FC2ブログ

行基菩薩ゆかりの地を訪ねて(3) 狭山池

大阪狭山市大字岩室に所在する狭山池は、「古事記」の垂仁紀や「日本書紀」の崇神条に出てくる、文献上日本最古の溜池の一つです。

河内国西部の丘陵地帯は、大和川や石川の流域から外れた位置にあるため、豊富な水は利用できず、農業用水を確保するために溜池を作る必要がありました。 江戸時代の1704年(宝永元年)に大和川が付け替えられるまでは、大和川は北流していました。 その空白域の農地を狭山池が灌漑していたわけです。

1988年~2002年に狭山池の平成の大修理が行われました。 その時、狭山池築造時代の高野槙をくりぬいて作られた東樋が出土しました。 奈良文化財研究所の光谷氏によって、この木材の伐採年代は616年(推古24年、聖徳太子の時代)と確定しました。現在の狭山池は少なくとも616年以降に開発された溜池であることが分りました。

溜池築造後、洪水により堤防が崩れるなどの被害があり、大きな改修が何回か行われてきました。その中でも、行基による改修が有名です。また、鎌倉時代には東大寺の僧重源が改修し、その際、古墳の石室を利用して樋を作りました。 江戸時代には豊臣秀頼の命を受けた片桐且元が改修(慶長の大改修)を行いました。1988年~2002年に平成の大改修が行われ、狭山池はダムになりました。

2014年に狭山池出土木樋及び重源狭山池改修碑が重要文化財に指定され、2015年(平成27年)に狭山池は国の史跡に指定されました。

大阪府立狭山池博物館(大阪狭山市池尻中2)は2001年に、平成の大修理で見つかった狭山池築造に関する古代から現代にいたる歴史的遺産を後世に伝えるために作られました。堤防をはぎ取った実物大の壁の展示は迫力がありました。飛鳥時代に造られた高野槙の木樋の展示も圧巻でした。再訪して、ゆっくりと再度見学したいと思いました。

--
狭山池
IMG_9123s_20180305180330589.jpg

堤防
IMG_9127s_201803051803324eb.jpg

取水構造
IMG_9107s_20180305181317b2b.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

博物館名
IMG_8978s.jpg

建物
IMG_8979s.jpg

狭山池堤防断面剥ぎ取り
IMG_8981s.jpg

断面
IMG_9016s.jpg

敷葉工法
IMG_9009s_2018030518031138d.jpg



堤体断面構造
IMG_9015s_20180305180314ea1.jpg

拡大(改修の痕跡)
IMG_9014s.jpg

高野槙木樋(616年伐採)
IMG_9032s_201803051803195db.jpg

同上(飛鳥時代伐採)
IMG_9030s_20180305180317197.jpg

木樋(手前から奥へ流路)
IMG_9041s_20180305180320fcf.jpg

同上
IMG_9054s_20180305180324b46.jpg

行基菩薩像(731年 天平の大改修 堤防60cmかさ上げ 敷葉工法)
IMG_9043s_20180305180323780.jpg

行基の改修説明
IMG_9042s_201803051803211aa.jpg

重源像と記念碑
IMG_9062s_20180305180326951.jpg

古墳の石室利用して石樋を作る。
IMG_9078s_20180305180327532.jpg

片桐且元画像(慶長の大改修)
IMG_9086s_20180305180329be7.jpg


--------------------------------------------------------------------------
南河内の灌漑
IMG_9000s.jpg

狭山池土木遺産
IMG_8995s_20180305181311947.jpg

古地図(左:大和川は北流 仲:大和川付け替え跡、右:古墳の濠に水入る)
IMG_9103s.jpg

狭山池の灌漑範囲(大和川まで)
IMG_9096s_2018030518131449c.jpg




















行基菩薩ゆかりの地を訪ねて(1)

2018年2月24日、奈良交通主催の西山厚先生同行バスツアー「行基菩薩ゆかりの地をたずねて(県外編)」に行って来ました。
近鉄奈良駅前から出発し、堺市の家原寺、土塔、狭山池博物館、奈良市の喜光寺を訪ねる印象深く記憶に残るツアーでした。

  行基と言えば近鉄奈良駅広場の噴水のところに立っておられる僧侶で、諸国を行脚して、多くのお寺を建立し、社会的に貧しい人々のために救済事業を行った僧侶として有名です。また、聖武天皇の大仏建立に際し、多くの智識(仏教信者のこと)を動員して、協力したことも、よく知られています。

今回、はじめて訪れた堺市にある家原寺(えばらじ)(高野山真言宗、開山行基、本尊:文殊菩薩)について紹介します。

家原寺は、行基誕生寺として有名な寺です。行基は668年にこの地で生まれ、15歳で出家し、飛鳥寺へ入り、704年に生家を寺にして寺院を建立しました。 

ご本尊の文殊菩薩は「家原の文殊さん」として知られ、合格祈願に大勢の方が訪れていました。願いごとを落書きする代わりに、近年は布に願い事を書き、お堂の廻りにかかげています。ちょうど今は受験のシーズンで、合格祈願に訪れた方が、お堂の廻りを、左まわりで、ぐるぐるまわりながら祈願をしていました。 文殊菩薩の聖地、中国五台山の塔院寺では、右回りに廻っていました。

家原寺(えばらじ)
IMG_8927s_201802271332418cc.jpg

仁王門
IMG_8923s_20180227133239494.jpg

阿形
IMG_8921s_20180227133237000.jpg

吽形
IMG_8920s.jpg

本堂方向
IMG_8914s_201802271332344a8.jpg

中院方向
IMG_8913s.jpg

本堂正面と祈願の布
IMG_8912s.jpg

行基菩薩誕生塚 石碑
IMG_8899s_20180227133228b56.jpg

多宝塔
IMG_8907s.jpg

プロフィール

青龍

Author:青龍
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
萩 (2)
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR