FC2ブログ

あなたに魅せたい秋の三塔巡り

2018年10月28日(日)、9:00~12:00まで「斑鳩の里観光ボランティアの会」の秋のウォーキングイベント、『あなたに魅せたい秋の三塔めぐり』が行われ、秋晴れの下、170名余が参加し、コスモス咲き乱れる、秋の斑鳩の里を約7キロメートル歩きました。行程は次の通りです。

 JR法隆寺駅→天理軽便鉄道跡→阿波神社→成福寺跡(伝飽波葦垣宮跡)→上宮遺跡公園→史跡中宮寺跡→法起寺→ 岡ノ宮→法輪寺→三井赤染井戸→中宮寺墓→極楽寺総墓→天満池→斑鳩神社→法隆寺境内→法隆寺iセンター

JR法隆寺駅
  9:00前には赤いジャンパーを着たスタッフの方が大勢来られ受付をしていました。JR法隆寺北口へ集合です。
  先着順に班分けがされ、次々と出発して行きました。

IMG_3607s.jpg

天理軽便鉄道跡
 JR法隆寺駅を出てまもなく、レンガ積みの鉄橋跡や、堤となった真っ直ぐな線路床跡を歩き、現在の線路をくぐりました。大正4年(1915)に開通した天理軽便鉄道は、新法隆寺から天理まで9.2キロの区間を一日13往復の便があり、団参者を運んでいたそうです。1945年に廃線とされました。

線路跡を歩く
IMG_3610s_20181030004821848.jpg

レンガ積の陸橋が残る。上はJR大和路線が走る。
IMG_3614s_201810300048223ac.jpg

阿波神社
 主祭神は素盞鳴命。春日造一間社檜皮葺。 阿波という地名は、飽波から転じたという説、阿波国からの住民の移住説がある。
 石工丹波佐吉作の狛犬と獅子がある神社として有名。丹波佐吉が刻んだ証拠に、台座に作師照信及び花押が刻まれている。

IMG_3617s_201810300048254b1.jpg

秋祭りの提灯
IMG_3622s_20181030004828c5d.jpg

普段の日の狛犬
IMG_3044s_20181030004819490.jpg

IMG_3043s_201810300048177e1.jpg

IMG_9515s_20181030221810979.jpg


 ここの狛犬は小型で高さ80cm位。頭部は扁平で彫が深く、パンチパーマのような髪の毛、眼に特徴がありウルウルしていて可愛らしく、親しみが持てる。

作師 照信 花押
IMG_3621s.jpg


成福寺(じょうふくじ)跡
 「大安寺伽藍縁起幷流記資財帳」(747年)に、推古天皇が田村皇子(後の舒明天皇)を「飽波葦垣宮」に遣し、「厩戸皇子の病状を問わ令める」という記事があります。聖徳太子は飽波葦垣の宮で薨去したという説があり、その跡に、1107年に法隆寺の寺僧實乗が、成福寺を造営したと伝えられています。現在、成福寺は廃寺となり、「不許酒肉五辛入門内」と刻まれた石標が建っています。また、境内に「太子道(高田良信書)」と刻まれた石碑が建っています。

不許酒肉五辛入門内
IMG_3624s.jpg

太子道
IMG_3623s_20181030011822395.jpg

上宮(かみや)遺跡公園

故郷創生1億円基金で造られた上宮遺跡公園です。
平成3年から行われた斑鳩町教育委員会の発掘調査で、奈良時代に称徳天皇が利用した「飽波宮」と推定される、掘立柱建築7棟分、井戸2基、溝一条が検出されました。建物一は、東西7間(21m)×南北2間(6m)、北と南に2面庇を持つ「正殿」と見なされます。また、建物2は5間×2間の東西棟の建物で、後殿とみなされます。建物5は東西2間、南北7間の南北棟の建物です。建物4は東西3間×南北3間の総柱の建物です。 建物群はコの字形に配置され、行宮または離宮と見なされます。
溝一からは平城京と同范の軒丸、軒平瓦が出土し、称徳天皇の離宮説を裏付けるものです。

上宮遺跡公園説明板
IMG_9536s_20181030221814365.jpg

掘立柱建物群
IMG_9528s.jpg

現地建物跡
IMG_9529s_20181030221813117.jpg

国史跡中宮寺跡
 イベントに備えて中宮寺跡史跡公園は草が刈られ、コスモスが一面に咲き乱れ、斑鳩の里を花で飾っていました。一見の価値ありでした。

石標 史跡中宮寺跡
IMG_1364s_20181030230757e27.jpg

中宮寺の塔と金堂跡とコスモス畑
IMG_3635s.jpg


IMG_3636s_20181030230803986.jpg

IMG_3639s_2018103023080592b.jpg

三塔の見える東屋からズームで三塔を撮影

IMG_3641s_2018103119433874a.jpg


法隆寺五重塔
IMG_3632s_20181030230800839.jpg

法輪寺三重塔
IMG_3630s_20181030230759e25.jpg

法起寺三重塔
IMG_3628s_20181030230758033.jpg

--
秋葉神社から法起寺へ
IMG_3645s.jpg


法起寺三重塔
IMG_3651s_20181030231955fa0.jpg

IMG_3668s_20181030231957d68.jpg

IMG_3674s_2018103023195834d.jpg

IMG_3653s_201810302319566f9.jpg

IMG_3663s_20181031095217d0e.jpg

IMG_3664s_20181031095218281.jpg

IMG_3669s_20181031095219fc9.jpg

--
法輪寺三重塔

法輪寺西門(上土門)
IMG_3670s_20181031095931a20.jpg

法輪寺は三井寺とも呼ばれた
IMG_3671s_20181031095932d4f.jpg

西門から三重塔
IMG_3672s_201810310959337ca.jpg

赤染井戸(山背大兄の産湯に用いた伝説の井戸が残る)
IMG_3673s.jpg

柿畑と法輪寺三重塔
IMG_3674s_20181031095935dd3.jpg

IMG_3678s_201810302320026ac.jpg


IMG_3677s.jpg

法隆寺五重塔
IMG_3689s_20181030232003f51.jpg

暮れなずむ法起寺三重塔
IMG_3693s_201810302320043ef.jpg

IMG_3697s.jpg




 
 


水運の歴史をたどり聖徳太子ゆかりの地を歩く

 2018年9月24日に安堵観光ボランティアガイドの会の案内で、「水運の歴史をたどり聖徳太子ゆかりの地を歩く」イベントで約14キロ歩いてきました。

安堵町は大和郡山市、斑鳩町、川西町、河合町と境界を接し、富雄川と岡崎川が大和川に合流する低地にあります。奈良盆地の佐保川、寺川、曽我川、飛鳥川などの河川は、この付近ですべて大和川に合流しています。

 飛鳥時代には難波と飛鳥を結ぶ水上交通の要衝で、隋・唐などとの交流の拠点となりました。日本書紀に記述がある「阿斗桑市」や「阿斗の河辺の館」(迎賓館)は「阿斗」が後に「安堵」になったという説もあります。 

江戸時代から明治中頃(鉄道が開通する)までは、河内と大和の産物を運ぶ水運が盛んで、御幸ヶ瀬浜や、板屋ヶ瀬浜の川港が賑いました。

飽波神社は、聖徳太子が亡くなった飽波宮跡であるという伝承があります。また、斑鳩と明日香を結ぶ太子道が現在も一部残っており、安堵町内を通っています。法隆寺の秋の太子道を歩くイベントでは、法隆寺から明日香の橘寺まで太子道(筋違道)を通って歩きますが、飽波神社に立寄ります。

今回のウォーキングのコースは次の通りです。

 JR法隆寺駅→御幸ケ瀬浜→下窪田杵築神社→常徳寺→板屋ケ瀬浜遠望→中家→馬場塚→中窪田杵築神社→聖徳太子像→中央公園→高塚→極楽寺→歴史民俗資料館→飽波神社→木戸池遺構(天理軽便鉄道跡)→JR法隆寺駅

----
JR法隆寺駅
IMG_2414s_20180930001758fe7.jpg

天理軽便鉄道 新法隆寺駅(向い)附近
IMG_2424s_20180930001802f33.jpg

レンガ造鉄橋跡
IMG_2422s.jpg

富雄川(葛城山、金剛山を遠望)
IMG_2440s_20180929224625fed.jpg

富雄川が大和川へ合流
 この辺りに御幸ケ瀬浜があり川港跡で、かっては帆をかけた「漁梁船」で賑っていました。 吉田吉右衛門家が荷継問屋を営んでいました。
IMG_2452s_20180929225505279.jpg


河川管理境界
IMG_2450s_2018092922462767e.jpg

岡崎川と大和川の合流地点
IMG_2454s.jpg

岡崎川ゲート(ゲートが閉まると岡崎川が内水となり、浸水する)
IMG_2456s.jpg

岡崎川からゲート方面
IMG_2459s.jpg

岡崎川に架かる橋、西名阪国道を潜る。
IMG_2457s_2018093010560089f.jpg

蘇武の里と芹摘姫物語(前方は大和川の堤防、その先は広瀬神社)
 太子道が大和川にかかるあたりは蘇武の里とよばれています。芹の産地で芹摘姫伝説が残っています。
 聖徳太子に見初められた、菩岐々美郎女(ほききのいらつめ)は、この辺りで芹を摘んでいました。

IMG_2461s_201809301056032b0.jpg

下窪田杵築神社(祭神 素盞鳴尊(スサノオの命)
  地蔵堂に美しい地蔵菩薩(木造、彩色、平安時代)像が祀られています。いつの頃か大和川を流れてきたという伝説があります。

鳥居
台風21号で境内の大木が裂けました。その後が生々しい。
IMG_2483s.jpg

由緒
IMG_2468s.jpg

拝殿
IMG_2474s_20180930001805d49.jpg


--
常徳寺
IMG_2493s_20180930001808ad1.jpg

--
中家住宅(国指定重要文化財)
  大和を代表する大和棟の二重の掘を備えた、環濠屋敷で、敷地面積は3500坪あります。表門、主屋、新座敷、米蔵、新蔵、
牛小屋、持仏堂などが重要文化財に指定されています。

屋敷案内地図
IMG_2516s_2018092922463230b.jpg

主門
IMG_2526s_2018093011450308d.jpg

主屋
IMG_2555s_2018093011450728a.jpg

掘を渡って竹藪を行く
IMG_2562s_20180930114508957.jpg

持仏堂(中家のお寺)
IMG_2586s_2018093011451576e.jpg


IMG_2579s_2018093011451288b.jpg

IMG_2582s_20180930114513b06.jpg

IMG_2585s_20180930114514917.jpg

--
馬場塚

IMG_2591s_2018093011574694c.jpg

IMG_2602s.jpg

IMG_2595s_20180930115748948.jpg

--
中窪田杵築神社

IMG_2624s_20180930115755210.jpg

IMG_2605s_20180930115750418.jpg

IMG_2623s_20180930115754e7e.jpg

十三重石塔(平安時代)
相輪が欠け7重になったが、元々は十三重石塔で下方に四仏の種字が彫られている。修理したとき、方向を間違えたようです。

IMG_2621s_20180930115753d67.jpg

--
巨大 聖徳太子かかしオブジェ
IMG_2636s_2018093011575789a.jpg

IMG_2640s_20180930115758321.jpg

IMG_2644s_20180930115802c4a.jpg

IMG_2642s_2018093011575931f.jpg

--
歴史民俗資料館
  平成5年に、今村家より寄贈された土地建物を修復しで、安堵町歴史民俗資料館を作った。

IMG_2744s_201809301158091f3.jpg

庭園
IMG_2665s.jpg

IMG_2682s.jpg




御衣黄
IMG_2678s_20180930131029a7d.jpg

IMG_2675s.jpg

IMG_2676s_201809301310275ee.jpg


今村勤三顕彰碑
IMG_2669s.jpg

灯芯説明
IMG_2713s.jpg

天理軽便鉄道路線
  大正4年、新法隆寺駅から天理駅まで9.2kmの鉄道が開通した。当初は一日13往復した。大正10年新法隆寺から平端駅の折り返し運転となり、昭和20年線路が軍に供出され廃線となった。

IMG_2725s_20180930115808c63.jpg

飽波神社(祭神 素盞鳴尊、東・西安堵の氏神)
  聖徳太子が休憩した腰掛石がある。なもで踊りは江戸時代の雨乞い祈願成就の踊りである。絵馬がある。

IMG_2802s_20180930133826b90.jpg

なもで踊りを特別に見せて頂きました。
IMG_2762s_20180930132748ada.jpg

IMG_2784s.jpg

IMG_2787s.jpg



--
極楽寺(真言宗、聖徳太子建立46ケ寺の一つ)
 恵心僧都が諸堂を再建し、極楽寺と改めた。本堂に安置されている本尊阿弥陀如来は平安時代の定朝様で、重要文化財。脇侍の聖観音像は平安中期の木造で、安堵町指定文化財。本堂外のお堂に安置されている高さ4mの阿弥陀如来坐像は、広島大とよばれ、被爆広島の人々の心のよりどころになりました。今回は御簾が懸っており写真だけ拝観しました。

極楽寺山門
IMG_2791s.jpg


IMG_2794s.jpg

IMG_2799s.jpg

--
天理軽便鉄道木戸池遺構

木戸池の堤のレンガの遺構が残る。
IMG_2807s.jpg


IMG_2820s_201809301347482b6.jpg

IMG_2824s.jpg




信貴山 その2

寺伝によれば、信貴山は聖徳太子が物部守屋征伐に向かう際、この地で毘沙門天を感得して、戦勝祈願をおこなったことから、戦の後に毘沙門天像を安置し、お寺を創建し、この山を「信ずべき山、貴ぶべき山」と呼び信貴山と名付けました。

その後、信貴山中興の祖である、命蓮上人が醍醐天皇の病を治癒したことから、天皇から、「朝廟安穏、守護国土、子孫長久」を意味する「朝護孫子寺(ちょうご そんし じ)」という勅命を賜りました。

空鉢護法堂は信貴山頂上に建つお堂で、信貴山城の本丸の跡に建つ。1559年に松永久秀が信貴山城を築き、大修復を行った。
信貴山城跡は最近、地元ボランティアの手で整備され、貴重な城跡を見学できるようになっている。


本堂 
IMG_2168s_20180829120100bef.jpg

信貴山 朝護孫子寺 門柱
IMG_2170s_201808291201018b6.jpg

本堂舞台から眺望
IMG_2173s_20180829120102d3f.jpg

大和平野一望
IMG_2174s_201808291201042f6.jpg

御本尊毘沙門天王
IMG_2183s_2018082912010504f.jpg


IMG_2184s_20180829120106adb.jpg

IMG_2169s.jpg

--
空鉢護法堂・信貴山城跡へ登山

IMG_2256s_201808291450418a8.jpg

多宝塔横から階段を上る
IMG_2196s_20180829145023b84.jpg

IMG_2255s_20180829154628620.jpg

IMG_2254s_201808291546264ac.jpg

やっと山頂に着きました。
空鉢護法堂(信貴山城本丸跡に建つ)
IMG_2202s_201808291450273d5.jpg

IMG_2203s_2018082914502812c.jpg

IMG_2218s_20180829145030423.jpg

IMG_2223s_20180829145031714.jpg

信貴山城趾の石碑
IMG_2227s_20180829145034132.jpg

地図
IMG_2226s.jpg

山頂からの眺望は素晴らしい
眺望1
IMG_2199s.jpg
眺望2
IMG_2198s.jpg
眺望3
IMG_2197s_20180829151233592.jpg
眺望4
IMG_2201s_2018082915123854d.jpg
眺望5
IMG_2200s_2018082915123654f.jpg

赤い鳥居をくぐって松永屋敷跡へ
IMG_2222s_20180829151239724.jpg

IMG_2235s.jpg

IMG_2236s_20180829151242638.jpg

IMG_2238s.jpg

IMG_2242s.jpg

IMG_2244s_20180829151248548.jpg

IMG_2247s.jpg

信貴山城CGイメージ
IMG_2210s.jpg

信貴山 その1

6月末に信貴山に下見に行ってきました。駐車場に車を止めて、石の鳥居をくぐります。「多聞天」の額が見えます。

IMG_2095s_201808270242096fb.jpg

多聞天と刻まれた額
IMG_2097s_20180827024210c70.jpg

信貴山観光センターの前に地図がありました。
IMG_2083s_20180827024200c72.jpg

文化庁登録有形文化財の開運橋
IMG_2087s.jpg

橋の手前が平群町、向いが三郷町;川が町の境界
IMG_2085s.jpg

IMG_2090s.jpg

美しいアーチ形の橋
IMG_2091s.jpg

バンディジャンプ台
IMG_2092s_201808270242072e6.jpg


開山堂
IMG_2108s.jpg


IMG_2110s.jpg

張子の寅から本堂遠望
IMG_2111s.jpg

千手の公孫樹
IMG_2114s.jpg


IMG_2117s_20180827024219fcd.jpg

枝が千手のように繁っている
IMG_2116s.jpg

騎乗聖徳太子像
IMG_2121s.jpg

説明
IMG_2120s.jpg


IMG_2122s_201808270242223f4.jpg

神木かやの木(樹齢推定1500年)

IMG_2126s_20180827024227004.jpg

IMG_2123s.jpg


IMG_2134s.jpg

中宮寺跡史跡公園

 2018年5月13日に斑鳩町の中宮寺跡史跡公園がオープンしました。 中宮寺は聖徳太子が母の穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)が居住していた宮(中宮)跡に寺を建立したと伝えられ、聖徳太子建立七カ寺の一つとされています。

中宮寺は飛鳥時代にオープンした史跡公園が所在する幸前(こうぜん)の地に創建されましたが、室町時代の永正年間(1504年~1521年)に、法隆寺の夢殿の近くの現在地に移りました。 天文年間(1532年~55年)頃に、伏見宮貞敦親王の皇女尊智大王(慈覚院宮)が入寺してから、門跡寺院となり、斑鳩御所とも呼ばれ、現在も門跡が住職です。

本尊は国宝菩薩半跏像(木造、伝如意輪観世音菩薩)で有名です。また、聖徳太子の妃の橘大郎女が聖徳太子が往生した世界を絹の刺繍で表した天寿国繍帳(国宝、中宮寺・奈良国立博物館で保管)も有名です。

1963年(昭和38年)から中宮寺跡の土壇の調査が始まり、1984年には土壇の南半分が塔、北半分が金堂であったことが発掘調査によって分り、塔と金堂が南北に並ぶ四天王寺式の伽藍配置であることが分りました。その後の調査では、回廊や講堂などは確認できなかったですが、寺の敷地を囲んでいた塀などが見つかっています。

中宮寺の塔と金堂跡の復元
 塔と金堂の基壇を復元し、礎石を復元して、建物の大きさが実感できるように整備しています。また、基壇の西側から北西部は農地のままの姿を残しています。 史跡公園北側の東屋風の休憩所からは、斑鳩三塔を望むことができます。他の2カ所の休憩所からは二塔が見えます。 当時と変わらぬ風景を残すこの地に立って、いにしえの中宮寺を訪れた人々に思いを馳せました。

--
中宮寺跡史跡公園

IMG_0946s_201806052207189b1.jpg

説明板
IMG_0894s.jpg

IMG_1340t.jpg

IMG_0901s_2018060522400798b.jpg


IMG_1341t.jpg

法輪寺三重塔と松尾山NHK鉄塔
IMG_0931s.jpg

法隆寺五重塔
IMG_0955s_201806052207191d3.jpg

中宮寺跡(南側から塔と金堂)
IMG_1344s.jpg

中宮寺史跡石標
IMG_1364s.jpg

塔の基壇と礎石レプリカ
IMG_1365s_20180605220725f09.jpg

金堂跡と塔跡説明
IMG_1349s_20180605220722751.jpg

IMG_1406s_20180605224305002.jpg

IMG_1405s.jpg

IMG_1398s.jpg

IMG_1402s.jpg

IMG_1399s_2018060522430144e.jpg

IMG_1397s.jpg

IMG_1396s_2018060522425725e.jpg

IMG_1395s_20180605224256341.jpg

--

IMG_1366s.jpg

四天柱と心礎レプリカ
IMG_1368s.jpg

IMG_1370s.jpg

IMG_1369s.jpg

--
寺域の北を限る塀
IMG_0907s.jpg

北門跡
IMG_0911s.jpg

休憩所
IMG_0913s.jpg

斑鳩三塔の方向
IMG_0916s_2018060620574127c.jpg

北から南を望む寺域 葛城山遠望
IMG_0918s_2018060620574352d.jpg

休憩所
IMG_0921s.jpg

寺域の東を限る塀
IMG_0919s_201806062057453e7.jpg










プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR