FC2ブログ

聖地 比叡山で南都北嶺を体感する(その3) 横川地区

比叡山横川地区は西塔地区の北約4キロに位置します。バスで約20分で到着しました。

 横川地区は円仁(794-864)によって、天長年間(824-834)に開基されました。1971年に新築・再建された横川中堂を中心に、元三大師堂(四季講堂)などのお堂が建っています。

四季講堂は延暦寺の中興の祖、元三大師良源の住房で、初めは定心房と呼ばれました。ここでは、四季ごとに法華経の講義が開かれたので、この名でよばれています。

--
横川地区入口
IMG_0028s_2018032922413956b.jpg

案内図
IMG_0029s_20180329224141840.jpg

参拝案内
IMG_0030s_20180329224141187.jpg

比叡山と各宗祖師
IMG_0031s_2018032922414389a.jpg

--
横川中堂
IMG_0050s_20180329224144abc.jpg

横川中堂説明板
IMG_0087s_20180329224158a10.jpg

中堂正面
IMG_0079s_20180329224156c21.jpg

--
元三大師堂山門
IMG_0053s_20180329224147438.jpg

四季講堂
IMG_0061s_20180329224149802.jpg


IMG_0068s_201803292241557fa.jpg

説明板
IMG_0063s_20180329224150b86.jpg

元三大師について
IMG_0051s_20180329224146c8f.jpg

IMG_0064s_20180329224152ea4.jpg

厄除けキャラクタ
IMG_0065s_20180329224153f1b.jpg






聖地 比叡山で南都北嶺を体感する(その2) 西塔地区

 比叡山の西塔(さいとう)は、東塔の北西約1.5キロにあり、バスで約10分ほどで到着します。ここは、平安初期に最澄が創建した山城国宝塔院を開基としています。

 今回は西山先生のご案内で、最初に、最澄の御廟所である浄土院を参拝しました。 浄土院は比叡山中、最も清浄な聖域で、現在でも御廟を守る僧侶(侍眞という)が、12年間山を降りない籠山修行の厳しい戒律に則って、霊前のお勤めをされています。

続いて、常行堂・法華堂(重文、1595年建立)を参拝しました。2つのお堂は高い廊下で結ばれており、「弁慶の担い堂」と呼ばれています。常行三昧とは、円仁が中国五台山から伝えた行法で、念仏を唱えながら90日間堂内を巡回する荒行です。

常行堂・法華堂を結ぶ高い廊下をくぐりぬけると眼下に、石段が下り、その先に転法輪堂(重文、1345年~1350年)、別名釈迦堂が見えてきます。桁行7間、梁間7間の根本中堂と同じような天台様式の建物となっています。

最後に、山を150メートルほど登って、相輪橖(そうりんとう)を拝しました。 高さ10メートル余りの青銅製の九輪の塔で、金色に輝く相輪をのせています。平安初期に最澄が経巻を納めて造立したのが、起こりです。 1895年(明治28)に改修されました。

西塔入口
IMG_9914s_20180328135658a11.jpg


西塔地区案内図
IMG_9985s_20180328135713703.jpg

浄土院説明板
IMG_9921s.jpg

浄土院
IMG_9922s_20180328135704a99.jpg

参拝者入口
IMG_9916s_20180328135659727.jpg

浄土院
IMG_9917s.jpg

浄土院額
IMG_9951s_20180328135708fb7.jpg

扉文様
IMG_9933s.jpg

御廟
IMG_9926s_20180328135705f8e.jpg

参道の石碑(最澄の遺訓)
IMG_9956s_201803281357102bc.jpg

五重照隅塔
IMG_9959s.jpg

--
常行堂・法華堂
IMG_9962s_201803281410574a5.jpg

説明板
IMG_9973s_20180328141106656.jpg

常行堂(左) 高廊下 法華堂
IMG_9968s.jpg

常行堂
IMG_9976s.jpg

入口
IMG_9971s.jpg

法華堂
IMG_9970s.jpg

法華堂入口
IMG_9967s_201803281411004b6.jpg

--
転法輪堂への石段
IMG_9978s_20180328142722327.jpg

説明板
IMG_9987s_20180328142724e53.jpg

IMG_9988s_20180328142725983.jpg


転法輪堂(釈迦堂)(重文、貞和年間)
 元は園城寺の金堂を豊臣秀吉がここに移建した。山内では最古の建築である。
IMG_9992s.jpg

--
相輪橖(そうりんとう)
 平安初期に最澄がここに経巻を納めて相輪橖を造立したのが始まり。 織田信長の焼打ちで焼失。その後再建され明治28年に改修。蘇我馬子が、大野丘に刹柱を建立して、寺院としたが、それと類似した建物であろう。法隆寺の五重塔の心柱の伐採年代が594 年であることは、松浦により刹柱説が唱えられている。

IMG_0024s_20180328144221b0c.jpg

IMG_0022s_20180328144219e33.jpg



聖地比叡山で南都北嶺を体感する(その1) 東塔

奈良交通の西山厚先生同行のツアーで、比叡山の三つのエリア、(1)東塔(とうどう) (2)西塔(さいとう) (3)横川(よかわ)、を巡ってきました。 今回のテーマが「南都北嶺」を体感するとなっていたので、少し興味を引かれました。
ここで、南都とは興福寺のことで、北嶺とは比叡山延暦寺のことを指します。 

日本に仏教が伝来し、飛鳥時代に飛鳥寺が建立され、次いで607年に法隆寺(若草伽藍)が創建されました。 奈良時代になると南都6宗(三論宗、成実宗、法相宗、俱舎宗、華厳宗、律宗)が開かれましたが、その中でも法相宗(興福寺、薬師寺、法隆寺、清水寺)は徳一で最も勢力が大きかったとのことです。

平安時代になると、天台宗(最澄)、と真言宗(空海)が加わり、8宗派になりました。

最澄(767-822)は、780年(13歳)に得度し、785年に受戒しましたが、19歳にして考えがあって、僧侶を辞して、比叡山に登り、山岳修行に入りました。12年間、山岳修業を続けました。 最澄は延暦7年(788)に、比叡山寺を造立し、自作の薬師如来像を安置し、道場としました。堂宇は薬師堂、文殊堂、経堂の3堂があり、これらの中央に本尊を祀る薬師堂があったので、根本中堂と呼ばれるようになりました。 

794年に平安京に遷都した桓武天皇は、比叡山に行幸し、比叡山寺を都の鬼門の鎮護霊場に定めました。 最澄の名が桓武天皇にまで聞こえ、天皇の命に従い、804年に中国に渡り、中国天台山の国清寺で遣唐僧として修行して、翌年の805年に帰国しました。最澄は帰国して、天台法華宗を開宗し、816年に、比叡山山上に近江宝塔院(東塔)と山城宝塔院(西塔)を造立し、それぞれに経巻1000部を納経しました。

824年、最澄入寂の翌年に、嵯峨天皇から比叡山大乗戒壇の設立の、勅許が出て、延暦寺の勅号を賜りました。比叡山全体の寺院を総称して延暦寺と呼びます。

833年に最澄の弟子の円仁が自ら写経したお経を納めるため、横川(よかわ)に宝塔(如法塔)を建立しました。 これが、横川の起こりです。

--
比叡山の3エリアマップ
IMG_9912s_201803262310184d8.jpg

3エリア解説板
IMG_9901s_20180326231014ad7.jpg

比叡山入口
IMG_9845s_2018032623095365d.jpg

国寳殿
IMG_9846s.jpg

文殊堂へ登る石段
IMG_9890s_20180326231009db1.jpg

文殊楼
IMG_9858s_201803262310009dd.jpg

文殊楼表
IMG_9862s_201803262310027fd.jpg

急な階段で上へ登ります
IMG_9889s_2018032623100820a.jpg

文殊楼解説
IMG_9870s_20180326231005fcb.jpg

谷崎潤一郎小説紹介
IMG_9873s_20180326231006a14.jpg

--
根本中堂(修理中)
IMG_9863s.jpg

根本中堂入口(工事中)
IMG_9898s_20180326231012765.jpg

IMG_9896s_20180326231011e4d.jpg


--
大講堂
IMG_9852s_201803262309575f9.jpg

大講堂説明
IMG_9904s.jpg

吉川英治小説紹介
IMG_9907s_201803262310173dc.jpg

--
鐘楼
IMG_9847s.jpg










 
プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR