格納(配布パンフレットより)
心柱最頂部に木栓あり         蓋を外すと銅製円筒型容器あり
IMG_4741s_201812191255127b1.jpg


記念葉書掲載写真(金銅製舎利容器→銀製舎利容器→金製舎利容器)
IMG_4739s_20181219125510bb8.jpg

舎利容器奉納物のリスト(配布パンフレット掲載)
IMG_4754s.jpg













當麻寺西塔現場見学会 その1

 現在保存修理中の當麻寺の国宝・西塔の現場見学会が、2018年12月16日、17日の2日間、奈良県教育委員会事務局文化財保存事務所によって開催され、行ってきました。 来年1月には工事用足場が解体される予定なので、間近で塔の心柱や組物、屋根、水煙等を見られるのは、これが最後です。今回の修理では、1914年(大正3年)以来、100年以上経って傷んだ屋根瓦の葺替えと基壇の修理を行い、露盤を新調しました。そして、心柱最頂部から、白鳳時代の690年頃に製作されたと推定される、舎利容器が出てきて、新聞紙上で大きく報道され話題となりました。

--
国宝・西塔(白鳳時代創建、現在の塔は平安初期再建か?)

現場パネルより
IMG_4632s.jpg

境内の當麻寺縁起説明板
IMG_4430s_201812181132250dc.jpg

修理前の西塔の様子
IMG_5584s.jpg

IMG_5585s.jpg

今回配布されたパンフレットの表紙
IMG_4734s.jpg

工事用足場で囲まれた現在の西塔
IMG_4444s_20181218013409725.jpg

初重軒下組物
IMG_4457s.jpg

IMG_4454s_20181218013410fc1.jpg

IMG_4473s_2018121810494875c.jpg

IMG_4481s_20181218104951c5d.jpg

IMG_4487s_201812181049549c0.jpg

IMG_4474s_20181218104949fc3.jpg

IMG_4466s.jpg


現場パネル説明図
IMG_4472s_201812180134139c3.jpg

IMG_4473s_201812180134149f4.jpg

IMG_4478s_20181218103156e00.jpg

現場パネル(お堂の組物比較)
IMG_4489s_20181218103744e35.jpg


IMG_4491s_20181218103159051.jpg


二重目の屋根
IMG_4502s_201812181037461f4.jpg

三重目の屋根(南面)
IMG_4647s_2018121801492197f.jpg

心柱

現在の心柱は3本の木でできています。一番下の木はケヤキを使用しており、曲がっているため、心柱を囲う板の幅が長軸と短軸とで違います。 一番下はケヤキ(平安時代)、真中は桧(大正時代)、最頂部は杉(鎌倉時代)でできています。

IMG_4451s_201812180202100b0.jpg

IMG_4452s_20181218020212528.jpg

現場のパネル説明図
IMG_4545s_20181218091541c5a.jpg

IMG_4548s_20181218091543932.jpg
--
東塔(左)と西塔(右)
IMG_5608s_201812181005530e7.jpg


當麻路の史跡巡り(3)


鳥谷口古墳
 傘堂を西に行くと西大池を過ぎた二上山への登山道脇の丘陵の頂上付近に鳥谷口古墳があります。 この古墳は、飛鳥時代終末期の古墳で、一辺7.6mの方墳です。墳丘は版築で腰高に築かれており、山裾部には人頭大の貼石が葺かれていたそうです。

墓室は横口式石槨構造で、内部には漆塗り木棺が収められていました。底石や北側壁石に家形石棺の蓋石が使用されています。
この古墳は改葬墓の可能性が高く、大津皇子の墓であると考える説もあります。墳丘から明日香や多武峰、畝傍山などが一望できとても景色の良い所です。

それにしても、謀反の疑いで死を賜った大津皇子の墓にしては、転用の蓋石を使った石槨に葬られるなど、余りにも不遇の身が憐れを誘います。 伊勢の斎王であった、姉大来皇女の鬼気迫る、次の万葉歌が千数百年の歳月を越え、私たちの心をうちます。

--
大津の皇子の屍を葛城の二上山に移し葬る時に、大来皇女の哀傷して作らす歌二首
  「うつそみの 人なる我や 明日よりは 二上山を 弟と我が見む」 (巻2-165)
  「磯の上に 生ふる馬酔木を 手折らめど 見すべき君が ありといはなくに」 (巻2-166)

 「神風の 伊勢の国にも あらましを なにしか来けむ 君もあらなくに」 (巻2-163)
 「見まく欲り 我がする君も あらなくに なにしか来けむ 馬疲るるに」  (巻2-164)
--
鳥谷口古墳(奈良県指定史跡)説明板
IMG_1195s.jpg

墳丘
IMG_1199s_20180519013825864.jpg

墳頂近く
IMG_1220s.jpg

史跡指定
IMG_1203s.jpg

石室が保護
IMG_1218s.jpg

内部の石槨
IMG_1204s_201805190138289da.jpg

大和盆地
IMG_1214s.jpg

畝傍山
IMG_1213s.jpg
      

當麻路の史跡巡り(2)

中将姫の墓塔
 當麻寺の北門を出て、二上山麓の集落の墓地に入った場所に、中将姫の墓塔と伝わる十三重の石塔があります。ここから、二上山が望める良い場所に建っています。

中将姫の墓塔説明板
IMG_1163s.jpg

十三重石塔
  中将姫の墓塔との伝承がる。花崗岩製で高さ2.85m、塔身に二重円光背を彫り、蓮華座の四方に四仏を彫っている。相輪は欠損している。鎌倉末の作。
 左横に凝灰岩製の層塔が残る。基礎は低く、塔身に金剛四仏の種子を雄大な字体で、薬研彫りしている。

IMG_1172s_20180517221127726.jpg

二上山を眺望
IMG_1169s.jpg

五輪塔
 古様な形態の五輪塔。平安後期の造立と考えられる。国重要文化財。

IMG_1170s_20180518101518f16.jpg


--
傘堂
  郡山藩主本多政勝(1614-1671)の影堂または位牌堂として、郡奉行吉弘統家によって建立されたことが、鐘に刻まれています。 真柱一本の宝形造木瓦葺です。北側に釣鐘を吊るす器具が取り付けられています。東側の上の台座に阿弥陀仏が安置されており、5月14日に特別に開扉される。

傘堂説明板
IMG_1177s_201805172220551ff.jpg

傘堂全景
IMG_1185s_201805172220593a2.jpg

傘堂(東側)
IMG_1183s.jpg


軒丸瓦(本多家銘)
IMG_1187s_20180517222100119.jpg


IMG_1180s.jpg


IMG_1192s.jpg

阿弥陀如来像安置
 5月14日に御開帳となる。
IMG_1193s.jpg

--
當麻山口神社
 二上山裾、岩屋越えの街道沿いに所在する、式内大社である。平城遷都後に追加された大和八社の山口神社の一つである。

IMG_1174s.jpg

IMG_1175s.jpg

IMG_1223s_20180518103347a9a.jpg

IMG_1222s_20180518103346cf1.jpg










プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR