FC2ブログ

斉明天皇の神まつりと吉野宮を体感する その2

世尊寺(曹洞宗)  奈良県吉野郡大淀町比曽762

  有史会のバスは、明日香村を出て、吉野宮滝に向かう途中に、世尊寺に立寄りました。世尊寺の前身は、飛鳥時代に聖徳太子によって創建されたと伝わる比曾寺(国史跡)です。 「日本書紀」 欽明天皇14年条に、「泉郡の茅渟の海で、放光する樟を見つけて取り出し、天皇に献上した所、画工に命じて、仏像二体を造らせた、これが今、吉野寺にある」とあります。これは、仏像造像の最古の記事です。

 比曾寺は、顕真の聖徳太子建立46寺の一つであり、吉野寺、比蘇寺、現光寺とも呼ばれ、奈良時代、平安時代には、清和・宇多天皇が行幸され、藤原道長も参詣され、南北朝時代には後醍醐天皇も行幸されました。

 比曾寺の伽藍配置は薬師寺式伽藍配置を成し、東塔は聖徳太子が父用明天皇のために、西塔は推古天皇が、敏達天皇のために建立したと伝わります。両塔は早い時期に焼失し、東塔のみ室町時代初期に再建されましたが、豊臣秀吉によって京都伏見へ移築され、さらに江戸時代には、徳川家康によって、近江三井寺へ移され、現存しています。

渡来僧の道璿は晩年、比曽山に入り、禅を伝えました。 また、神叡は20年間、比曽寺に在住して三蔵を修得しました。 鎌倉時代には、西大寺の叡尊が滞在して真言律宗の布教に務めました。

 金堂には本尊の放光する阿弥陀如来が祀られ、また、奈良時代に造像された高さ2.2mの放光十一面観音像が安置されているそうです。 また、境内には寄棟造りの太子堂があり、聖徳太子孝養像が安置されていますが、これらの像も拝観せず残念でした。

--
比曾寺跡 (国史跡)
IMG_2342s_20190918234814e5d.jpg

猿の彫刻(伝左甚五郎作?)
IMG_2345s.jpg

伽藍配置図
IMG_2351s_201909182348176a6.jpg

比曽寺説明
IMG_2365s_2019091900295701a.jpg


神社鳥居
IMG_2349s.jpg


参道
IMG_2347s_20190920185923a15.jpg



東塔跡
IMG_2353s_2019091823481820b.jpg

礎石
IMG_2355s.jpg

西塔跡
IMG_2385s_20190918234829683.jpg

礎石
IMG_2386s_20190918234830336.jpg

鐘楼
IMG_2384s.jpg


本堂
IMG_2358s.jpg


IMG_2364s_20190918234824cce.jpg

太子堂
IMG_2359s.jpg

説明
IMG_2360s_201909182348239cb.jpg

十三重石塔
IMG_2375s.jpg

芭蕉句碑

IMG_2376s_20190919064301783.jpg

IMG_2377s_20190919064302a87.jpg

IMG_2378s.jpg

IMG_2379s_20190919064305acc.jpg

IMG_2380s.jpg

IMG_2381s_201909190643084f0.jpg

  
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR