FC2ブログ

中国西安の遺跡を訪ねて(4)-最終回

中国西安の遺跡を訪ねて(4)― 最終回

  含光門遺跡博物館―>西安城城壁(明代)―>興慶宮公園

12.含光門遺跡博物館
  
<写真1>含光門
DSCF6794_convert_20130913170018.jpg


<写真2>模型(含光門)
DSCF6800_convert_20130913170109.jpg

<写真3>城壁(版築)
DSCF6801_convert_20130913170138.jpg

13.西安城城壁(明代)

<写真4>城壁の上(朱雀門方向)
DSCF6812_convert_20130913170216.jpg

 
<写真>城壁下での日曜市

DSCF6819_convert_20130913170252.jpg

DSCF6823_convert_20130913170342.jpg




<写真5>城壁の上(反対方向)

DSCF6849_convert_20130913170859.jpg


<写真6>承天門街

DSCF6835_convert_20130915173320.jpg

DSCF6831_convert_20130915173226.jpg


DSCF6830_convert_20130913170607.jpg

14.興慶宮公園

<写真7>興慶宮
DSCF6852_convert_20130915173407.jpg

<写真>龍池
DSCF6884_convert_20130913195943.jpg
DSCF6882_convert_20130913171501.jpg
DSCF6887_convert_20130913171532.jpg

<写真>沈香亭
DSCF6892_convert_20130913171602.jpg


<写真8>勤政務本楼址と記念碑

DSCF6858_convert_20130913171101.jpg

DSCF6864_convert_20130913171133.jpg


<写真9>安倍仲麻呂記念碑

DSCF6867_convert_20130913171329.jpg

中国西安の遺跡を訪ねて(3)

中国西安の遺跡を訪ねて(3)
  
漢陽陵考古陳列館―>永泰公主墓―>乾陵―>漢茂陵博物館

8.漢陽陵考古陳列館

 漢陽陵は前漢の第4代景帝(BC188-141)の墓である。1990年から咸陽国際空港専用道路の建設に伴い発掘。1999年漢陽陵考古陳列館が完成。

<写真1>漢陽陵考古陳列館
DSCF6560_convert_20130913142754.jpg

<写真2>陳列物
DSCF6538_convert_20130913142842.jpg

DSCF6549_convert_20130913142916.jpg

DSCF6553_convert_20130913142950.jpg

<写真3>地下墓坑

DSCF6567_convert_20130913143025.jpg

DSCF6595_convert_20130913143411.jpg

DSCF6573_convert_20130913143109.jpg

DSCF6593_convert_20130913143304.jpg

DSCF6592_convert_20130913143154.jpg



9.永泰公主墓
 永泰公主は則天武后の孫娘で武延基に嫁いだが、17歳で武后から死を賜わり701年に葬られた。発掘調査の結果大量の遺物が出土した。墓道や墓室の壁には壁画が描かれている。その描画手法が、高松塚の壁画や法隆寺の壁画とよく似ているようである。

<写真4>永泰公主墓入口

DSCF6606_convert_20130913143537.jpg


<写真5>壁画

DSCF6624_convert_20130913144132.jpg

DSCF6623_convert_20130913144053.jpg

DSCF6644_convert_20130913144225.jpg

DSCF6626_convert_20130913154958.jpg


DSCF6609_convert_20130913143644.jpg

DSCF6651_convert_20130913144359.jpg

DSCF6650_convert_20130913144323.jpg

DSCF6663_convert_20130913144512.jpg


10.乾陵(けんりょう)
  乾陵は漢の第3代皇帝高宗とその皇后則天武后の合葬陵である。本格的発掘はなされていない。

<写真6>正面の山が乾陵
DSCF6676_convert_20130913144631.jpg

DSCF6682_convert_20130913144830.jpg

DSCF6691_convert_20130913144931.jpg

11.漢茂陵博物館

<写真7>漢茂陵博物館

DSCF6791_convert_20130913145316.jpg

DSCF6718_convert_20130913145028.jpg

DSCF6769_convert_20130913145232.jpg

DSCF6756_convert_20130913145131_20130913151102fcc.jpg

中国西安の遺跡を訪ねて(2)

中国西安の遺跡を訪ねて(2)

5.碑林博物館
  
  中国の古くからの儒学の古典を石に刻して収納した西安「碑林」を見学した。後漢以来、1000余という膨 大な数の石碑が林立しており、「林」という名がふさわしい。

<写真5-1> 碑林
DSCF6225_convert_20130913004436.jpg

 
<写真5-2> 玄宗皇帝 「石台孝経」

DSCF6227_convert_20130913004557.jpg


<写真5-3> 開成石経12種の経典
DSCF6245_convert_20130913004644.jpg

DSCF6243_convert_20130913004717.jpg


<写真5-4> 拓本

DSCF6262_convert_20130913004814.jpg


<写真5-5> 呂大坊の興慶宮図

DSCF6263_convert_20130913004847.jpg

6.大明宮遺跡
 大明宮は唐、周の宮殿。702年、遣唐執節使として船に乗った粟田真人は麟徳殿で則天武后の歓待を受けた。
 現在、中国は壮大な規模の大明宮の復元に取り組んでいる。今後、訪れる度に復元は進んでいることでしょう。
       
<写真6-1>復元丹鳳門
DSCF6375_convert_20130913005048.jpg


<写真6-2>含元殿跡

<含元殿跡遠景>
DSCF6381_convert_20131207195023.jpg


<含元殿跡>
DSCF6397_convert_20130913005130.jpg

<写真>含元殿から丹鳳門方向を望む
DSCF6392_convert_20130913005214.jpg


<写真6-3>麟徳殿跡

DSCF6455_convert_20130913005308.jpg

<写真>馬の舞踊
DSCF6468_convert_20130913005433.jpg

<写真>麟徳殿跡(未公開)
DSCF6459_convert_20130913005348.jpg


<写真6-5>大明宮遺址博物館

DSCF6430_convert_20130913005559.jpg

<写真>法隆寺中門、法起寺三重塔等の組物
DSCF6413_convert_20130913005701.jpg

<写真>唐招提寺の斗栱
DSCF6414_convert_20130913005745.jpg

<写真>人字形束と組物
DSCF6432_convert_20130913013445.jpg

<写真>麟徳殿鳥瞰図
DSCF6435_convert_20130913013615.jpg

<写真>斗栱の組合せのアニメ
DSCF6440_convert_20130913013529.jpg

<写真6-4>大明宮全体復元模型

DSCF6453_convert_20130913013701.jpg


7.大雁塔

DSCF6502_convert_20130913020205.jpg

DSCF6507_convert_20130913020429.jpg

<写真>玄奘三蔵院
DSCF6493_convert_20130913020549.jpg

中国西安の遺跡を訪ねて(1)

 2013年8月、中国の古都西安の遺跡を訪ねました。中国の西安は、唐代には長安とよばれ、日本の遣唐使がしばしば訪れ、当時の中国の先進文化を学びました。日本人留学生は当時、中国皇帝から奨学金を支給され、経典や書物の購入費用等に充てたそうです。また、奈良の平城京は、長安をお手本として設計されたという学説があります(井上和人氏の論文参照)。

 現在の中国の西安市は、人口600万を超す大都会で、商業用ビルや住宅用マンションが林立し、世界中のメーカの自動車が走っていました。高速道路やインフラの整備が急速に進み、近代化が進められ、若者が街に繰り出し、街は活気にあふれていました。もの作りを自国で推し進めると国が豊かになるようです。ただし、空がどんよりと曇りがちで、近代化の弊害もあるように見受けました。

以下、数回に分けて訪問した西安と近郊の史跡を紹介します。

1.兵馬俑博物館
<博物館建物>
DSCF5875_convert_20130906122250.jpg

DSCF5876_convert_20130906122353.jpg

DSCF6003_convert_20130906122949.jpg

<銅馬車>
DSCF5889_convert_20130906122428.jpg

DSCF5895_convert_20130906122501.jpg

DSCF5898_convert_20130906122536.jpg


<1号俑坑>

DSCF5932_convert_20130906122609.jpg

DSCF5941_convert_20130906122647.jpg

DSCF5950_convert_20130906122734.jpg


<その他号俑坑>

DSCF5970_convert_20130906122811.jpg

DSCF6015_convert_20130906123059.jpg

DSCF6012_convert_20130906123026.jpg

DSCF6001_convert_20130906122845.jpg

2.秦始皇帝陵
 世界文化遺産に指定された秦始皇帝陵は、登って見たがったが、残念ながら今回は遠くから眺めるだけでした。

<秦始皇帝陵地図>
DSCF6024_convert_20130906132137.jpg

<世界遺産マーク>
DSCF6025_convert_20130906132214.jpg

<遠方三角形の山が始皇帝陵>
DSCF6027_convert_20130906132255.jpg

3 華清池
 驪山(りざん)の山麓にある華清池(かせいち)は温泉地である。秦の始皇帝は離宮をここに設けて驪山湯と名付けた。漢の武帝も頻繁に行幸した。唐代の玄宗皇帝は、ここを華清宮と名付け楊貴妃とここに遊んだ。
蒋介石は張学良を説得するため華清池に一泊したが、張学良の軍隊に捕えられた(西安事件)。

<華清池>
DSCF6047_convert_20130906195235.jpg

DSCF6055_convert_20130906195327.jpg

<楊貴妃の風呂>
DSCF6057_convert_20130906195410.jpg

<玄宗皇帝の風呂>
DSCF6064_convert_20130906195448.jpg

<楊貴妃像>
DSCF6068_convert_20130906195530.jpg


<蒋介石の滞在した部屋>
DSCF6085_convert_20130906195609.jpg

4.小雁塔と西安博物館

<小雁塔>
唐代建築の遺構。695年に義浄がインドから持ち帰った経典を漢訳して54部221巻となった。これを収容するために707年に薦福寺(せんぷくじ)に小雁塔が建立された。初めは15層で高さが45mであったが、度々の地震で崩れ、現在の小雁塔は修復され、13層で高さ36mとなっている。

DSCF6101_convert_20130906195720.jpg


<西安博物館>
DSCF6103_convert_20130906195825.jpg

<長安の都城>
DSCF6108_convert_20130906200051.jpg

<模型>
DSCF6115_convert_20130906195909.jpg

DSCF6132_convert_20130906200729.jpg

<家形石棺>
DSCF6173_convert_20130906200144.jpg

DSCF6174_convert_20130906200328.jpg

<唐代美人像>
DSCF6159_convert_20130906200230.jpg

<騎馬人像>
DSCF6156_convert_20130906200514.jpg

<黄金>
DSCF6147_convert_20130906200416.jpg

<騎馬人像>
DSCF6192_convert_20130906200631.jpg

<西安市内>
DSCF6204_convert_20130906202830.jpg







プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR