FC2ブログ

三輪の町

江戸時代の「大和名所図会」には、大神神社の近くに神宮寺である「大三輪寺」が描かれています。このお寺は大御輪寺とも呼ばれました。大神神社には江戸時代には平等寺、大御輪寺、浄願寺(尼寺)の三つの神宮寺がありましたが、廃仏稀釈によりお寺は廃止されました。

大御輪寺の本堂には、大物主の子孫の大直禰子と十一面観音、地蔵菩薩がお祀りされていました。明治初期の廃仏毀釈のとき、地蔵菩薩は法隆寺に、十一面観音は聖林寺に移し、大直禰子を若宮としてお祀りする若宮社としたため、建物は破壊から免れました。神社でありながらお寺の本堂が神社の本殿として残った訳です。奈良時代の稀少な神宮寺の建物として、現在重要文化財に指定されています。

大和名所図会
左に三重塔が描かれた「大三輪寺 若宮」の境内が描かれています。右は松並木の参道と大三輪社が描かれています。

IMG_8178s_20170419231227232.jpg

現在の若宮社
IMG_8044s_20170419231221798.jpg

本殿
IMG_8054s_20170419231223ba6.jpg

祭神
IMG_8059s_201704192312240c3.jpg

間口5間、奥行5間の建物
IMG_8064s_2017041923144428b.jpg

三輪の町は大神神社の古代においては門前町として、平安時代からはお伊勢参りの街道筋、すなわち上ツ道沿いの宿場町として発展してきました。 大神神社の一の鳥居は上ツ道沿いにあり、現在の大鳥居のすぐそばにありました。

一の鳥居
上ツ道沿いに大神神社の一の鳥居が建っています。大鳥居は昭和61年建立で鋼管でできています。
IMG_8098s_201704192314455a7.jpg

上ツ道沿いの旧家(大正15年築の元酒問屋)。この道を北上すると箸墓古墳の後円部を通り奈良市へ通じている。
IMG_8105s_2017041923144771b.jpg

説明
IMG_8106s_20170419231449d8a.jpg

網越神社(大神神社摂社)
IMG_8111s_2017041923145108d.jpg

三輪の街中の道標:右 はせ、いせ、とふのみね/よしの、おおみね山
IMG_8123s.jpg

旧家(明治23年築三輪素麺問屋、「緒環素麺司」は明治天皇天覧を機に掲げられた。
IMG_8129s_2017041923452046e.jpg

IMG_8132s.jpg

恵比寿神社
IMG_8148s_20170419234523fb9.jpg

IMG_8156s.jpg

IMG_8169s_20170419234526dfd.jpg

IMG_8175s_2017041923483268b.jpg

IMG_8158s_20170419234830c7e.jpg


プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR