FC2ブログ

正暦寺

正暦寺(しょうりゃくじ)  奈良市菩提山町157
 菩提山真言宗

定期観光バスツアーで円照寺と正暦寺(しょうりゃくじ)を拝観しました。

正暦寺は円照寺の近く奈良市の南近郊、菩提仙川の源流の山里の中にあり、秋の紅葉が特に有名です。冬の閑散とした正暦寺もまた良いものです。昨秋の台風21号によって倒された川沿いの、大きな、けや木を伐採する作業員の姿を見かけました。

正暦寺では住職から詳しくお寺の由来や仏像について法話を頂き、広い境内を案内して頂きました。その後、冬場は予約客だけに提供されるとても美味しい精進料理を別棟で頂きました。

正暦寺は、平安時代の正暦3年(992年)に一条天皇の勅命を受けて、藤原兼家の息子、兼俊僧正によって創建されました。寺号は年号からとって「正暦寺」と名付けられました。
当初は、堂塔伽藍が86坊も建ち、勅願寺としての偉容を誇りました。現在の全山の石垣に往時を偲ぶことができます。

1180年(治承4)の平重衡による南都焼打ちによる類により一時荒廃しましたが、その後、1218年(建保6)に興福寺別当の信円僧正によって、再興され興福寺の別所として栄えました。

その後、江戸時代中期以降は急速に衰退し、ほとんどの堂塔は失われ、現在は、江戸時代建立の福寿院客殿(1681年建立、国重要文化財)、護摩堂、大正時代再建の本堂、鐘楼などわずかな建物が残っているだけになっていますが、現在住職が再興目指して頑張っておられます。

なお、室町時代には菩提仙川沿いに存在する酵母を利用した清酒造りが行われ、「清酒発祥の地」の石碑が建っています。

--
山門

IMG_5383s.jpg

庭園
IMG_5366s.jpg

庭園
IMG_5371s_201902180039103a8.jpg

孔雀明王(鎌倉時代、木造、県文化財指定)
客殿内部 襖・欄間 狩野永納作の絵
IMG_5378s_20190218003911913.jpg

正暦寺全山86坊絵図(赤色が福寿院)
IMG_5361s_2019021800390565e.jpg

正暦寺略年表
IMG_5362s_201902180039070a8.jpg

本堂への石段の石仏(鎌倉時代 宝篋印塔など)
IMG_5389s.jpg

本堂(薬師堂)
IMG_5390s.jpg

本堂境内俯瞰
IMG_5397s.jpg

--
精進料理
IMG_0762s_201902180039047fa.jpg

--
奈良市南部地図

IMG_5402s_20190218003919ca8.jpg





















プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR