FC2ブログ

法隆寺夏安居

 2019年5月16日に法隆寺の伝統行事である夏安居(げあんご)(期間:5月16日〜8月15日)が、法隆寺西室(にしむろ)に於いて始まりました。三経院の建物は夏安居をお祝いして、五色の幔幕で荘厳されていました。普段は見られない景色でした。

 本日、午前10:30から西室にてご本尊御開帳され、開白法要が行なわれました。 その後、古谷執事長の『三帰』についての講義が行なわれました。 昨年は法華経義疏の講義の年でしたが、今年は明日から90日間に渡って、勝鬘経・維摩経の講義が行われます。法隆寺夏期大学(7月26日〜29日)は、夏安居の一環として行なわれますので、この期間は講義はありません。

インドでは雨季の期間は托鉢の行ができないので、また小動物や植物の殺生を行わないために、洞窟や寺院にこもって修行に専念する習慣があり、それが中国に伝わり儀式化され、日本にも天武13年(684年)に伝わりました。その頃から「鎮護国家」の行事の一つとして、「十五大寺」で、「仁王般若経」と「最勝王経」を講じています。

さらに、法隆寺における「安居」は聖徳太子によって始められたという伝承があります。聖徳太子は606年(推古14年)に推古天皇の御前で「法華経」や「勝鬘経」の講演を行われ、天皇から「布施料」として「播磨国佐勢之地」を与えられ、それを法隆寺、中宮寺、片岡尼寺に施入しました。 法隆寺施入分の一部を三経(法華経、勝鬘経、維摩経)を講義する費用に充て、毎年講義を行ったとされており、法隆寺では古くから「功徳安居」と称した講義が行われていました。そうした伝統を引き継いだ行事が、法隆寺の夏安居として行なわれています。

--
本坊看板  夏安居と開白法要案内
IMG_9757s_201905170021398f4.jpg

中門前
IMG_9809s_20190517002158c1f.jpg



三経院正面 五色の幔幕
IMG_9761s_20190517002141700.jpg

手摺の木の年輪に注目
IMG_9765s_201905170021424a8.jpg

三経院・西室
IMG_9776s_20190517002145737.jpg

西室入口 勝鬘経・維摩経講讃の看板
IMG_9768s_201905170021431fb.jpg

西円堂下
IMG_9804s.jpg

反対方向
IMG_9789s_20190517002148e66.jpg

峰薬師西円堂 薬師如来は乾漆像
IMG_9791s_20190517002149ca7.jpg

右奥金剛葛城連峰
IMG_9785s.jpg

畝傍山が見えます
IMG_9793s_20190517002151537.jpg

西円堂から五重塔を見おろす
IMG_9796s_20190517002152779.jpg

親鸞上人が滞在されたお堂の跡
IMG_9801s.jpg
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR