FC2ブログ

藤原京第195次調査

 2018年3月3日に飛鳥藤原京第195次調査現地説明会があり、藤原宮跡へ行って来ました。当日は天候が良く大勢の考古学ファン(645名)が集まり、担当者の現地説明を熱心に聞いていました。 

藤原宮は694年から710年までの16年間、持統、文武、元明とつづく三代の天皇が都を置いた宮殿です。 藤原京は、中国の都城(周礼)を参考にして造った、日本最初の条坊制を敷いた本格的な都城です。

 大極殿院は宮殿の中心に位置し、東西120m、南北170mの回廊で囲まれた空間です。今回は回廊の東北隅部を面的に発掘調査し、東面回廊の礎石据え付け跡を6カ所、見つけました。その結果、東面回廊は複廊であったことを確認しました。 東北隅の東回廊の桁行の柱間寸法は3.8m(北端), 4.1m(その南)で、梁行は2.9mです。 回廊の基壇は版築による造成が行われています。 

 北面回廊は礎石据え付け跡11カ所検出しました。北側の柱筋の遺構の残りが良くなかったですが、根石由来と想定される玉石が散布された後があり、北面廊下も複廊であった可能性が高いそうです。

東北隅のコーナで、L字形の溝跡を検出し、雨水排水の溝であったと想定されます。


現地説明会ボード
IMG_6022s.jpg

東北隅回廊発掘調査図面
IMG_6001s_20180314224538b82.jpg

発掘現場(東より撮影)
IMG_6012s.jpg

同上
IMG_6014s.jpg

発掘現場(西より撮影)
IMG_6030s_20180314224544a56.jpg

L字型溝
IMG_6068s.jpg

土器
IMG_6047s_2018031422454535e.jpg

軒平瓦
IMG_6048s_2018031422454706f.jpg

軒丸瓦
IMG_6051s_20180314224548dcc.jpg

藤原宮地図
IMG_6073s.jpg

藤原宮説明板
IMG_6075s.jpg




藤原京朝堂院朝廷の調査現地説明会

2016年10月2日11:00より、藤原京朝堂院朝廷の調査現地説明会(飛鳥藤原京189次調査現地説明会)がありました。

藤原京における現地説明会への参加は久しぶりです。今回の調査区は大極殿南門の南側で、朝堂院朝廷の北の端に当たる場所です。ここで、今回柱穴A、B、C、Dが見つかり、以前の調査で見つけた柱穴E、F、Gと合わせて合計7基が揃うことになりました。

これらの柱穴は、誰もが知っている「続日本紀」文武天皇条大宝元年(701)年の記事、

 『春正月一日に、文武天皇は大極殿に出御して官人の朝賀を受けられた。その儀式の様子は、大極殿の正門に、鳥形(うけい)の幢(先端に鳥の像の飾りをつけた幢)を立て、左には日像(日の形を象(かた)どる)・青竜(東を守る竜をえがく)・朱雀(南を守る朱雀をえがく)を飾った幡(はた)、右側には月像・玄武(北を守る鬼神の獣頭をえがく)・白虎(西を守る虎をえがく)の幡を立て、蕃夷(ここでは、新羅、南嶋(みなみのしま)など)の国の使者が左右に分れて並んだ。こうして文物の儀礼がここに整備された。』(宇治谷孟 「続日本紀」(上)、講談社学術文庫、p34)

に記述がある、7基の幡の柱穴であるというのが、奈良文化財研究所の見解でした。

この記事で左右は天皇から見たときの左右に当たるので、柱穴との対応は次のようになります。
 A:鳥形幢 B:月像 C:玄武 D:白虎 E:日像 F:青龍 G:朱雀
ただし、Aは中軸線にあり、B,C,DとE,F,Gはそれぞれ三角形に配置されており、一直線上にはありません。

また、柱穴は検出されていますが、旗に関する物的遺物は何も出土していません。何か出土しておれば面白いのですが、証拠はありません。早川和子さんの想像図が展示されていましたが、どのような幡であったのかは実際は何も証拠がありませんので不明です。

草の中を現場へ
IMG_6603s.jpg

赤柱が大極殿南門跡を示す(7間×2間)
IMG_6608s.jpg


IMG_6612s_20161003061301af0.jpg

開始1時間前から行列(パンフは係員が配布)
IMG_6650s_20161003061303c58.jpg

現場説明板
IMG_6654s.jpg

柱穴A、B、C、D、E、F、G
Aは中軸上に配置され、B、C、DとE、F、Gはそれぞれ三角形の頂点に配置されています。

IMG_6671s.jpg

発掘現場 後は大極院殿跡(旧鴨公小学校跡地) 
IMG_6704s_2016100306280027f.jpg


IMG_6705s.jpg

IMG_6707s_201610030628031c6.jpg

柱穴A
IMG_6711s_20161003063918017.jpg

柱穴B
IMG_6692s.jpg


柱穴C
IMG_6690s.jpg

柱穴D
IMG_6691s_20161003063915249.jpg


IMG_6665s_20161003064409a20.jpg


早川氏想像図
IMG_6677s_201610030647028e0.jpg

礫敷広場(藤原宮期)
 朝堂院朝廷は役人が整列する広場で、現場には径3cmから拳大の石と灰色砂が敷き詰められていた跡がありました。以前に飛鳥京跡のエビノコ郭の発掘調査ではもっと大きな石がびっしりと敷き詰められているのを見ましたが、藤原京の礫広場の石は小さく、朝廷にしては貧弱な礫敷き広場であるという印象を持ちました。

説明版より
IMG_6658s.jpg

礫が散在
IMG_6761s_20161003072849e1c.jpg

中軸付近 礫がチラホラ
IMG_6707s_20161003072848eb6.jpg







藤原京現地説明板
IMG_6853s_20161003064412c1f.jpg

IMG_6851s.jpg

IMG_6882s_20161003064413191.jpg






下ツ道周辺の史跡を歩く(2)

下ツ道周辺の史跡を歩くの続きです。

前回はおふさ観音を訪ねましたが、その南にある東西の道を1キロほど東へ行くと国特別史跡の藤原宮跡があります。ここを初めて訪れた人は皆その広大な宮域に驚きます。

<藤原京跡> (橿原市高殿町・縄手町・醍醐町・別所町、明日香村)

 694(持統8)年12月6日持統天皇が飛鳥浄御原宮から藤原宮へ遷都してから文武天皇を経て、710(和銅3)年3月元明天皇が平城遷都を行うまでの都として16年にわたって栄えたところである。我が国最初の条坊制を残している。かって、都は古代の幹線道路である中ツ道・下ツ道・山田道・横大路で囲まれた、東西2.1km、南北3.2kmの範囲と考えられていた。しかし最近の発掘調査により、京域は大和三山を含めて東西十坊(5.3km)の範囲まで広がることが明らかになっている。藤原京の中心には約1km四方の藤原宮が位置する。この配置は中国の理想的な王城をそのまま形にしたのではないかともいわれている。

 藤原京に都があった期間はわずか16年間であったが、歴史的に重要なことが行われた。文武天皇の701年に大宝という年号が制定され、この年大宝律令が制定された。そして藤原不比等がその功績から正三位大納言の位を授与された。702年粟田真人らを遣唐使として長安に派遣し、真人は704年に帰国した。その後、710年に平城京への遷都を行った。

<藤原宮跡>
国特別史跡藤原宮の石碑:看板の後方の高まりが大極殿跡
1IMG_4041s.jpg

特別保存地区の表示
1kIMG_4039s.jpg

大極殿跡に建つ石碑:持統天皇文武天皇藤原宮跡とある
2IMG_4046s.jpg

鴨公神社
3IMG_4044s.jpg

説明看板と後方は大極殿跡
4IMG_4058s.jpg

4KIMG_4056s.jpg

5kIMG_3545s.jpg

6IMG_3542s.jpg

大極殿院閤門の説明
18kIMG_4064s.jpg

赤い柱は大極殿院閤門跡の柱、後方は大極殿跡
15IMG_4069s.jpg

18IMG_4062s.jpg

17IMG_4059s.jpg

16IMG_4065s.jpg

発掘調査中、立ち入り禁止看板
21IMG_4051s.jpg

右後方に畝傍山が見える
20IMG_4079s.jpg

左後方が天の香久山
7IMG_3538s.jpg

後方に天の香久山が見える(JA側からみた藤原宮跡)
19IMG_4035s.jpg

----------------------------------------------------------------------
醍醐池付近
22IMG_4095s.jpg

<犬養孝先生万葉歌碑>
23IMG_4086s.jpg

お気に入りの碑です。書が良い、石もまろやかでかたちがよい
24IMG_4083s.jpg

春過ぎて… 今がその季節、緑がいい
24kIMG_4088s.jpg

藤原宮の隅っこの目立たないところにさりげなくあるのがいい
25IMG_4091s.jpg

醍醐池反対側です
26IMG_4103s.jpg

土手につつじの花が咲いていました
30IMG_4109s.jpg

耳成山が正面に見える
29IMG_4107s.jpg

観音さまと地元の人の思いが心にしみる記
27IMG_4104s.jpg

28IMG_4105s_20140424225427303.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------
橿原市藤原京資料室(JAさんの2Fです)

40IMG_4038s.jpg

模型の藤原宮部分は東京で開催中のキトラ壁画展にご出帳中
IMG_4026s.jpg

IMG_4025s.jpg

藤原京出土の柱の一部
IMG_4030s.jpg

柱下部にえつり穴あり(筏を組んで川を流した痕跡あり。万葉集の役民の歌を想起させる)
IMG_4028s.jpg

藤原京出土瓦
IMG_4031s.jpg

IMG_4032s.jpg

IMG_4033s.jpg

IMG_4034s.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------
IMG_4027s_20140424231850bcb.jpg

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR