FC2ブログ

薬師寺特別拝観

薬師寺の正月期間は特別拝観(1600円)券を購入すると、金堂、大講堂、東院の通常拝観に加えて、西塔(初層内陣)、食堂(内陣)、玄奘三蔵院(平山郁夫画伯の壁画含む)の拝観ができます。
 
初めに中門をくぐって右手に聳える12年ぶりの東塔の姿を見てから、金堂の薬師三尊像(国宝)と吉祥天像(国宝)を拝観しました。お正月なので金堂内は大勢の参拝者で溢れていました。12年ぶりに金堂とその両側に東塔と西塔が並び立つ薬師寺式伽藍配置が壮快です。

1968年(昭和43)に写経による金堂復興を発願した高田好胤元住職は、全国を行脚し、1976年(昭和50)には写経が100万巻を突破し、当時の金額で約10億円を集め、法隆寺の西岡常一棟梁を薬師寺に招き、金堂を再興し、1976年(昭和51)には落慶法要を行いました。

最初は金堂のみの復興を願っていましたが、写経勧進が進められ、西塔、中門、回廊、僧房、大講堂、食堂が復元され白鳳伽藍が整いました。また、境内には当初はなかった玄奘三蔵院も新たに創建されました。

現在では、すでに870万巻を超える写経が集まり、莫大な資金力によって、今後もさらに経蔵、鐘楼、南大門などの復興を計画しています。


東塔と西塔
DSCN1923j.jpg


特別拝観
西塔(初層内陣)
DSCN1900j.jpg


 西岡棟梁が心血注いで復元した西塔は、東塔の白鳳時代の建築様式を徹底的に調べ尽くして桧(台湾産)で実現したもので、金堂と同様に、青丹よしと黄金の飾り金具が陽光に映えて、とても美しかったです。
 
 本来、東西両塔の初層には、釈迦の生涯を八場面に分けた塑像が配置されていました。西塔には釈迦の後半生の4場面(成道、転法輪、涅槃、分舎利)の塑像があったことが、残欠があるので分かっています。平成27年に初層に著名な彫刻家によるブロンズ像が奉納され、特別拝観の対象(500円必要)となっていますが、今回拝観した第一印象は、法隆寺五重塔の塔本塑像に比べて、とてもグロテスクな感じがして、余り親しみを持てませんでした。

釈迦八相のうち
五相: 成道
DSCN1901j.jpg
六相: 転法輪
DSCN1902j.jpg
七相: 涅槃
DSCN1903j.jpg
八相: 分舎利
DSCN1904j.jpg


食堂(内陣)

食堂外観
DSCN1930j.jpg

食堂特別拝観入口
DSCN1935j.jpg

 最近完成した、食堂の内部の建築構造はどうなっているか、古代建築を見られる良い機会だと期待して入ったのですが、興ざめでした。建物は木造ではなく鉄骨造りで表面に見えてくる柱、梁、組み物などは木材で化粧する工法を採用しています。法隆寺の大宝蔵院を造営した工法と似ているように思います。

 外観だけが白鳳時代(?)の古代様式ですが、内部には柱がなく参拝や法話を行う広いホールになっており、食堂の機能を復元したものはどこにも見当たりません。 低い天井には雲海が渦巻くイメージを、光輝アルミ合金によって実現した現代アートになっており、とても違和感を覚えました。正面には法隆寺金堂6号壁画のような阿弥陀浄土図の壁画があり、光があたって大変目立っていました。 また、周囲には合計14枚の壁画に仏教伝来の様子が描かれていますが、全ストーリーを把握するためには、50mも歩く必要があります。 

壁画「仏教伝来の道と薬師寺」14枚の内容は次の通りです。
 ①旅立ち ②遣唐使船 ③大和へ ④瀬戸内 ⑤帰帆 ⑥御津の浜松 ⑦大和川 ⑧飛鳥川 ⑨畝傍 ⑩耳成 ⑪天香具山 ⑫飛鳥寺院幻想 ⑬藤原京 ⑭平城京

 食堂では天平時代には約300名の僧侶が食事をとったそうですが、現代の寺院に僧侶はそんなに多くいないので、どう活用するのかと思いました。 

--
境内地図
DSCN1996j_20200117152339e7c.jpg

大門
DSCN1998j.jpg

正面:玄奘三蔵院伽藍 右:本坊 写経道場 慈恩殿
DSCN1997j.jpg

玄奘三蔵院山門
DSCN1959j.jpg

玄奘三蔵堂殿
DSCN1977j.jpg

大唐西域壁画殿
DSCN1983j.jpg

DSCN1985j.jpg

 初めに、八角形二重屋根の「不東」と書かれた額のかかっているお堂の中の玄奘三蔵像を拝観ました。次に、壁画殿に移動し、平山画伯の「大唐西域壁画」を拝観しました。 2000年の12月31日に拝観して以来、4回目の拝観です。以前はガラスの囲いなどはなく、すぐ近くで拝見しましたが、今回はガラスのせいで離れてみて、全体が一望でき大変良かったです。何度見ても素晴らしい構図と絵です。格天井には蒼い空に星がきらめくシルクロードの夜の星空をじっくりと眺めることができ、青色がとてもよかったです。平山画伯は敦煌壁画の保存を訴えた恩人であると中国でもよく知られています。

暮れなずむ薬師寺東塔と西塔
DSCN2016j.jpg

薬師寺復元経過
718年 平城京に薬師寺を移す
724年 東院建立
730年 東塔建立
1528年 金堂、講堂、中門、西塔、僧房等焼失
----------------------------
1968年 高田好胤住職 写経による金堂復元勧進開始
1971年 金堂起工式
1976年 金堂落慶 西僧房復元
1981年 西塔落慶 東僧房復元
1984年 中門落慶
1991年 玄奘三蔵院落慶
1996年 大講堂落慶
2017年 食堂落慶

2020年初詣は薬師寺

  明けましておめでとうございます。皆々様、本年もどうかよろしくお願いいたします。

 今年の初詣は薬師寺へでかけました。 昨年末に東塔の工事用の素屋根が外され、12年振りにその勇姿を表わしたので、ぜひ拝観したいと思ったからです。東塔の解体修理に関する現地説明会については、これまでその都度本ブログで報告してきましたが、今年の4月22日~26日には落慶法要が行われ、5月1日からは東塔内陣の拝観が予定されています。東塔解体修理の時に、使用されている用材の伐採年代を年輪年代法により測定すると、どうやら元薬師寺を移築したのではなくて、平城京遷都に際して、新しく作られたようです。
 薬師寺の南門に着くとすでに中門回廊越しに東塔の姿が見えました。しばらく外から眺めてから、特別拝観券(1600円!)を購入して境内へ入りました。午後3時~5時まで拝観しました。

薬師寺食堂、玄奘三蔵伽藍については次回とします。

--
東塔落慶行事告知ポスター
DSCN1995j.jpg

回廊外から東塔
DSCN1888j.jpg

中門
DSCN2039j.jpg

仁王(吽形)
DSCN2046j.jpg

仁王(阿形)
DSCN2047j.jpg

金堂
DSCN2041j.jpg

東塔1
DSCN1913j.jpg

東塔2
DSCN1898j.jpg

金堂と東塔1
DSCN1908j.jpg

金堂と東塔2
DSCN1922j.jpg

西塔(内陣 涅槃像公開)
DSCN1912j.jpg

金堂(国宝 吉祥天像公開)
DSCN1910j.jpg


薬師寺東塔の仏舎利

  薬師寺の秋の特別展 水煙降臨展(10月1日~1月3日)がまもなく終了するので、29日に行ってきました。今回の展示では、東塔の心柱の最上部に安置されていた仏舎利が展示されているので是非拝観したいと思っていました。

 薬師寺は天武天皇の病気平癒のために天武九年(680年)に藤原京で造営され、平城京遷都にともない養老二年(718年)に、現在地に移されました。亨禄元年(1528)の兵火により、伽藍の堂宇はほとんど焼失し、わずかに東塔と東院堂(聖観音を安置)のみ残りました。ご本尊はじめ諸仏は猛火に耐えて、奇跡的に残りました。

 高田好胤氏らの写経勧進により昭和51年金堂の落慶法要が行われました。あれから40年、再建当初は煌びやかであった金堂も渋みを増して、随分落ち着いてきました。木造建築はそろそろ修理も必要になる頃ではないのでしょうか。

 創建以来、はじめて東塔が修理のため解体され、現在塔跡は更地になっています。心柱の取り外しの際、東塔心柱最上部に安置されていた仏舎利が発見され、今回特別展示が行われています。また、基壇から出土した和同開珎も展示されていました。
さらに、西塔内陣に安置された中村晋也氏制作の釈迦四相像の拝観もできました。

南大門
IMG_8281s_20151229185524b50.jpg

中門
IMG_8283s_201512291855255a4.jpg

金剛力士 阿形像
IMG_8289s_20151229185526150.jpg

金剛力士 吽形像
IMG_8291s.jpg

金堂(築40年)
IMG_8419s.jpg

金堂と講堂(西塔より)
IMG_8403s_201512292347509f4.jpg

西塔(釈迦四相像安置)
IMG_8404s.jpg

仏舎利特別展示
IMG_8325s_2015122919024328a.jpg

IMG_8331s_20151229190244719.jpg

説明
IMG_8350s.jpg

IMG_8346s.jpg

基壇の版築層断面
IMG_8377s_20151229193224499.jpg

IMG_8378s_20151229193225d74.jpg

IMG_8382s.jpg


基壇和同開珎出土位置
IMG_8380s_20151229191342be6.jpg

IMG_8307s.jpg


和同開珎
IMG_8310s_20151229190946773.jpg

IMG_8315s_201512291909507c0.jpg

塑像残欠
IMG_8318s.jpg

水煙
IMG_8357s.jpg

IMG_8356s_20151229191755d81.jpg

IMG_8362s_20151229193654d70.jpg

IMG_8369s.jpg

IMG_8372s_20151229193814356.jpg

IMG_8373s.jpg

IMG_8376s_20151229191757184.jpg


薬師寺東塔の発掘調査現地説明会 その2

 現場説明は午前10時から奈良文化財研究所の青木氏によって行われました。青木氏は古代建造物の版築など土木工事について詳しい方で、以前、桜井市の吉備池廃寺(百済大寺)の基壇の版築について、「両槻会」の講演会でお話をお聞きしたことがあります。今回の説明は20分くらいの短い時間でしたが、論理の組み立て方が整然としているので、非常に説得力のある分かり易いお話をされました。 最初に現場を見学してその後で説明を聞き、その後もう一度現場を見学しました。いずれにしても、現存する東塔の現役の版築や礎石配置を目の当たりにして、法隆寺五重塔の基壇にも想いが及びました

<説明会>
IMG_6788s.jpg

<東塔創建基壇の版築が完存>
 1300年近く東塔を支えてきた版築による創建基壇が良好に残されています。棒で突き固めた跡(突棒痕跡)や足場穴、杭跡などが検出されました。 創建当初は東西南北に階段があったことが分かりました。現在は西側の階段しかありません。
基壇は修理の度に外側に拡張されていました。そのため創建当初の基壇が残されています。

 薬師寺は秋篠川に近く創建当初は湿地地帯であったようです。版築によってそうした土地の地盤改良を行い1300年も建物を支えてきたことは凄いことです。基壇の礎石で不同沈下が著しいものがあるのでその原因の解明は今後の課題です。

<基壇全体>
IMG_6772s_20150302223825004.jpg

<基壇版築>
IMG_6912s_20150303090026158.jpg


<水位が結構高い>
IMG_6651s.jpg

<階段説明図>
IMG_7068s.jpg

<西階段>
IMG_6727s.jpg

IMG_6752s.jpg

<基壇周辺説明図>
IMG_6769s.jpg

IMG_7034s.jpg

<薬師寺東塔と西塔>
東塔修理は平成30年完工の予定だそうです。
IMG_7166s_2015030222465283a.jpg

IMG_7160s.jpg

IMG_7149s_201503022246489ec.jpg

IMG_7150s_20150302224650920.jpg

薬師寺東塔の発掘調査現地説明会 その1(礎石と心柱)

2015年2月28日薬師寺東塔(国宝)の発掘調査現地説明会に行ってきました。東塔は薬師寺では唯一奈良時代に建造された建築物です。東塔は三重塔ですが各重に裳階(もこし)と呼ばれる差し掛けの屋根が取り付く構造をしており、大変綺麗な建造物であり、日本では他に例がありません。

<8:00過ぎの南大門前>
IMG_6565s.jpg

IMG_6842s.jpg
IMG_6846s_20150301221002878.jpg

IMG_6850s_201503012210039cb.jpg

<礎石説明のための図>
IMG_6801s.jpg

IMG_6832s.jpg

<西塔>
IMG_7162s.jpg


<礎石>
 東塔の創建時の基壇は版築で造られ一辺13.3m~13.4mの切石積基壇でした。基壇上に37個の礎石を据えその上に柱を建てます。心柱を据える心礎とそれを取り囲む4個の四天柱礎石、12個の側柱礎石は創建時に据え付けられ1300年間動いた形跡はありません。 一番外側を取り囲む20個の裳階柱礎石は明治時代に据え付け直した形跡があるそうです。 裳階柱の礎石は長方形の形に突き出ていますが、これは裳階の壁を構築するための出っ張りのようです。

IMG_6703s_201503012221118ef.jpg

IMG_6772s_2015030122211377a.jpg

IMG_6664s.jpg

<心礎と四天柱礎石>
IMG_6996s_20150301222611255.jpg

IMG_6999s_2015030218215795e.jpg


根継ぎ石
 心柱の根本が空洞になっているのでそれを支えるため根継ぎ石が用いられているとのことでした。
IMG_7093s.jpg

心柱
  心柱は2本の木を継いで構成しています。下部は空洞になっていました。
 IMG_6676s_201503012226088c0.jpg

<心柱2本を継ぐ:左が下側、右が上側>
2本の心柱の写真を示します。ロケットのようでした。
IMG_7063s.jpg






プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR