FC2ブログ

上御堂御開扉

 11月1日から3日まで法隆寺上御堂(かみのみどう)が御開扉になり、普段は入れないお堂の中に入り、この期間だけの御朱印を頂く人で、行列ができていました。

上御堂は法隆寺西院伽藍の大講堂裏の、丘の上に建っており、かなり石段を上ってお堂に到達します。この時期には、例年なら咲いている10月桜が、咲いていませんでした。 今年の夏は猛烈に暑かったですが、その異常気象の影響だと思います。

お堂は、高台にあるので、奈良盆地東の山々が一望できます。 畝傍山もはっきりと見えました。ブラタモリではありませんが、法隆寺西院伽藍の境内は北側に向かって傾斜しており、境内の地形図から等高線を見ると、大講堂のある場所は、五重塔のある場所と比べて、高台にあり、法隆寺再建当時、かなりな土木工事を行って、西院伽藍が建てられたことが分ります。その大講堂よりさらに高い場所に、上御堂が建っています。

 上御堂は舎人親王により創建されたという伝承がありますが、明らかではありません。 現在の建物は文保2年(1318年)に再建されたものであり、間口7間×奥行4間で、屋根は一重の入母屋造で、本瓦葺きで、重要文化財に指定されています。建物正面の扉は桟唐戸を釣っています。また、堂内の空間は古式で母屋は折上組天井を支輪が支えています。中央三間に木造の仏壇が置かれています。

国宝・釈迦三尊像(平安時代、桜材、漆箔)
 本尊(国宝)は10世紀中頃を降らない平安時代に造られた木造(櫻)、漆箔の釈迦三尊像で、脇侍は文殊菩薩と普賢菩薩で、宣字座を台座としています。文殊菩薩は巻子と剣を、普賢菩薩は如意を持ちます。中尊と同様に脇侍も宣字座に坐り、二重円光背を背負います。

四天王像(重要文化財)
 堂内の四天王は、鎌倉時代の文和4年(1355)に造られた木造・彩色・切金の像で彩色が色鮮やかに残っています。

源頼朝寄進のだ太鼓
  お堂の正面左横に源頼朝寄進のだ太鼓が置かれています。白い覆いがかけられてますので中は見えません。

救世観音が安置されていた厨子
 お堂右隅にフェノロサと岡倉天心が開扉した夢殿にあった長方形の厨子が置いてあります。現在、夢殿には八角形の厨子に安置された救世観音が安置されており、開扉中です。

五重塔心柱の空洞部(石膏)
五重塔心柱の空洞部(石膏)の形が右端の後部に置かれています。

上御堂 
IMG_7648s_201811051919261bc.jpg

上御堂桟戸
IMG_7663s_2018110519192876f.jpg

桟戸
IMG_7685s_201811051919282c0.jpg

畝傍山が見えました
IMG_7694s_201811051919306be.jpg


IMG_7695s_20181105191931eb8.jpg

大講堂を見おろす
IMG_7705s.jpg


 





 
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR