FC2ブログ

富雄丸山古墳第3次調査現地説明会

 2019年11月30日に奈良市教育委員会による富雄丸山古墳の第3次発掘調査の現地説明会が開催されました。富雄丸山古墳は奈良市西部の富雄川西岸の矢田丘陵より派生する尾根上に立地しています。暗峠越えの旧街道は富雄丸山古墳のすぐそばを通っています。また、第二阪奈道路は丸山古墳のすぐそばを通っています。

今回の現地説明会の要点は次の通りです。
(1)墳頂部の調査(A調査区)
1972年に調査された粘土槨を再発掘しています。今回の調査では墓壙一段目の輪郭が一部再確認されました。旧発掘区埋土から、斜縁神獣鏡の断片、(鉄刀、鉄剣、刀子、鉄鏃、銅鏃、埴輪(普通・鰭付円筒埴輪))の断片、円板形土製品が出土しました。なお、墳頂部中心から約8.5mの位置に高さ0.8mの段差があり、周囲が一段低くなっていることから、埋葬施設を構築する壇があった可能性があるとのことです。

(2)造り出し部の調査
 造り出し部北西側は2段構成で、平坦面には3cm程度の小石を敷き詰め、斜面には拳大の葺石がありました。上段平坦面は墳丘本体に向かって高くなり2段目斜面に接続しています。下段の平坦面上には円筒埴輪列を確認しました。埴輪列は途中で屈折し、第2次調査で確認した1段目平坦面の円筒埴輪列に接続するようです。埴輪は10cm間隔に普通円筒埴輪や鰭付き円筒埴輪が不規則に配置されています。

--
現地説明板
DSCN1745j.jpg

墳頂まで三段登る
DSCN1764j.jpg

墳頂から(後方は第2阪奈道路)
DSCN1771j.jpg

墳頂部埋葬施設の再発掘(A区)
DSCN1786j.jpg

埋葬施設粘土槨(1972年調査)
DSCN1782j.jpg

墳頂部段差
DSCN1790j.jpg


墳丘(下から上へ3段築成になっている)
DSCN1800m.jpg

造り出し部(E区) 
DSCN1818j.jpg

埴輪列
DSCN1820j.jpg

----
出土品(斜縁神獣鏡断片など)
DSCN1752j.jpg

DSCN1754j.jpg

埴輪断片
DSCN1748j.jpg

鉄製品片
DSCN1755j.jpg


富雄丸山古墳 現地説明板
DSCN1828j.jpg


------------------------
富雄丸山古墳発掘調査経過

(1)明治初期に3回ほど盗掘を受け、多数の玉類、鉄製品、朱などの副葬品が出土したが多くが散逸した。その一部が京都博物館蔵品となり、1957年に国の重要文化財に指定された。また、三角縁神獣鏡3面が天理大学付属天理参考館に所蔵されている。

(2)1972年に奈良県教育委員会は大規模団地開発にともなって、富雄丸山古墳群の発掘調査を行い、1号墳は墳頂部に粘土槨の埋葬施設をもつ直径86mの大型の円墳であることが分かった。また、盗掘を受けているが多様な副葬品が多数出土した。
埋葬施設は東大寺山古墳の粘土槨と細部まで類似しており、また出土した副葬品より、古墳築造年代は古墳時代前期後半の4世紀後半と推定される。なお、2、3号墳は横穴式石室をもち、古墳築造年代は6世紀前半から中頃との調査結果が報告されている(文献(1))。

(3)1982年に橿原考古学研究所が、1号墳の追加調査を行い、北東部に造り出しが取り付く直径102m前後の大型円墳、となる可能性を指摘した。

(4)2017年に奈良市教育委員会が航空レーザ測量(第1次調査)を実施。直径110m前後の3段築成の円墳であることが判明した。

(5)2018年に奈良市教育委員会が発掘調査(第2次調査)を行い、1段目斜面の外側に平坦面を確認し、この傾斜変換点を墳丘裾とみると、古墳の直径は109mに復元でき、埼玉県丸墓古墳(直径105m)を上回る国内最大の円墳であることが分った。

(6)2019年に奈良市教育委員会が第3次調査を実施し、造り出し部と墳丘面の埋葬施設部分を調査した。造り出し部に埴輪列が存在すること、墳丘斜面に葺石があることが分かり、また多数の遺物が出土しました。この調査には、期間限定で市民300余名が参加、奈良大学との連携協定で奈良大学生が発掘に参加。筑波大学院生も発掘に協力しました。

参考文献
(1) 奈良県教育委員会、 “奈良市大和田町富雄丸山古墳群発掘調査報告”、奈良県文化財調査報告書 第19集、昭和48年3月.
(2) 奈良市教育委員会、“富雄丸山古墳の発掘調査 第2次調査”、2019.1.22.
(3) 奈良市教育委員会、“富雄丸山古墳の発掘調査 第3次調査”、2019.11.27.


プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR